DRONE

ドローンの商用利用の未来はいかに。Drone Analystが調査レポートを発表

ドローンの商用利用の未来はいかに。Drone Analystが調査レポートを発表

無人航空機システム(Unmanned Aircraft Systems、UAS)の商用利用に関する知見を提供している「Drone Analyst」は、2015年6月時点におけるアメリカ国内のドローンの商用利用についての詳細なレポートを発表した。アメリカ連邦航空局(Federal Aviation Administration、FAA)が制定するドローン利用に関する規制が、無人航空機システムの製造者、販売者、サービスプロバイダー、そして投資家に与えるインパクトについて分析している。

「Commercial Drones: Current State of the U.S. Industry(ドローンの商用利用:アメリカ国内市場における現状)」と題されたレポートは近年のドローン周りのイノベーション、ビジネスへの応用、エコシステムや市場予測について記している。

同レポートは大きなポテンシャルを秘めたドローンブームを活用しようとしている人に向けてデザインされている。あらゆる産業の起業家、投資家、転職者、企業幹部にとっても新鮮な市場の統計データ等の情報を提供している。主な内容は以下の通りである。

  • ドローンの商用利用における入門的知識
    よく使われる用語や、航空機として/IoT(Internet Of Things)デバイスとしてのドローンの性質等を挙げている。

  • ドローンの商用利用を支えるビジネスのエコシステムの概要
    法律周りのサービス、保険、飛行準備確認審査のアプリケーション等を提供する有力な会社やファームを挙げている。

  • FAAによるドローンの商用利用に関する規制についての詳細な議論
    他にも各州や地域における課題の複雑化や法律に関する懸念、またFAAによる規制のインパクトについても論じられている。有利なマーケットや、各マーケットにおける成功の要因について報告している。

  • ドローンの商用利用に関する統計情報
    ドローン利用に関する国別比較、アメリカ国内の商用利用における製造元のシェア、将来有望な市場セグメント等について報告している。

  • レポートの最終章では今後の展望についても記されている。ここでは無人航空機システムの利用における諸問題に対するイノベーションを計画または実行しているアメリカ国内の企業を取り上げている。

    既にドローンビジネスに関わっている方も、これから関わろうとしている方も、こちらから一読されてみてはいかがだろうか。

    Return Top