ROBOMASTER2018に、「FUKUOKA NIWAKA」が日本初参加チームとして出場

2018-07-23 掲載

ニワカソフト株式会社が率いる「FUKUOKA NIWAKA」は、中国・深圳でDJIが主催するロボコン「ROBOMASTER2018」に、日本初参加チームとして出場する。

“ROBOMASTER(ロボマスター)”とは

DJIが立ち上げ主催する、若手エンジニアを対象とした国際科学技術の競技大会。世界中から約200校の大学が参加し、参加者数は7,000人以上。5月に中国内3つの地区予選(南部/佛山、中部/南京、北部/北京)を実施。7月本戦前に国際チーム予選、敗者復活戦を行い、それらを勝ち抜いてきた32組のチームが、決勝会場で激突。2018年大会の国際チーム予選には、日本、米国、カナダ、シンガポール、香港、マカオから12チームが参加する。

学生たちは、画像認識、自動運転、ディープラーニング、ネットワーク通信、ドローン、ARなどの要素技術を使って、ロボットを開発・設計・製作し、技術力を競い合う。

優勝チームには、賞金として500,000人民元(約850万円)が授与される。

競技ルール

競技は、赤と青に色分けされた基地エリアから、一斉にロボットが出撃。搭載したカメラから転送される画像を見ながらロボットを操縦。直径17mmまたは42mmのプラスチック弾を撃ち合い、相手の体力(HP)を減らしていく。

基地ロボットが戦闘不能になると、試合は終了。各ラウンドの試合時間は7分。時間終了時点で両チームの基地ロボットに体力(HP)が残っている場合、基地ロボットの体力(HP)の多いほうが勝利となる。製作するロボットは6種類あり、制御も全自動・半自動など、役割に応じた設計と戦略で作り上げていく。

“FUKUOKA NIWAKA”チームについて

最近日本のロボットは、あまりおもしろくありませんね

代表の古賀が中国出張の際に言われた一言に奮起し、ROBOMASTERへの挑戦を決意。福岡を拠点に活動していた2足歩行ロボット愛好家や、個人でモノづくりをしていた人を中心に活動を呼びかけ招集。日本で唯一のROBOMASTERに参加するチームだ。

ニワカソフト株式会社がスポンサーとなり、材料調達や活動資金、工房などの作業場所や練習フィールドを提供。学生たちが製作に専念できる環境づくりをサポート。

現在では、優勝を目指して福岡や北九州の大学/高専の学生、ロボコンOBや社会人の約40名が集まり、ロボットの開発・設計・製作を行っているという。活動拠点は、博多駅近くの地下にある秘密基地「ニワカラボ」。

FUKUOKA NIWAKAチーム応援WebページにてLIVE配信

  • 期間:2018年7月21日(土)~29日(日)
  • 会場:中国/深圳 深圳湾体育中心(Shenzhen Bay Sports Center)
FUKUOKA NIWAKA

関連する記事

ドローンで溺者を救え!ライフセーバーとドローンの連携プロジェクトがスタート

ドローンとライフセーバーが連携して海水浴場の監視や水難救助を実施するプロジェクトが7月18日に片瀬西浜・鵠沼海水浴場(神奈川県藤沢市)でスタートした。8月末までの土日祝日にドローン... 続きを読む

DJI、ドローンデータを分析するDJI Terraの永久ライセンス発表

DJIは、2019年3月に発表したサブスクリプション形式のソフトウェア「DJI Terra」(ドローンデータをデジタル3Dモデルやマップに変換し、分析や意思決定に役立つ)を、202... 続きを読む

DJI、産業用ドローン定期点検サービス提供開始

DJI JAPAN 株式会社は、建設や設備点検、災害対応などの業務でドローンを使用するDJIユーザーの作業効率を確保し、安心・安全なドローン運用を支援する「DJI 定期点検サービス... 続きを読む

Shell、DJIと提携。Matrice 300 RTKでスマートかつ安全に保守作業を行う

石油・ガス産業では、安全は最優先事項である。広大な石油プラントやタンクファーム検査など安全対策は最も重要であり、危険から作業員を守るために必要なものである。 石油産業大手のS... 続きを読む

DJI、ドローンが救った命がわかる「DJI Drone Rescue Map」公開

これまでにドローンで救助された400人以上の人々がいるという。DJIは、ドローンが誰かを危険から救い出した時の世界各地の出来事を追跡するためのオンラインリファレンス「DJI Dro... 続きを読む