DRONE

英国の無人機メーカーが自律性飛行に大きな進歩。新たなる飛行記録を樹立

英国の無人機メーカーが自律性飛行に大きな進歩。新たなる飛行記録を樹立

無人機の市場がこれから巨大になっていくことは言うまでもないだろう。配達、地図作成、監視、または他の無数のアプリケーションなどにより、無人航空機(UAV)は私たちの生活に変革をもたらす可能性を持っている。しかし、実現には無人機に関する規制を外す必要がある。そして、無人機が信頼のおけるものであることを証明する必要がある。

最近、世界中でドローンに関する規制が緩和されている。最近、米国政府は技術系大手企業10社に対し、特定の規制を緩和する新しい無人機実験プログラムを導入した。英国政府は、国内最大の無人機データプロバイダであるSenSat社に対し、現在の商用無人機操作における主な規制要因である複雑な空域内での操縦者の可視範囲を越えた飛行を許可する旨を発表した。これを受けて、SenSat社は今回固定翼の無人機を操縦者の可視範囲を越えて12キロメートル飛行させ、国内の既存飛行記録の10倍にあたる新記録を樹立した。

非常に遠隔な沖合で行われた他の飛行もあるが、世界でもっとも複雑で混雑した空域の一つでこのような野心ある試みを行ったことは無人飛行操作にとって大きな前進だ。

SenSat社の創設者であるジェームズ・ディーン氏は以下のように語った。

最大の課題は、技術的なものではなく規制でした。多くの技術が生の形式で存在するため、かなり緩やかに変化していく規制枠組みに適応でき、その動きはさらに加速してい木舌。これにより、英国政府がドローンの規制に焦点を当てていることが強調された事がとても重要なことです。

この飛行では、英国民間航空局が一時的な危険空域を設定し、記録が行われた40分間に他の無人航空機が空域に入らないようにした。

ディーン氏によると、この飛行における主な技術課題として、通信リンクの混乱の調整とバッテリーの持ちが含まれていた。無人機が3Gネットワークにリンクされているため、飛行中の通信は99.8%の稼働率を維持できた。携帯電話と同じ接続であるため、携帯電話が通じる場所であれば強力な接続性を確保できる。そしてこの無人機は、バッテリーを使用して最大120分の飛行することが可能であり、つまり記録を行った際の飛行では最大飛行時間のわずか3分の1しか消費しなかったということだ。

現在の無人機開発は、依然として自律ロボットを監視する場合のような規制が必要とされている影響で、成長が阻害されている。自律型ロボットの有用な点は、機械の自動化を進め、手作業を減らすことだ。これにより、私たちは従来の30倍以上の作業をこなせるようになる。

Return Top