DRONE

国際航業とエアロネクスト、新型ドローン「Next INDUSTRY™」を活用した次世代の橋梁点検手法の実証実験を実施

国際航業とエアロネクスト、新型ドローン「Next INDUSTRY™」を活用した次世代の橋梁点検手法の実証実験を実施
群馬県内での実証実験の様子

国際航業株式会社(以下:国際航業)と、株式会社エアロネクスト(以下:エアロネクスト )は、エアロネクストの新型ドローン「Next INDUSTRY™」を活用した次世代の橋梁点検手法の実証実験を実施した。

同実証実験では、エアロネクストが持つ独自重心制御技術4D Gravity™を搭載したドローン「Next INDUSTRY™」により、機体とカメラやセンサーなどの搭載物の物理的な距離を確保し、従来のドローンでは難しかった対象物への接近や狭い空間への侵入、橋梁現場での安定飛行を実現したという。今後は、搭載物の重量が機体の飛行に影響を与えない4D Gravity™の利点を最大限に活かして、橋梁点検専用Next INDUSTRY™には24時間飛行を実現する地上給電システムを採用する予定。

国際航業とエアロネクストは、橋梁点検専用Next INDUSTRY™の実用化に向けて、非GPS環境下で自律飛行が可能な制御プログラムを搭載した実用機体を開発し、点検業務の効率化とコスト削減を両立するドローンの本格的な活用を目指すという。

なお、同実証実験で撮影した映像は9月3~6日に京都で開催される「Industry Co-Creation™(ICC) サミット KYOTO 2018」のカタパルト・パークにて展示予定。

Return Top