「5Gドローン」活用した山岳登山者見守り実証実験実施~上空からの4K映像伝送による遭難者の状況把握で救助負担軽減に寄与~

2019-10-18 掲載
実験に使用されたPRODRONE製ドローン

国立大学法人信州大学(以下:信州大学)、長野県駒ヶ根市、KDDI株式会社(以下:KDDI)、株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)、中央アルプス観光株式会社(以下:中央アルプス観光)は、2019年10月16日に、駒ヶ岳ロープウェイの千畳敷駅周辺にて、第5世代移動通信システム「5G」を活用し、PRODRONE提供のドローン機体による山岳登山者見守りの実証実験を実施した。

なお、同取り組みは、総務省の5G総合実証試験の一環として実施した。

実験イメージ

信州大学では山岳遭難者の増加と、救助隊員の負担の増加が問題になっていることを受け、登山者の位置情報を把握し見守る「山岳登山者見守りシステム」の開発を手掛けている。

同実験では、山岳登山者見守りシステムによって登山者の遭難可能性が検出された場面を想定し、その位置に5Gタブレット、4Kカメラ、拡声器を搭載したドローンが自律飛行により飛来し、現場の確認、登山者の状況を把握する。

発見時に5Gの高速大容量を活かした4Kカメラの映像と、拡声器での呼びかけにより現場の状況の正確な把握や遭難者の身体状況を山岳救助本部で判断し、救助の要否確認などを行うデモンストレーションを実施した。

同実験の模様

同実験は、駒ヶ根岳ロープウェイ千畳敷駅周辺において以下の手順で実施された。

  1. 遭難の可能性がある場所に5Gタブレット、4Kカメラ、拡声器を搭載したドローンが自律飛行で捜索
  2. ドローン搭載の4Kカメラから遭難者を撮影し、5Gを通じて山岳救助消防本部の4Kモニターにリアルタイム伝送。加えて、5Gを通じた音声伝送を活用し、本部からの拡声器での呼びかけによる遭難者の状況を確認
  3. 同時に、ドローンからの4K映像を、5Gタブレットを所持した現場の救助隊員にリアルタイム伝送

各者は、今後、同実験を通じて得られた結果と信州大学が持つ知見を組み合わせ、山岳登山者の見守りと救助支援の高度化を検討していくとしている。

令和元年度5G総合実証試験

関連する記事

KDDI、ドローン目視外飛行をユーザー運用可能な「KDDIスマートドローン お客さま運用メニュー」開始

お客さま運用イメージ KDDIは、モバイル通信ネットワークに対応したスマートドローンの無人地帯における目視外飛行をユーザー自身で運用可能とする「KDDIスマートドローン お客... 続きを読む

KDDI、JAL、JRほか、ドローンによる医薬品配送や駅周辺フードデリバリーサービス実証実験実施

KDDI株式会社、日本航空株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社ウェザーニューズ、テラドローン株式会社は、東京都(委託先:株式会社三菱総合研究所)の公募に対して、「東京都におけ... 続きを読む

PRODRONE、長距離物流や沿岸警備向けシングルロータードローン「PDH-GS120」発表

株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、長距離物流や沿岸警備で活躍しているシングルローター型ドローン「PDH-GS120」を発表した。長距離長時間飛行のニーズに応えるため... 続きを読む

PRODRONE、機体を効果的に運用可能なグラウンド・コントロール・ステーション「PD-GCS」を発表

株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、機体を効果的に運用することが可能となるPRODRONEオリジナルのグラウンド・コントロール・ステーション「PD-GCS」を発表した... 続きを読む

PRODRONE、点検/監視/警備業務対応インテリジェントドローン「PD4-XA1」発表

PD4-XA1 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、この度あらゆる点検/監視/警備業務に対応するインテリジェント4枚機「PD4-XA1」を発表した。鉄塔や橋梁な... 続きを読む