「5Gドローン」活用した山岳登山者見守り実証実験実施~上空からの4K映像伝送による遭難者の状況把握で救助負担軽減に寄与~

2019-10-18 掲載
実験に使用されたPRODRONE製ドローン

国立大学法人信州大学(以下:信州大学)、長野県駒ヶ根市、KDDI株式会社(以下:KDDI)、株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)、中央アルプス観光株式会社(以下:中央アルプス観光)は、2019年10月16日に、駒ヶ岳ロープウェイの千畳敷駅周辺にて、第5世代移動通信システム「5G」を活用し、PRODRONE提供のドローン機体による山岳登山者見守りの実証実験を実施した。

なお、同取り組みは、総務省の5G総合実証試験の一環として実施した。

実験イメージ

信州大学では山岳遭難者の増加と、救助隊員の負担の増加が問題になっていることを受け、登山者の位置情報を把握し見守る「山岳登山者見守りシステム」の開発を手掛けている。

同実験では、山岳登山者見守りシステムによって登山者の遭難可能性が検出された場面を想定し、その位置に5Gタブレット、4Kカメラ、拡声器を搭載したドローンが自律飛行により飛来し、現場の確認、登山者の状況を把握する。

発見時に5Gの高速大容量を活かした4Kカメラの映像と、拡声器での呼びかけにより現場の状況の正確な把握や遭難者の身体状況を山岳救助本部で判断し、救助の要否確認などを行うデモンストレーションを実施した。

同実験の模様

同実験は、駒ヶ根岳ロープウェイ千畳敷駅周辺において以下の手順で実施された。

  1. 遭難の可能性がある場所に5Gタブレット、4Kカメラ、拡声器を搭載したドローンが自律飛行で捜索
  2. ドローン搭載の4Kカメラから遭難者を撮影し、5Gを通じて山岳救助消防本部の4Kモニターにリアルタイム伝送。加えて、5Gを通じた音声伝送を活用し、本部からの拡声器での呼びかけによる遭難者の状況を確認
  3. 同時に、ドローンからの4K映像を、5Gタブレットを所持した現場の救助隊員にリアルタイム伝送

各者は、今後、同実験を通じて得られた結果と信州大学が持つ知見を組み合わせ、山岳登山者の見守りと救助支援の高度化を検討していくとしている。

令和元年度5G総合実証試験

関連する記事

PRODRONE、災害時などにドローンでの情報収集に関する覚書を締結

左より、株式会社プロドローン 河野雅一代表取締役社長、天白警察署 後藤里志署長 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)と愛知県名古屋市天白警察署は、災害発生時に被... 続きを読む

国際航業、KDDIと合同でドローンの「レベル3飛行」による森林資源調査を実施

日本アジアグループ株式会社傘下の国際航業株式会社は、KDDI株式会社と合同で、兵庫県と神戸市が連携して進めている「ドローン先行的利活用事業」において、地方自治体として全国初の「レベ... 続きを読む

NTTドコモ、「DOCOMO Open House 2020」でドローン関連のサービスをチェック

NTTドコモの最新技術を一同に見られる注目の展示会 NTTドコモは、2020年春に商用サービスを開始する5GやAI、IoTなどの最新技術を活用したさまざまなサービス・ソリュー... 続きを読む

「Freeride World Tour Hakuba Japan 2020」でスマホ位置情報やドローンで選手の滑走データを表示した映像を配信

一般社団法人白馬村観光局(以下:白馬村観光局)、KDDI株式会社(以下:KDDI)、京セラ株式会社(以下:京セラ)、Red Dot Drone PTE.LTD.(以下:RDD)は、... 続きを読む

ソフトバンク、モバイルネットワークで遠隔地から手動で操縦可能な「ケータイドローン飛行制御システム」を開発

ソフトバンク株式会社(以下:ソフトバンク)は、災害時における救助・救援活動などでの活用を目指し、モバイルネットワークを利用して遠隔地から操縦機によるドローンの手動操縦を可能にする「... 続きを読む