DRONE

Pix4D、デジタルフォトグラメトリ―(SfM)ソフトウェアPix4Dmaticをリリース

Pix4D、デジタルフォトグラメトリ―(SfM)ソフトウェアPix4Dmaticをリリース

Pix4Dは、正確で高速な大規模マッピングとコリドーマッピングのためのデジタルフォトグラメトリ―(SfM)ソフトウェアPix4Dmaticの商用リリースを発表した。Pix4Dmaticは現在WindowsおよびmacOSに対応しており、Pix4D.com正規代理店、またはPix4D営業チームへ問い合わせすることで購入が可能。

Pix4Dmaticは、世界中のプロフェッショナルが大きな領域をマッピングし始めたことで進化した需要に合わせて作成された。これまでは航空機の活用が必要とされたプロジェクトも、今ではドローンで測量されている。Pix4Dmaticは、このような大領域のプロジェクトも可能とし、より簡単にするという。

法律に準じたドローンの目視外飛行(BVLOS)は、ドローンマッピングの新天地とよく考えられる。Pix4Dmaticは、複数のフライトからの大規模なデータセットにも対応し、結果の精度を犠牲にすることなく10,000枚以上の画像も簡単に処理をすることができる。

フォトグラメトリ―(SfM)は、測量従事者のツールキットに欠かせないものとなり、新しいドローンマッピングの事業に影響を与えてきた。Pix4Dmaticは、処理を高速化し作業をより直感的にする。Pix4Dの創立者でCEOであるChristoph Strecha氏は次のようにコメントしている。

Pix4Dmaticは、測量やマッピングのプロフェッショナル全員が高品質で信頼性の高い結果を得る機会をつくることで、大規模な測量やコリドーマッピングが実行される方法に革命を起こします。

Return Top