DRONE

双葉電子工業とクオリティソフト、ドローン運用管理システム開発。「航空保安対策の確実な実施」実現に貢献

双葉電子工業とクオリティソフト、ドローン運用管理システム開発。「航空保安対策の確実な実施」実現に貢献

(左上)産業用ドローン「FMC-01」(右上)産業用ドローン「FMC-02」
(左下)アナウンサードローン「QAF-02」

双葉電子工業株式会社とクオリティソフト株式会社は、セキュアな環境でドローンを運用することができる、クラウドサービスによるドローン運用管理システムを開発した。

同仕組みにより、操縦者とドローン機体の両方が認証されて初めて飛行が可能となり、操縦者の操作記録と飛行ログも紐付けて管理することができるため、国が目指す「航空保安対策の確実な実施」の実現に向けた基盤構築に貢献するという。

※クオリティソフト株式会社は「ISO/IEC 27001」認証を取得済み。また、クオリティソフト株式会社が提供する既存クラウドサービスは「ISO/IEC 27017」認証を取得しており、ドローン運用管理システムにおいてもこのノウハウを活用したシステム構築を進めている

■特長

1.クラウドサービスによる認証

飛行させる機体と操縦するオペレーターを紐付けておき、飛行する現場でインターネットに接続後認証することで機体が飛行可能な状態に切り替わる。また、飛行許可証の有無や内容も紐付けて管理ができるため、飛行禁止エリアにおける許可証無しでの飛行も制限することが可能。

飛行に認証が必要となるため、機体が盗難にあっても認証されない限り飛行ができず、万が一認証情報が漏洩したとしても、クラウドサービス上で対象機体の認証を拒絶設定にすることで不正利用を防ぐことが可能となる。

2.飛行ログおよび操作ログの管理

認証後に飛行させることで、「誰が」「いつ」「どこで」「どのように飛行させた」といった情報を飛行ログとして管理することができる。これにより、以下のような安全対策に繋がることが期待される。

  • 日常のドローン運用が安全に実施されているかの確認
  • 万が一、トラブル(事故や不正運用)が発生した際の原因追跡

このように記録を残しておくことで、自社のドローンが安全に管理され運用できていることの証明にも活用できる。また、管理用WEBコンソールでの操作をログに残しておくことで、ドローン運用のセキュリティを向上させる。

■プラットホーム機体(カスタマイズしてシステム対応)

1.産業用ドローン

双葉電子工業
左から「FMC-01」、「FMC-02」ヘキサタイプ、「FMC-02」クワッドタイプ

2.アナウンサードローン

双葉電子工業
「QAF-02」
Return Top