DRONE

ブルーイノベーション、ELIOS 2専用解析ソフト「Inspector 3.0」国内リリース開始

ブルーイノベーション、ELIOS 2専用解析ソフト「Inspector 3.0」国内リリース開始

ELIOS 2による点検風景

ブルーイノベーション株式会社は、プラントや工場など屋内点検向け球体ドローン「ELIOS 2」の飛行経路を3D点群マップで可視化し、撮影した欠陥・異常箇所の位置が特定できるELIOS 2専用解析ソフト「Inspector 3.0」(スイスFlyability社製)の国内リリースを2021年6月7日より開始した。

Inspector 3.0は、ELIOS 2の機能を拡張し、改善要望に応える専用解析ソフト。両者を組み合わせることでELIOS 2の飛行経路を3D点群マップで可視化し、撮影した欠陥・異常箇所の位置を特定できるようになる。

また、点検データのアーカイブ機能やレポート機能も有しており、データの一元管理や他のソフトと組み合わせての解析なども可能。これらにより、作業員が立ち入る負担や位置推測の不確実性を排するとともに、点検作業後に速やかに補修作業に着手できるようになる。

Inspector 3.0
ELIOS 2専用解析ソフト「Inspector 3.0」点検飛行中の撮影映像

ブルーイノベーションは、Inspector 3.0を含めたELIOS 2による点検ソリューションを積極的に提案し、工場やプラント施設・設備の点検から補修までのプロセス効率化、安全で柔軟な点検運用の構築、さらにはDX化や業務改善に貢献するとしている。

Blue innovation_ELIOS 2
ELIOS 2外観

なお、6月14日から幕張メッセで開催される「Japan Drone 2021」のブルーイノベーションブースにおいて、ELIOS 2とInspector 3.0のデモンストレーション飛行を実施予定。

■Inspector 3.0概要

主な機能

  • ELIOS 2の撮影データとログデータに基づく3D点群マップ作成と飛行経路の表示
  • 撮影した欠損箇所の映像や画像を3D点群マップ内の該当箇所に表示
  • 取得した可視および赤外線カメラ映像の確認
  • クラックの長さや腐食の大きさなどの2D計測機能
  • 取得した画像の歪み補正機能 など

サポート

  • 日本語マニュアル提供
  • インストールサポート
  • 問合せ対応(メール)
  • バージョンアップサポート など
Return Top