DRONE

住友重機械建機クレーン、ドローン自動飛行独自アプリ開発により移動式クレーン稼働姿勢での画像点検実現

住友重機械建機クレーン、ドローン自動飛行独自アプリ開発により移動式クレーン稼働姿勢での画像点検実現

飛行中画像(ハイライトがドローン)

住友重機械建機クレーン株式会社は、移動式クレーンのブームアタッチメントを稼働姿勢の状態でドローンが自動飛行し、自動的に画像を撮影できる独自アプリ「C-SAI」を開発した。

住友重機械建機クレーン
(左)飛行中画像(ハイライトがドローン)(右)撮影画像(対象部材から約2mの位置で飛行)

一般的なドローンの自動飛行アプリは、円柱など簡単な形状で位置や形状が変わらないものへの適用だが、C-SAIは複雑な形状を持つ移動式クレーンの稼働姿勢が各現場でまちまちの状態で、その周囲を一定の距離を保って自動飛行することを実現した。C-SAIにより撮影された画像で、クレーン点検(事前準備を含む)の所要時間の削減と共に、ブームアタッチメント全体の経年変化データ管理が可能になる。

住友重機械建機クレーン
(左)撮影画像 拡大(対象部材の塗装剥がれ)(右)撮影画像を拡大(対象部材の状況)

■開発の背景

移動式クレーン定期自主検査項目のブームアタッチメント点検を作業現場で行う際には、「ブームアタッチメントを地上に預ける場所の確保」や「ブームアタッチメントの起伏作業に伴う作業員の追加手配」が必要なため、準備から点検完了まで長い時間と費用を要し、またその間の移動式クレーンは作業ができず工事が中断する。

加えて、広範囲な箇所の点検を行う技術者の高齢化や不足、高所作業の危険性、検査レベルの平準化と結果の可視化管理などが、課題となっていた。

■C-SAIの特徴

  1. 常に場所を移動し稼働姿勢が変化する、また一機ずつ仕様が異なる移動式クレーンに対して、ドローンの自動飛行ルートを、簡単な入力作業のみで設定でき、アプリ内の地図に表示できる
  2. 対象機の位置登録確認や飛行ルートを即座にアプリ内の地図上に表示することで、飛行前に入力ミスや敷地外飛行を防止できる。また飛行中に、飛行階層、撮影ポイント、撮影画像を同時に確認できる飛行表示画面により、制御異常が即座に把握できる
  3. 自動撮影は静止画、動画を選択できる他、途中から手動操作への切り替えも可能
  4. 自動飛行により対象機の部材から距離約2mの近接撮影を可能とし、点検可能な詳細画像を取得できる
  5. 建設現場に多い敷き鉄板の上(磁場が強い環境)でも、安定的かつ正確なルートで自動飛行ができる
  6. ドローン飛行中のバッテリー減少量を自動的に確認し、交換が必要になったら離着陸ポイントへ自動的に戻る。作業者はバッテリーを交換した後に再スタートを押すだけで、ドローンが元の撮影ポイントに自働飛行で戻り、自動撮影を再開できる

上記により、基本的なドローン操縦が出来れば、正確かつ安全な移動式クレーンブームアタッチメントの画像による点検確認が可能となり、点検に要する時間も大幅に削減できるとしている。

Return Top