DRONE

Samad Aerospace社がeVTOL「Starling Cargo」を発表

Samad Aerospace社がeVTOL「Starling Cargo」を発表

Starling Cargoは、遠隔操作による自動操縦機能を備えており、巡航速度は時速150キロ以上、飛行高度は約1,000メートルを目標としている。航続距離は最大1215kmで、最大50kgまでのペイロードで輸送を実現できる。

今回の発表では、The Starling Cargoと併せて、都市間旅客輸送用に開発されているハイブリッド電気航空機「eStarling」のハーフスケールの試作機2号機ホバリング試験のことも伝えられた。

イギリスを拠点とするグリーンテクノロジー企業であるSamadは、eStarlingおよびStarling Cargoプロジェクトを推進することについて、CEOであるSeyed Mohseni博士は以下のようにコメントしている。

人と物が世界中を飛び回る方法に革命を起こします。当社の完全電動VTOL Starling Cargo機は、航空貨物の排出量とカーボンフットプリントを削減し、輸送の未来を変えるでしょう。

Samad社によると、「Starling Cargo」は、石油・ガス産業、宝石採掘、医療ロジスティックスなど、価値の高い貨物の輸送を必要とするさまざまな業界から関心を寄せられている。また、緊急時対応として、遠隔地やインフラが破壊された地域に、食料や医薬品、機材などの重要な人道的支援の貨物を届けることも可能だ。 Samad社は現在、Starling Cargoの予約を受け付けており、2022年第4四半期の納入を予定している。

Return Top