DRONE

eVTOL

Tagged
Wingcopter、3個同時配達可能な「Wingcopter 198」先行オーダー開始。空物流の扉を開く

Wingcopter、3個同時配達可能な「Wingcopter 198」先行オーダー開始。空物流の扉を開く

ANAとも協業しているドイツのWingcopterは、1回の飛行で最大3つの荷物配達可能なドローン「Wingcopter 198」を発表した。これにより、空中物流やラストマイル・デリバリーの分野が大きく前進すると言えるだろう。 Wingcopter 198は、航空安全と信頼性の要件を満たすようにゼロから設計されたeVT...
Skyports

兼松、Skyports、空飛ぶクルマ・ドローン物流事業開発に向けた提携

Vertiportイメージ図 兼松株式会社と空飛ぶクルマ向けVertiportを開発している英Skyports社は、2021年4月に業務提携を拡大する覚書を締結した。 同提携の目的は、兼松とSkyports社が日本における空飛ぶクルマの導入実現に向け、旅客、物流双方の観点から、恒久的かつ持続可能な空飛ぶクルマの運航が可...
Arch UAM Global Challenge〜UAMフライトシミュレータのホスト3都市をコンテストで採択

Arch UAM Global Challenge〜UAMフライトシミュレータのホスト3都市をコンテストで採択

スロベニアの2つの企業が、都市計画者や住民が新しいVTOL機の計画を立てたり、慣れ親しんだりすることに役立つ都市型エアモビリティ・フライトシミュレーターの配備を競うために、世界中の都市を誘致している。 AV Living LabとNervtechによって運営される「Arch UAM Global Challenge」は...
Volocopter、シンガポールでエアタクシーサービス開始のコミットメント発表

Volocopter、シンガポールでエアタクシーサービス開始のコミットメント発表

Volocopterは、シンガポールとの2年間の協力後、シンガポールでエアタクシーサービスを開始するというコミットメントを発表した。 Volocopterは、シンガポール経済開発庁(EDB)およびシンガポール民間航空庁(CAAS)と協力して、今後3年以内にシンガポールでエアタクシーサービスを実現するという。これにより、...
大阪府吉村知事、「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立宣言!SkyDrive参画へ

大阪府吉村知事、「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立宣言!SkyDrive参画へ

「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立式の様子 パネルを持つ3名 左から、慶應義塾大学大学院教授 中野冠氏、大阪府知事 吉村洋文氏、SkyDrive代表取締役CEO 福澤知浩氏 大阪府・吉村知事は、2020年11月17日、「空飛ぶクルマ」の実用化に向けて設立された「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」の...
GA-ASI、遠隔操縦無人機シーガーディアン飛行実証を日本で開始

GA-ASI、遠隔操縦無人機シーガーディアン飛行実証を日本で開始

米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(以下:GA-ASI)は、アジア航測株式会社と協業し、青森県八戸市でGA-ASI製の遠隔操縦無人機MQ-9B「SeaGuardian」(以下:シーガーディアン)を用いた海上保安庁向けの飛行実証を開始した。 同実証では、海上での救助や取締りなどを含む海上保安業務に...
EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

AAV技術プラットフォーム企業であるEHangが、医療救急用のAAV開発を目指す国際プロジェクト「Ambular」への参加を決定した。このプロジェクトは、ICAO(国際民間航空機関)の支援を受けており、世界の航空界にeVTOL(電動垂直離着陸機)の可能性を引き出すことを目指している。 Ambularプロジェクトは、20...
Embraer、eVTOL専用シミュレータで初飛行。今後の開発や運用に使用

Embraer、eVTOL専用シミュレータで初飛行。今後の開発や運用に使用

Embraerはブラジル最大、世界第3位の航空機製造会社でもある。その航空機メーカーのeVTOL部門であるEmbraerXは、ブラジルのサンホセ・ドス・カンポスで、eVTOLシミュレータの初「飛行」を完了した。 このシミュレータは、eVTOLプロトタイプの飛行テストに使用され、現実的な飛行条件と飛行制御パラメータ、認証...
あいおいニッセイ同和損保、Joby Aviationへ出資。空飛ぶタクシーにいち早く取り組む姿勢

あいおいニッセイ同和損保、Joby Aviationへ出資。空飛ぶタクシーにいち早く取り組む姿勢

JobyのeVTOL MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下:あいおいニッセイ同和損保)は、eVTOL(空飛ぶクルマ)の開発・実用化を進めるJoby Aviation(以下:Joby)へ出資した。 あいおいニッセイ同和損保は「特色ある個性豊かな会社」を目指しており、「CASE・M...
英国王立航空協会がeVTOLデザインコンテスト開催

英国王立航空協会がeVTOLデザインコンテスト開催

英国王立航空協会は、一般航空分野における大規模なイノベーションを促進することを目的とした第4回デザインコンペの応募受け付け中、今回は特にeVTOLに焦点を当てているのが特徴だ。 英国王立航空協会の最新の一般航空デザインコンペでは、救急搬送用のeVTOLデザインを募集している。軽飛行機協会との提携により実施されるこのコン...
GA-ASI、NASAと共同で遠隔操縦無人機デモフライトを南カリフォルニアで実施

GA-ASI、NASAと共同で遠隔操縦無人機デモフライトを南カリフォルニアで実施

米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(以下:GA-ASI)は、NASA(米国航空宇宙局)と共同で遠隔操縦無人機SkyGuardianのデモフライトを、4月上旬に南カリフォルニア実施した。GA-ASIとNASAは全米航空システム(NAS)上で大型無人航空機の飛行における安全性を実証する取り組み共同で...
F1レースの未来は、空飛ぶF1レースなのか?Airspeederが描く未来のレース

F1レースの未来は、空飛ぶF1レースなのか?Airspeederが描く未来のレース

次世代F1レースに変わり、電気自動車レースのフォーミュラEシリーズが構想されたのは2011年。それから10年近くが経ち、自動車は、EV車の量産化への道を歩もうとしている。eVTOL初のモータースポーツプログラムであるAirspeederは、3月に7桁の資金調達したことを発表した。創設者たちは、この潮流を加速させることが...
SkyDrive、元三菱航空機副社長・岸信夫氏がCTOに就任、日本初の有人飛行試験における技術検証完了

SkyDrive、元三菱航空機副社長・岸信夫氏がCTOに就任、日本初の有人飛行試験における技術検証完了

有人飛行試験の様子  株式会社SkyDriveは、三菱航空機株式会社でチーフエンジニア、副社長と要職を歴任した岸信夫氏が、4月1日付で同社のCTO(最高技術責任者)に就任したこと、ならびに、日本初の「空飛ぶクルマ」の有人飛行試験における技術検証第一弾が安全に完了したことを発表した。 左から事業責任者 宮内氏、代表取締役...
Return Top