DRONE

eVTOL

Tagged
英国民間航空局がeVTOL安全性グループ「eVSLG」を設立

英国民間航空局がeVTOL安全性グループ「eVSLG」を設立

10月5日にロンドンで開催されたHelitech Expoで、「eVTOL Safety Leadership Group(eVSLG)」コンソーシアム(共同事業体)発足が発表された。 eVSLGは「産業界のためのオープンスペース」として、通常のCAA(英国民間航空局)のガバナンスプロセスとは別に存在し、 eVTOL市...
テトラ・アビエーション、新型eVTOL飛行動画を初公開!

テトラ・アビエーション、新型eVTOL飛行動画初公開!

テトラ・アビエーション株式会社は、新型eVTOLの試験飛行動画をYouTubeにて初公開した。 今回試験飛行が実施されたのは、日本で開発した新機種Mk-5(マークファイブ)。 同社は、アメリカで開催された世界最大級の航空機イベント「AirVenture OSHKOSH 2021」において、同実機を初公開し、予約受付を開...
SkyDrive、エアモビリティ事業の戦略コンサル契約をEYストラテジー・アンド・コンサルティングと締結

SkyDrive、エアモビリティ事業の戦略コンサル契約をEYストラテジー・アンド・コンサルティングと締結

eVTOLおよび物流ドローンを開発する株式会社SkyDriveは、EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(以下:EYSC)と、 エアモビリティ事業における戦略コンサルティング契約(サポート契約※)を締結した。 エアモビリティ事業の戦略強化により、グローバル市場での地位確立を目指すとしている。 同契約は、EY...
本田技研、eVTOLやロボット、AI、宇宙関連開発への取り組みについて方向性を発表

Honda、ロボットやeVTOL、AI、宇宙関連開発について方向性発表

株式会社本田技術研究所は、9月30日、自身の持つコア技術を生かした新領域におけるチャレンジとして、 現在取り組んでいるeVTOLやアバターロボット、宇宙関連開発について方向性を発表した。 同社は、 「既存事業の盤石化」と「環境負荷ゼロ社会」と「交通事故ゼロ社会」の実現・追求に加えて、 「新領域へのチャレンジ」に注力して...
Samad Aerospace社がeVTOL「Starling Cargo」を発表

Samad Aerospace社がeVTOL「Starling Cargo」を発表

Starling Cargoは、遠隔操作による自動操縦機能を備えており、巡航速度は時速150キロ以上、飛行高度は約1,000メートルを目標としている。航続距離は最大1215kmで、最大50kgまでのペイロードで輸送を実現できる。 今回の発表では、The Starling Cargoと併せて、都市間旅客輸送用に開発されて...
トヨタが出資するJoby、いよいよ上場を果たす

トヨタが出資するJoby、いよいよ上場を果たす

eVTOL開発企業のJoby Aviationが、ニューヨーク証券取引所への8月に上場した。空飛ぶタクシーの試作機を展示し、大々的に株式公開のセレモニーを行った。 Joby社は、前日Reinvent Technology Partners社との合併の完了を発表もおこなっている。JOBYの創業者兼CEOのJoeBen B...
テトラアビエーション

テトラ・アビエーション、新機種「Mk-5」⽶国で実験航空機としての認証取得

開発中のMk-5 テトラ・アビエーション株式会社は、2021年8月16日(米国時間)に日本で開発した新機種「Mk-5」の米国内で飛行試験等を行うための認証(登録番号:N155TA)を取得した。 テトラ・アビエーションは、実機体の米国内での試験飛行等を行うため、米国連邦航空局(FAA)との調整を行い、試験飛行許可(特別耐...
Dufour、eVTOL「Aero3」の新デザインとスペック公開

Dufour、eVTOL「Aero3」の新デザインとスペック公開

スイスのスタートアップDufour Aerospace社は、Aero3 eVTOLコンセプトを公開した。翼に追加のプロペラが搭載され、尾翼のデザインが変更されている。今年初め、デュフール社は、アーリーステージのベンチャーファンドsession.vcが主導するラウンドで、非公開の追加資金を確保したことを発表した。 Duf...
EHangの新生産工場施設公開

EHangの新生産工場施設公開

AAV(自律型航空機)技術のリーディングカンパニー・EHang社の、中国・広東省雲浮市に建設予定であるeVTOL向け新工場については既にお伝えした。 EHang、AAV(自律型航空機)新生産工場を設立。いよいよパッセンジャードローンが量産化へ いよいよ同社の雲府市生産工場が完成したという。 現地政府の約600万米ドルの...
テトラ・アビエーション

テトラ・アビエーション、eVTOL新機種「Mk-5」米国にて初公開、予約販売開始

2021年7月、福島ロボットテストフィールド屋内飛行場にて撮影 テトラ・アビエーション株式会社は、2021年7月26日(米国時間)に日本で開発した新機種「Mk-5」を一般に初公開した。7⽉26⽇から⽶国で開催されているEAA AirVenture Oshkosh 2021に出展し、Mk-5のコンセプト動画も公開した。 ...
テトラ・アビエーション、オシュコシュ出展新型機を南相馬市で初披露

テトラ・アビエーション、オシュコシュ出展新型機を南相馬市で初披露

テトラ・アビエーションと南相馬市は、2021年7月7日、連携協定を締結したことを発表し南相馬市産業創造センターにおいて協定締結式を行った。当日は、2021年7月末に米国で開催される世界最大級の航空機イベント「オシュコシュエアベンチャー2021」にテトラ・アビエーションが出展する予定の新型個人用eVTOL(模型)が初披露...
Volocopter、新コンセプト機体「VoloConnect」発表

Volocopter、新コンセプト機体「VoloConnect」発表

JALの業務提携や、三井住友海上火災保険が出資しているeVtolメーカであるーVolocopterが、新コンセプト機体「VoloConnect」を発表した。4人乗り、巡航速度180km、最高速度250km、航続距離100kmを誇るエアモビリティーになる。 2人乗りの航続距離35kmの都市内交通用VoloCityと今回発...
Wingcopter、3個同時配達可能な「Wingcopter 198」先行オーダー開始。空物流の扉を開く

Wingcopter、3個同時配達可能な「Wingcopter 198」先行オーダー開始。空物流の扉を開く

ANAとも協業しているドイツのWingcopterは、1回の飛行で最大3つの荷物配達可能なドローン「Wingcopter 198」を発表した。これにより、空中物流やラストマイル・デリバリーの分野が大きく前進すると言えるだろう。 Wingcopter 198は、航空安全と信頼性の要件を満たすようにゼロから設計されたeVT...
Skyports

兼松、Skyports、空飛ぶクルマ・ドローン物流事業開発に向けた提携

Vertiportイメージ図 兼松株式会社と空飛ぶクルマ向けVertiportを開発している英Skyports社は、2021年4月に業務提携を拡大する覚書を締結した。 同提携の目的は、兼松とSkyports社が日本における空飛ぶクルマの導入実現に向け、旅客、物流双方の観点から、恒久的かつ持続可能な空飛ぶクルマの運航が可...
arkinvest

ARK Invest、ドローンや電動飛行機を含む宇宙開発ファンドを発表

上場企業であるEHangが発表した物流ドローンEH216L 「破壊的イノベーション」をコンセプトに運営する資産運用会社Ark Investが立ち上げる投資ファンド「ARKX space exploration fund」は、ドローンや電気飛行機などの航空宇宙技術を含む宇宙開発関連の上場企業をターゲットにしている。 おな...
Arch UAM Global Challenge〜UAMフライトシミュレータのホスト3都市をコンテストで採択

Arch UAM Global Challenge〜UAMフライトシミュレータのホスト3都市をコンテストで採択

スロベニアの2つの企業が、都市計画者や住民が新しいVTOL機の計画を立てたり、慣れ親しんだりすることに役立つ都市型エアモビリティ・フライトシミュレーターの配備を競うために、世界中の都市を誘致している。 AV Living LabとNervtechによって運営される「Arch UAM Global Challenge」は...
Volocopter、シンガポールでエアタクシーサービス開始のコミットメント発表

Volocopter、シンガポールでエアタクシーサービス開始のコミットメント発表

Volocopterは、シンガポールとの2年間の協力後、シンガポールでエアタクシーサービスを開始するというコミットメントを発表した。 Volocopterは、シンガポール経済開発庁(EDB)およびシンガポール民間航空庁(CAAS)と協力して、今後3年以内にシンガポールでエアタクシーサービスを実現するという。これにより、...
大阪府吉村知事、「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立宣言!SkyDrive参画へ

大阪府吉村知事、「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立宣言!SkyDrive参画へ

「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立式の様子 パネルを持つ3名 左から、慶應義塾大学大学院教授 中野冠氏、大阪府知事 吉村洋文氏、SkyDrive代表取締役CEO 福澤知浩氏 大阪府・吉村知事は、2020年11月17日、「空飛ぶクルマ」の実用化に向けて設立された「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」の...
GA-ASI、遠隔操縦無人機シーガーディアン飛行実証を日本で開始

GA-ASI、遠隔操縦無人機シーガーディアン飛行実証を日本で開始

米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(以下:GA-ASI)は、アジア航測株式会社と協業し、青森県八戸市でGA-ASI製の遠隔操縦無人機MQ-9B「SeaGuardian」(以下:シーガーディアン)を用いた海上保安庁向けの飛行実証を開始した。 同実証では、海上での救助や取締りなどを含む海上保安業務に...
JAL、エアモビリティ分野でVolocopterと業務提携

JAL、エアモビリティ分野でVolocopterと業務提携

Volocopterの物資輸送用eVTOL機「Volodrone」 日本航空株式会社(以下:JAL)は、Volocopter GmbH(以下:Volocopter)とエアモビリティ分野における新規事業の創出を目的として、日本における市場調査や事業参画などの共同検討に関する業務提携を締結した。 Volocopterの移動...
KLM、V字型次世代機「Flying-V」プロトタイプ初飛行

KLM、V字型次世代機「Flying-V」プロトタイプ初飛行

2020年は、簡単に海外旅行に行くことができない。そんな中、KLMオランダ航空は9月7日、デルフト工科大学と2040年以降の実用化を目指す次世代旅客機「Flying-V」のプロトタイプ・スケールモデルが、8月に初飛行したことを明らかにした。KLMは2019年10月、KLM創立100周年記念事業の期間中に2040年就航を...
EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

AAV技術プラットフォーム企業であるEHangが、医療救急用のAAV開発を目指す国際プロジェクト「Ambular」への参加を決定した。このプロジェクトは、ICAO(国際民間航空機関)の支援を受けており、世界の航空界にeVTOL(電動垂直離着陸機)の可能性を引き出すことを目指している。 Ambularプロジェクトは、20...
Return Top