DRONE

ENEOS HDとセンシンロボティクス、「ENEOSカワサキラボ」開設。ドローン実証フィールドとして活用

ENEOS HDとセンシンロボティクス、「ENEOSカワサキラボ」開設。ドローン実証フィールドとして活用

ENEOSホールディングス株式会社と株式会社センシンロボティクスは、ENEOS株式会社川崎事業所の施設内に共同で、ドローンショーケース兼実証フィールド「ENEOSカワサキラボ」を開設することを発表した。

両社は、様々な社会課題を解決するために、自律走行ロボットを含むドローンを活用した点検・警備監視・災害対策に関するソリューション開発に取り組んできた。 将来的には、ドローンのサービス提供・エネルギー供給ステーションを全国に構築し、ロボティクスによる業務の自動化実現を構想している。

同ラボは、オープンイノベーションによる上述の構想実現に向けて開設する。

ラボは、以下2つの機能を有するとしている。

  1. ドローンの技術・製品を展示するショーケース
    見学のほか事業共創に関するディスカッションを行う場としての発展を見込む。
  2. ドローンの点検デモンストレーションおよび技術開発が可能な実証フィールド
ENEOS HDとセンシンロボティクス、「ENEOSカワサキラボ」開設。ドローンショーケース兼実証フィールドとして活用
ドローンショーケース

使用停止したプラントの配管・タンクなどの実設備を活用し、実際の点検環境に近い形でドローン稼働のための実証実験ができる。点検デモの見学も想定。

ENEOS HDとセンシンロボティクス、「ENEOSカワサキラボ」開設。ドローンショーケース兼実証フィールドとして活用
ドローンによる配管点検の様子
ENEOS HDとセンシンロボティクス、「ENEOSカワサキラボ」開設。ドローンショーケース兼実証フィールドとして活用
タンク設備

将来的にはENEOSやセンシンロボティクスだけでなく、官公庁や自治体、ドローンを活用できる分野に携わる第三者などにも実証フィールドを活用してほしいとしている。

Return Top