DRONE

池袋サンシャインシティ、セキュリティロボット「cocobo」を6月22日から導入

池袋サンシャインシティ、セキュリティロボット「cocobo」を6月22日から導入

株式会社サンシャインシティが運営する大型複合施設サンシャインシティにおいて、6月22日からセキュリティロボット「cocobo」が自律走行を開始する。

同社が警備業務を委託している株式会社アール・エス・シーが、警備業界が抱える人材不足対策として、セコム株式会社から導入した「cocobo」を活用し、警備員の省人化や警備全体の品質向上を目指すことを目的とした取り組み。

同機は、AI・5G等の最先端技術を活用して、巡回警備、点検業務など、様々な警備業務を提供するセキュリティロボットである。異常を検知した際は、防災センターに設置された監視卓へ異常信号を送信し、常駐警備員と連携して対応する。「バーチャル警備システム」や建物内の監視カメラ映像、エレベーターの設備情報など、クラウド上の様々な情報を共有・連携し、高度な警備業務を提供することできるとしている。

同社は、今回の取り組みを通じ、将来的に施設警備全体の強化・品質向上が見込め、広大な面積であるサンシャインシティが安心・安全・快適な場所となり、来館者に対してより良い環境を提供できることを期待しているという。

サンシャインシティ、セキュリティロボットcocoboを6月22日から導入
djimini3pro
Return Top