DRONE

CES

Tagged
Ravinspect Tech、屋内使用可能な非GPS環境対応ドローンを展示。在庫管理用に開発[CES2022]

Ravinspect Tech、屋内使用可能な非GPS環境対応ドローンを展示。在庫管理用に開発[CES2022]

インスタンブール・パビリオンにて展示を行っていたRavinspect Tech。 展示されていたドローンは在庫管理用に開発されたもので、非GPS環境下で飛ぶことを前提としている。 彼らはドローン単体を販売するのではなく、複数のカメラ/センサーで倉庫内の自己位置を特定しながら飛行するドローンと、自動充電ベース、グラウンド...
CLROBUR、ドローン管制UTMシステムのデモを展示。最大20台を同時に管制[CES2022]

CLROBUR、ドローン管制UTMシステムを展示。最大20台を同時に管制[CES2022]

UTMシステムでCES 2022 イノベーティブ・アワードを受賞したCLROBUR。すでに韓国政府とも共同で運用しているという。 ウェブベースで操作できるため、非常にわかりやすく直感的にドローンの管制が可能となっている。理論的には無数のドローンを管制できるとのことだが、実働20台程度が最大同時管制数だろうとのこと。 担...
Hancom group、蜂型ドローンと親子型ドローンで注目 [CES 2022]

Hancom group、蜂型ドローンと親子型ドローンで注目 [CES 2022]

韓国を代表的なIT企業Hancom groupは、未来的なフォルムが注目を集めていた蜂型ドローン。まだコンセプトモデルということで、開発中の実機は空中での位置固定が難しいということでその辺りを現在改良中とのこと。 小型のドローンがいくつもぶら下がるような形で展示されていた大型ドローンもコンセプトモデル。 小型ドローンが...
Aiseed、固定翼型か、マルチコプター型か選択自由な機体展示[CES2022]

Aiseed、固定翼型か、マルチコプター型か選択自由な機体展示[CES2022]

スタートアップが集う「Eurika Park」の台湾パビリオンで展示を行っていたaiseed。 展示機の片側の翼が途中で無い形状で展示をしていた。どういう意図であるかの回答に、ユーザーの業務、アプリケーションによって固定翼型にするか、マルチコプター型にするかが選択可能で、今回はその形状がわかるように片側の翼が無いのだと...
アミューズワンセルフ、ガソリンエンジンハイブリッドドローンなどを展示。最大6時間飛行可能[CES2022]

アミューズワンセルフ、ガソリンエンジンハイブリッドドローンなど展示。最大6時間飛行可能[CES2022]

ドローン測量や検査にとって雨や水溜り、湖沼の調査は厄介だが、グリーンレーザーを使用することでそのような杞憂をなくすことができる。 アミューズワンセルフが展示は、同社のグリーンレーザーとガソリンエンジンハイブリッドのドローンだ。レギュラーガソリンで飛ぶドローンは、何も装着しないペイロードの状態で、最大6時間の飛行時間を誇...
piezosonic

Piezo Sonic、J-Startupパビリオンで展示。搬送用自律移動ロボット「Mighty-D3」実機披露は見送り[CES2022]

CES 2022 Innovation Awardを受賞し、Eureka ParkのJ-Startupパビリオンで展示ブースを構えていたPiezo Sonic。 搬送用自律移動ロボット「Mighty-D3」の展示を楽しみにブースに伺ったところ、残念なことに日本から担当者が渡航できず、ロボット本体を持参することができなか...
ISON、ドローン用チャージングステーションを展示。Phantomを1時間で満充電に[CES2022]

ISON、ドローン用チャージングステーションを展示。Phantomを1時間で満充電に[CES2022]

イノベーションアワードを受賞したISONのチャージングステーションがセントラルホール奥で展示されていた。 展示されていたチャージングステーションは、座面が電極と接触するようになっており、ドローンの脚部に電極を取り付ける仕様となっている。1時間でDJI Phantomシリーズなどなら100%充電可能とのこと。 また、ステ...
Doosan、アワード受賞の電動ブルドーザー「TX7」やVTOL「DJ25」マルチコプターを展示[CES2022]

Doosan、アワード受賞のVTOL「DJ25」、進化した水素燃料電池ドローンも展示[CES2022]

Doosanブースでは、CESイノベーションアワード受賞の電動ブルドーザーのT7Xが大きく目立つ形でブース展示が行われていた。 アワード受賞したDJ25はフューエルセル駆動のVTOLで、最大積載量2.5kg、最大飛行時間は4.5時間。500kmもの長距離を飛行することが可能だ。実機はブース上部に吊るされて展示されており...
ASKA、開発中のエアモビリティを展示。コックピットに真っ白な革張りのシートを装備 [CES2022]

ASKA、開発中のエアモビリティを展示。コックピットに真っ白な革張りのシートを装備 [CES2022]

主に車関連のブース展示が行われているLVCCウェストホールで、2026年に商業サービス開始を目論むASKAが展示を行っていた。 実は筆者の住むサンタクララからほど近いロスアルトスにショールームがあり、何度かその機体は目にしていた。 同社は、2026年に販売開始を考えている。例えばサンフランシスコからスキーリゾートのタホ...
CES2021

CES2021総括:オンライン開催でも存在感を発揮したドローンたち [CES2021]

今年は完全なオンライン開催となった「CESデジタル」では、出展数が昨年の4400から半分以下の2000程度と大幅に減った。ドローン関連はDJI、AEE、PowerVisonといった常連が出展せず、中国企業が軒並み出展をとりやめた(といっても国別の出展数では201と3番目に多い)こともあり、開期前にドローンに関しては、ほ...
SkyDrive、コンセプトモデルSD-XXを出展 [CES2021]

SkyDrive、コンセプトモデルSD-XXを出展 [CES2021]

SkyDriveは、1月11日から14日まですべてオンライン開催されるテクノロジー見本市「CES 2021」に出展する。それに併せ、リアルにCES展示品を体験できる「b8ta Tokyo - Yurakucho」で開催のJ-Startup特設エリアにも展示される。 有楽町「b8ta Tokyo - Yurakucho」...
THIS IS ENGINEERING、独立記念日限定版ドローン「SHIFT RED」販売

THIS IS ENGINEERING、独立記念日限定版ドローン「SHIFT RED」販売

THIS IS ENGINEERING INC.(以下:TIE)は、独立記念日を祝い、米国国旗色(赤白青)が施されたドローンを発表した。TIE販売責任者であるJake Kim氏は以下のようにコメントした。 世界中のお客様からSHIFT REDの美学について、圧倒的な賞賛を受けています。限定版SHIFT REDドローンで...
いよいよドローンも8Kの時代到来〜Autel EVOII シリーズ発表 [CES2020]

いよいよドローンも8Kの時代到来〜Autel EVOII シリーズ発表 [CES2020]

Autel Robotics(中国;深圳)がEVO IIシリーズ3機種をCES2020で発表した。基本筐体は同じでカメラ部分のスペックと機能が異なる。中でも折り畳み式ドローンの初となる8Kカメラを実装したEVO IIは注目だ。 EVO IIシリーズは最長40分飛行が行え、時速74キロのスピードで最大9キロの範囲で飛行可...
Namu tech、プラットフォーム「Cocktail Cloud 4.0」発表 [CES2020]

Namu tech、プラットフォーム「Cocktail Cloud 4.0」発表 [CES2020]

ドローンは、ハードウェア、ソフトウェアと2つの最新技術が実を結び、驚くべき速度で進化を遂げている。またインフラ(来たるべき5Gなど)やクラウド(AIやブロックチェーンなど)などのサービスの進化もその加速度を上げているのは言うまでもない。 今回全体的に多く見かけたのが、AIの分野だ。韓国の大手クラウド企業であるNamu ...
総括:世界規模で成長するドローン。そのカテゴリーに止まらない進化に期待 [CES2020]

総括:世界規模で成長するドローン。そのカテゴリーに止まらない進化に期待 [CES2020]

LVCCサウスホールのドローンエリア。入り口はDJIがブースを構える CES2020から見るドローンのトレンドとは? 昨年の総括でドローン市場は安定期に入ったと書いたが、そこには「2020年には出展が大幅に減るのではないか」という思いも含まれていた。ところがふたを開けてみると全部を取材するのが難しいほど盛況であった。展...
NATOも認めるセキュアで高性能なベルギー製マルチコプター「Vanguard」 [CES2020]

NATOも認めるセキュアで高性能なベルギー製マルチコプター「Vanguard」 [CES2020]

ベルギー、アメリカ、ケニアに本社を持ち、国際的ドローンソリューションを提供するALX SYSTEMが、最新マルチコプターUAV「ALX Vanguard 2020」を展示していた。ブースはサウスホールにあったがドローンエリアではなく、ベルギーが支援する企業が集まる中で一角を使っての出展だった。 展示はベルギーの企業が集...
Eureke Park、すでに定番化、盛況なドローンスタートアップの可能性を見る(後編) [CES2020]

Eureke Park、すでに定番化、盛況なドローンスタートアップの可能性を見る(後編) [CES2020]

前編に引き続き、スタートアップが集まるエウレカパークに出展されていたドローンを紹介する。 ハイブリッド ■LONGAN VISION ハードな現場を飛行するために開発されたLONGAN VISIONのハイブリッドドローン カナダのオンタリオを拠点とするLONGAN VISIONは、ハイブリッドエンジンとARシステムを搭...
カウンタードローンシステムを開発する「WhiteFox」CES初出展 [CES2020]

カウンタードローンシステムを開発する「WhiteFox」CES初出展 [CES2020]

ドローン空域のセキュリティ対策技術を開発するリーダー的企業であるWhiteFoxがCESに初めて出展し、ドローンの監視や対策を行うカウンタードローンシステム「DRONEFOX」と「SCORPION」を展示した。彼らによると、空港やスタジアム、刑務所といった場所に潜在的な脅威をもたらすドローンのほとんどが民間パイロットに...
Eureke Park出展数は過去最多?ドローンスタートアップはまだまだ盛況(前編) [CES2020]

Eureke Park出展数は過去最多?ドローンスタートアップはまだまだ盛況(前編) [CES2020]

成熟したカテゴリーだからこそ新風が吹く CESの中で最も原石を見るけるのであれば、サンズエキスポのEureke Park(エウレカパーク)は外せない。かつては、ホテルのボールルームで開催されていたものだが、CESがテクノロジーにフォーカスしたこともあり、スタートアップの登竜門として年々規模を拡大し、ついには展示会場ワン...
ブルーイノベーション、複数のインドアドローンを出展 [CES2020]

ブルーイノベーション、複数のインドアドローンを出展 [CES2020]

働き方改革ドローンで話題を集めたブルーイノベーションが、複数のインドア向けドローンをサウスホールのドローンエリアで出展していた。展示していたのは、GPSが入らないオフィス内でも自動飛行が可能なインドア・セキュリティドローン「T-FREND」と、インドアフライトプラットフォームシステムの「BI AMY」で、京セラと共同開...
FLIR、小鳥のような偵察機をはじめとするドローンソリューション展示 [CES2020]

FLIR、小鳥のような偵察機をはじめとするドローンソリューション展示 [CES2020]

赤外線カメラや高性能センサーを開発するグローバルメーカーのFLIRことフリアーシステムズは、ドローン関連のソリューションを展示していた。カーボンファイバーおよびマグネシウム製で耐久性が高く、多様な用途にあわせて使える「SkyRanger R70」は、ペイロード部分に同社のカメラやセンサーが搭載できるタイプと、長いアーム...
Return Top