DRONE

eVTOL( 2 )

Tagged
SkyDrive、元三菱航空機副社長・岸信夫氏がCTOに就任、日本初の有人飛行試験における技術検証完了

SkyDrive、元三菱航空機副社長・岸信夫氏がCTOに就任、日本初の有人飛行試験における技術検証完了

有人飛行試験の様子  株式会社SkyDriveは、三菱航空機株式会社でチーフエンジニア、副社長と要職を歴任した岸信夫氏が、4月1日付で同社のCTO(最高技術責任者)に就任したこと、ならびに、日本初の「空飛ぶクルマ」の有人飛行試験における技術検証第一弾が安全に完了したことを発表した。 左から事業責任者 宮内氏、代表取締役...
Lilium、2025年までのエアタクシーサービスを目指し、さらに2億4000万ドルを調達

Lilium、2025年までのエアタクシーサービスを目指し、さらに2億4000万ドルを調達

ドイツのeVTOL開発企業Liliumは、2億4000万ドル以上の内部資金調達ラウンドを完了し、これまでの総投資額は3億4000万ドル以上となったと発表した。 今回のラウンドはテンセントが主導し、アトミコ、フレイジスト、LGTなどの既存の投資家が参加した。Liliumは、今回の資金はLilium Jetのさらなる開発を...
エアモビリティ?パッセンジャードローン?その名称を一度整理してみよう

エアモビリティ?パッセンジャードローン?その名称を一度整理してみよう

■パッセンジャードローン定義 パッセンジャードローン:すべての無人運転プラットフォーム 個人用飛行機:個人利用のための無人運転プラットフォーム eVTOL:無人運転かつ電池式のプラットフォーム。垂直離着陸が可能 フライングカー(空飛ぶクルマ):無人運転かつ公道走行可能な車両 エアタクシー:都市部での商業利用のための無...
トヨタ、空のモビリティの実現に向けてJoby AviationとeVTOLの開発・生産で協業

トヨタ、空のモビリティの実現に向けてJoby AviationとeVTOLの開発・生産で協業

JobyのeVTOL トヨタ自動車(以下:トヨタ)は、CES2020で街づくりを宣言したが、加えて新たな空のモビリティ事業として、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発・実用化を進めるJoby Aviation(以下:Joby)と協業することを発表した。Jobyとの協業において、トヨタは自動車の開発・生産・アフターサー...
ヤマトとBell、貨物eVTOLシステム空輸/ラストワンマイル一貫輸送サービス導入に向け機能実証実験成功

ヤマトとBell、貨物eVTOLシステム空輸/ラストワンマイル一貫輸送サービス導入に向け機能実証実験成功

ベルAPT70(Autonomous Pod Transport 70) ヤマトホールディングス株式会社(以下:YHD)は、米国テキストロン社(NYSE:TXT)傘下のBell株式会社(以下:ベル)と2018年10月12日に両社で発表をした合意内容を基に、2020年代前半のサービス開始に向けた取り組みの第一段として、2...
テラ・ラボ、長距離無人航空機の実用化、量産化計画を発表

テラ・ラボ、長距離無人航空機の実用化、量産化計画を発表

株式会社テラ・ラボは、衛星通信を活用した長距離無人航空機の実用化に向けて、福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)及び周辺施設を量産化拠点として計画を開始した。 実用化・量産化を目指すテラ・ラボ自社開発機体の様子(イメージ) 実用化・量産化の拠点として計画を進める福島ロボットテストフィールドは、福島イノベーション...
Jaunt Air Mobility、ハイブリット垂直離着陸機(eVTOL)の登場はいつなのか?

Jaunt Air Mobility、ハイブリット垂直離着陸機(eVTOL)の登場はいつなのか?

Carter Aviation社は、すでに飛行実証実験中 パッセンジャードローンやフライングモビリティーなどいよいよ空域を手軽に行き来できる世界がもうすぐやってくる。ベンチャー企業Jaunt Air MobilityはCarter Copterコンセプトの権利を購入し、「空飛ぶタクシー」としての実現可能性を探っていると...
五島列島・五島市で「ドローンi-Landプロジェクト」e-VTOL物流実証プロジェクトなどが始動

五島列島・五島市で「ドローンi-Landプロジェクト」e-VTOL物流実証プロジェクトなどが始動

長崎県五島市で、ドローンを活用した新産業・雇用創出を目指した「ドローンi-Landプロジェクト」の一環として、2つの事業が開始された。 離島間無人物流事業 前島全景 五島市では、離島間及び離島内や陸路でアクセスが困難な地域への輸送手段として無人航空機(ドローン)等の活用を計画している。離島地域における住民生活の利便性の...
Hoversurf、ドバイ警察とホバーバイク運用に向けてトレーニング開始

Hoversurf、ドバイ警察とホバーバイク運用に向けてトレーニング開始

テクノロジーエキスポ「GITEX」にてドバイ警察のイメージカラー、グリーンとホワイトの塗装を施したホバーバイクが披露されてから1年、カリフォルニアのベンチャー企業Hoversurfは新モデル、そして自社の電動垂直離着陸機(eVTOL機)が優れているという証拠を引っ提げて帰ってきた。 2017年にドバイ警察と契約を交わし...
ヤマトホールディングス、将来の新たな空の輸送モードの構築に向け、ベルヘリコプターと基本合意書を締結

ヤマトホールディングス、将来の新たな空の輸送モードの構築に向け、ベルヘリコプターと基本合意書を締結

2018年10月12日、日本のヤマトホールディングス株式会社は、米国テキストロン社傘下のベルヘリコプターと将来の新たな空の輸送モードの構築に向け、基本合意書を締結したことを発表した。 両社は、これまで培った空と陸のノウハウを融合させて空における新たな輸送モードによって傑出した顧客体験を創出し、eVTOL機(Electr...
ロールスロイス、ファーンボロー国際航空ショーにてEVTOL(電動垂直離着陸機)プロジェクト発表

ロールスロイス、ファーンボロー国際航空ショーにてEVTOL(電動垂直離着陸機)プロジェクト発表

ロールスロイスは、ファーンボロー国際航空ショー2018にてコンセプト段階のEVTOL(電動垂直離着陸機)プロジェクトを初公開した。この機体は、個人用移動手段としてはもちろん、公共交通、輸送や軍事目的での使用も想定されており、既存の技術及びに現在開発中の技術を元に構想されている。早ければ2020年代前半には空を飛ぶ見込み...
ドローンその次の未来へ、空飛ぶ自動車、空中タクシー、パッセンジャー・ドローンの業界を考える

ドローンその次の未来へ、空飛ぶ自動車、空中タクシー、パッセンジャー・ドローンの業界を考える

ここ数週間、空飛ぶ自動車、空中タクシー、個人用ドローンが大いに話題となった。最近さまざまなコンセプトの研究やプロトタイプが登場したことで、自分用が欲しいとか、眼下の渋滞をよそにいつでも好きなときに飛べるようになりたいと思い始めている。それは人々に夢を抱かせ、クリエイターにとってはマーケティングを行う機会となっている。D...
Return Top