DRONE

FAA

Tagged
FAA、「リモートID」について、AirBus、Amazonなど技術協力8社を選定。技術仕様を固め、普及に着手

FAA、「リモートID」について、AirBus、Amazonなど技術協力8社を選定。技術仕様を固め、普及に着手

FAA(米国運輸省連邦航空局)は、昨年発案説明された、リモートID(遠隔識別)サプライヤー要件を確立するために認定の8社を発表した。リモートIDは、ドローンがアメリカ空域内で活動している間に、遠隔からでも識別情報や位置情報を確認できるナンバープレートのようなものである。 FAAは、将来のリモートID UASサービスサプ...
Uber、ドローンでのフードデリバリーサービスのスタッフ募集中

Uber、ドローンでのフードデリバリーサービスのスタッフ募集中

Uberは自社ドローンチームに加えるべく、FAA(米国連邦航空局)ライセンスを取得済みのパイロットを募集している。募集要項によれば、主にドローンを使ったフードデリバリー業務に関係する仕事のようだ。 Uberが募集しているのは、UAS(無人航空システム)航空基準・訓練テクニカルプログラムマネージャーだ。UberEATS製...
Texas Instrument社が促進するミリ波技術で実現するドローンの感知・回避機能

Texas Instrument社が促進するミリ波技術で実現するドローンの感知・回避機能

Texas Instrument(以下:TI)ミリ波による衝突回避ソリューションの構造 ドローンを使用することで天気予報や宅配、3Dマッピングなどの民生アプリケーションにおいて大きな恩恵を得られる一方、ドローン業界は「安全な飛行」と「低価格化」という2つの課題に直面している。現在市場に流通しているドローンの多くは、感知...
FAAフエルタ長官基調講演:商業用無人機の有用性とは? [InterDrone2017]

FAAフエルタ長官基調講演:商業用無人機の有用性とは? [InterDrone2017]

さらに進化するドローンの世界へ 米連邦航空局(FAA)のマイケル・フエルタ長官は、米国ラスベガスで開催されたInterDrone 2017にて基調講演を行った。 ドローン産業と協力し合い、航空関連規則策定を繰り返し行ってきたフエルタ氏は熱烈な歓迎を受けた。ドローンは航空宇宙産業において急速に発展を遂げており、今後の社会...
ニューヨーク消防局、ブロンクスにて初の消防ドローンを使用

ニューヨーク消防局、ブロンクスにて初の消防ドローンを使用

image:FDNY ドローンの活躍の場が日増しに増えている。ニューヨーク市消防局(FDNY)は、ブロンクス区北部のクロントナ・パークにある6層建築の消火活動において、初めて今年3月消防用ドローンを利用した。 消防局が利用した85,000ドル(約930万円)のドローンは、重さ8ポンドで、ハイビジョンカメラと赤外線カメラ...
CNNが公式に取材ドローンを採用

CNNが公式に取材ドローンを採用

image from CNN アメリカCNNは公式に、メディア取材に正式にドローンを採用。オリジナル番組CNN AIRを開始すると発表した。同社は、2名のドローンオペレーターをフルタイムで雇う予定で、業務内容はCNNやTurner Broadcasting、Time Warnerで使用される空中映像の撮影だという。 C...
ドローンはアメリカンドリーム!マイケルFAA長官が語る[InterDrone2016]

ドローンはアメリカンドリーム!マイケルFAA長官が語る[InterDrone2016]

すでにフォトレポートでもお伝えしているInterDrone2016がアメリカ、ラスベガスで本日より開催(9月7〜9日で開催現地時間)。今年は昨年のRioホテルから、ストリップ通りに面するParisホテルに会場を変えて開催となり。アクセスが良くなった。昨年は3日間の合宿っぽい感はあったが、一般の展示会になった印象を受けた...
Intel、ソフトウェア開発者向けドローン「Aero」を発表!

Intel、ソフトウェア開発者向けドローン「Aero」を発表!

Intelは現在、ドローンの可能性に注目している。インテルデベロッパーフォーラム(IDF)ではドローン業界のリーダーたちを集めたパネルディスカッションのホストをIntelが務めた。パネルリストにはAirbusのRonnie Gnecco氏、FAAのEarl Lawrence氏、Yuneec USAのShan Phill...
インプレス、「規制緩和で勢いづく米商業ドローン・ビジネス」セミナーを開催

インプレス、「規制緩和で勢いづく米商業ドローン・ビジネス」セミナーを開催

株式会社インプレスは、8月25日(木)にインプレスグループセミナールームにて「規制緩和で勢いづく米商業ドローン・ビジネス」と題して、アエリアル・イノベーション社小池良次氏を講師にドローン・ビジネス・レポートセミナーを開催する。 同セミナーでは、米連邦航空局(FAA)から発表された運用面での規制緩和や、ガス・電力業界など...
FAA、「パート107」を発表

FAA、「パート107」を発表

アメリカ連邦航空局(FAA:Federal Aviation Administration)は6月21日、現在の航空規則に新たに追加される「パート107」を発表した。これにより、無人航空機システム(Unmanned Aircraft Systems)の免許を持っているパイロットであれば、333条の例外条件に当てはまらな...
FAAが航空産業の未来予想を発表

FAAが航空産業の未来予想を発表

FAAは2036年までの航空産業の財政に関するレポートを発表した。エアトラベルやUASの使用など全体的に上がり調子を維持するという見方だ。 今回の未来予想の中で重要な部分はやはりドローンの使用が増えるという見解だ。FAAは小さなマニア向けのUASの市場が2016年の190万台から2020年には430万台まで伸びる見込み...
SXSW2016 FAAアドミニストレータートークより

SXSW2016 FAAアドミニストレータートークより

Image courtesy of FAA FAA行政官のMichael HuertaとSally French女史(ドローンガール主宰)はSXSW2016にてドローンの将来についての語るパネルディスカッションに登壇した。このパネルディスカッションには民間・行政のイノベーティブな考え方の持ち主達も参加した。オープニング...
米連邦航空局、セクション333条の除外をSentera社のドローン使用に適用。広がるドローンとIoT

米連邦航空局、セクション333条の除外をSentera社のドローン使用に適用。広がるドローンとIoT

ドローンとIoTによるクラウドソリューションはこれまでにも数多くリリースされている。今後もその事例は増えて行く事は言うまでもない。CES2016でも多くのドローンがそうだった。今回FAA(米連邦航空局)はSentera社の民間用ドローンのオペレーションに対してセクション333条の適用除外を認めた。今回適用除外を受けた対...
FAAドローン申請、2日間で4万5千件以上の登録。贈り物シーズン殺到に備えて登録サイト整備を繰り上げ

FAAドローン申請、2日間で4万5千件以上の登録。贈り物シーズン殺到に備えて登録サイト整備を繰り上げ

米連邦航空局(FAA)が発表した内容によると、当局が2015年12月21日から開始したドローンの登録受付は22日の2日間で4万5千件以上の登録申請があった。この集中混雑により、一時サイトへのアクセスやレスポンスに遅延が発生する事態が生じたという。 本イベントは米政府からのドローン登録の要請であり、カメラ等のペイロード分...
DACの有線式給電方式ドローン、FAAより商業活動承認。CNNのニュースギャザリング向けシステムに

DACの有線式給電方式ドローン、FAAより商業活動承認。CNNのニュースギャザリング向けシステムに

Drone Aviation Holding Corp(ドローン航空ホールディング社、“DAC”)の開発する有線式給電方式のドローン「WATT-200」の報道機関による商業的活動が、米連邦航空局(FAA)から承認された。 DACでは、監視通信関連の企業や軍事サービス業者を含む米国政府関連企業を顧客に持ち有線式給電方式ド...
FAA、ドローン登録規制を2015年12月21日より開始

FAA、ドローン登録規制を2015年12月21日より開始

米CNNの報道によれば、今冬の買い物シーズンに40万台のドローンの販売が見込まれているという。FAA(米連邦航空局)はクリスマス商戦を見越したかのように、小型無人航空機(UAS、ドローン)の所有者を登録する規制を始める。カメラのようなペイロードを含めた全体の重量が250g~24.95kg未満のドローンを所有する人はドロ...
Droners io、それはドローンパイロットのためのマッチングサービス

Droners io、それはドローンパイロットのためのマッチングサービス

この夏、ドローンの妨害によって、カリフォルニア州南部にあるサンバーナーディーノ国立公園にて起きた大規模の山火事を、迅速に鎮静することが出来なかったという事件が起きた。空から消化を試みた消防士たちは、火災現場の上空を支配するドローンたちとの衝突を避けるため、地上にとどまることを強いられたのだ。空中から放⽔水することが可能...
FAAとDoT、ドローン事業者登録規定のタスクフォース結成。アマゾン、ウォルマート、DJI、GoProなど

FAAとDoT、ドローン事業者登録規定のタスクフォース結成。アマゾン、ウォルマート、DJI、GoProなど

米連邦航空局(FAA)は2015年10月29日(現地時間)に、無人航空機(ドローン)登録タスクフォースという、ドローン事業者の登録手続きについての意見調書を作成するために設立した団体のメンバーを発表した。FAAとDepartment of Transportation(DoT、米運輸省)では自動車免許と同様に、ドローン...
FAA333?  連邦航空局改革法の免除プロセスを見てみよう

FAA333? 連邦航空局改革法の免除プロセスを見てみよう

法律により、国空域におけるいかなる航空機の操縦には、承認及び登録されている航空機・ライセンスを取得したパイロット・操縦の承認が必要である。 2012年に「連邦航空局(FAA)近代化及び改革法」が制定され、その中の333条の内容は運輸長官がUASの操縦に耐空証明証が必要かどうかを決めることができるというものだった。FAA...
パナビジョン、Aerial MOBと空撮システムで提携。パナビジョンカメラシステムをマウントしたドローンで映像撮影

パナビジョン、Aerial MOBと空撮システムで提携。パナビジョンカメラシステムをマウントしたドローンで映像撮影

パナビジョンは、テレビ・フィルム制作向けのドローン空撮に特化するAerial MOBを、米国内で推奨する空撮サービスとすることを発表した。Aerial MOBは昨年、米国連邦航空局(FAA)がテレビ・映像制作向けにドローン使用を免除した6社の中の1社。アメリカ映画協会(Motion Picture Associatio...
紙飛行機型ドローンPowerUp 3.0はいかが?

紙飛行機型ドローンPowerUp 3.0はいかが?

FAA(米国連邦航空局)は「スマートフォンコントロール型紙飛行機」PowerUp3.0ドローンの使用許可を発表した。この紙飛行機型ドローンの製造はコネチカット州に本境地を置くTailor Toys社が手がけていおり、すでに昨年から発売されている。彼らが作り出したPowerUpシリーズとよばれるこの紙飛行機型ドローンは革...
FAA謹製B4UFLY スマートフォンアプリまもなく登場(ただしUS用)!

FAA謹製B4UFLY スマートフォンアプリまもなく登場(ただしUS用)!

B4UFLYは、ユーザーがドローンを飛ばす前に、該当地域において何らかの制限や要件があるかどうかを確認可能なスマートフォンアプリである。米連邦航空局(FAA)は、米国アトランタ州ジョージアにて、米国際無⼈機協会(AUVSI)によって開催されたUnmanned Systems Conference 2015の場で、このア...
Return Top