DRONE

VTOL

Tagged
Pix4D

10周年のPix4Dはロゴを刷新、昨年急増した製品群を一挙紹介 [Japan Drone 2021]

Pix4Dは10周年を記念して刷新したロゴを目立たせた展示を行った。新しいロゴは、1製品から始まって、いまや14製品へと拡大した同社製品ポートフォリオの多様性と成長を示しているという。 「Pix4Dmapper」は、取得した複数の画像データから簡単に2Dや3Dのマッピングやフォトグラメトリーができるソフトウェアだが、さ...
川崎重工、無人コンパウンド・ヘリコプター「K-RACER」飛行試験成功

川崎重工、無人コンパウンド・ヘリコプター「K-RACER」飛行試験成功

川崎重工業株式会社は、北海道大樹町多目的航空公園において、無人コンパウンド・ヘリコプター「K-RACER」の飛行試験に成功したことを発表した。従来型のヘリコプターでは技術的に限界がある高速化を目指した無人試験機による技術実証を行い、同試験では自律制御による安定した飛行を確認することができたという。 K-RACERは、メ...
エアロセンス、洗練されたVTOL型ドローンを販売開始 [Japan Drone 2020]

エアロセンス、洗練されたVTOL型ドローンを販売開始 [Japan Drone 2020]

先日、新型VTOL型ドローン「エアロボウィング」を発表したエアロセンス株式会社はもちろんエアロボウィングをメインで展示、有線給電ドローン「エアロボオンエア」も吊り下げられていた。 エアロボウィングはエアロセンス設立当初から開発されているVTOL型の機体の後継機。以前の「AS-DT01-E型」は大きなティルトローターが機...
エアモビリティ?パッセンジャードローン?その名称を一度整理してみよう

エアモビリティ?パッセンジャードローン?その名称を一度整理してみよう

■パッセンジャードローン定義 パッセンジャードローン:すべての無人運転プラットフォーム 個人用飛行機:個人利用のための無人運転プラットフォーム eVTOL:無人運転かつ電池式のプラットフォーム。垂直離着陸が可能 フライングカー(空飛ぶクルマ):無人運転かつ公道走行可能な車両 エアタクシー:都市部での商業利用のための無...
エアロネクスト、CES® 2020でエアモビリティの新コンセプト『空飛ぶゴンドラ』米国初お披露目

エアロネクスト、CES® 2020でエアモビリティの新コンセプト『空飛ぶゴンドラ』米国初お披露目

株式会社エアロネクストは、2020年1月7日(火)から10日(金)に、米ネバダ州ラスベガスで開催される世界最大級の家電技術見本市「CES® 2020」において、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」の一環のCES “Eureka Park” J-Startupパビリオン出展企業...
神戸市、ドローンの先行的活用事業として最先端ドローン飛行調査を開始

神戸市、ドローンの先行的活用事業として最先端ドローン飛行調査を開始

神戸市は兵庫県と連携し、台風や大雨による沿岸部の被害調査や土砂災害の被害状況調査、空撮による貯水池の水質状況調査など、ドローンの活用を計画している。同事業の一例として2019年7月25日に、沿岸部の被害調査の取り組みとして、広範囲を調査できる垂直離着陸型のドローンによる飛行調査を初めて実施する。 調査目的:これまで船上...
テラ・ラボ、長距離無人航空機の実用化、量産化計画を発表

テラ・ラボ、長距離無人航空機の実用化、量産化計画を発表

株式会社テラ・ラボは、衛星通信を活用した長距離無人航空機の実用化に向けて、福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)及び周辺施設を量産化拠点として計画を開始した。 実用化・量産化を目指すテラ・ラボ自社開発機体の様子(イメージ) 実用化・量産化の拠点として計画を進める福島ロボットテストフィールドは、福島イノベーション...
Jaunt Air Mobility、ハイブリット垂直離着陸機(eVTOL)の登場はいつなのか?

Jaunt Air Mobility、ハイブリット垂直離着陸機(eVTOL)の登場はいつなのか?

Carter Aviation社は、すでに飛行実証実験中 パッセンジャードローンやフライングモビリティーなどいよいよ空域を手軽に行き来できる世界がもうすぐやってくる。ベンチャー企業Jaunt Air MobilityはCarter Copterコンセプトの権利を購入し、「空飛ぶタクシー」としての実現可能性を探っていると...
五島列島・五島市で「ドローンi-Landプロジェクト」e-VTOL物流実証プロジェクトなどが始動

五島列島・五島市で「ドローンi-Landプロジェクト」e-VTOL物流実証プロジェクトなどが始動

長崎県五島市で、ドローンを活用した新産業・雇用創出を目指した「ドローンi-Landプロジェクト」の一環として、2つの事業が開始された。 離島間無人物流事業 前島全景 五島市では、離島間及び離島内や陸路でアクセスが困難な地域への輸送手段として無人航空機(ドローン)等の活用を計画している。離島地域における住民生活の利便性の...
ヤマトホールディングス、将来の新たな空の輸送モードの構築に向け、ベルヘリコプターと基本合意書を締結

ヤマトホールディングス、将来の新たな空の輸送モードの構築に向け、ベルヘリコプターと基本合意書を締結

2018年10月12日、日本のヤマトホールディングス株式会社は、米国テキストロン社傘下のベルヘリコプターと将来の新たな空の輸送モードの構築に向け、基本合意書を締結したことを発表した。 両社は、これまで培った空と陸のノウハウを融合させて空における新たな輸送モードによって傑出した顧客体験を創出し、eVTOL機(Electr...
Coaido、Swift Xiの自動運転VTOL型ドローン「Swift020」とCoaido119アプリが連携した実動訓練の映像を公開、あわせて神戸市等のAED設置施設データをアプリに実装

Coaido、Swift Xiの自動運転VTOL型ドローン「Swift020」とCoaido119アプリが連携した実...

Coaido株式会社は、2018年7月21日(土)に兵庫・神戸市にあるメリケンパークで開催されたスウィフト・エックスアイ株式会社が主催し、神戸市がサポートするVTOL(垂直離陸)型ドローン「Swift020」のデモンストレーションに参加し、同デモンストレーション内で、次世代救命アプリ「Coaido119」連携の実動訓練...
Autel Robotics、KestrelシステムをCES2017で発表 [CES2017]

Autel Robotics、KestrelシステムをCES2017で発表 [CES2017]

ドローンメーカーのAutel Roboticsが垂直離着陸(VTOL)のKestrelを2017年にローンチすると発表した。Autel Robotics USAはワシントン州ボセルに拠点を置くドローンメーカー。彼らはユーザーに最高のエクスペリエンスを提供することに専念している。 同社は、ラスベガスで行われたCES201...
スタンダードムーブ、重量級エンジンドローン「JumpJet X」発表。ペイロードは200Kg

スタンダードムーブ、重量級エンジンドローン「JumpJet X」発表。ペイロードは200Kg

スタンダードムーブ株式会社代表取締役ボー・リタリック氏(左)、伊尾木浩二氏 スタンダードムーブ株式会社は、2016年10月17日、世界最大の最大積載量を誇るVTOL(垂直離着陸できる航空機)「JumpJet X(ジャンプジェットエックス)」のテスト飛行を行ったことを発表した。スタンダードムーブ株式会社は、2013年より...
DHL、構想するドローンでの物流まもなく。Parcelcopter3.0実証実験成功

DHL、構想するドローンでの物流まもなく。Parcelcopter3.0実証実験成功

DHL社といえば、国際宅配便で御馴染みのドイツ企業。2013年に始まったDHL社の物資輸送のためのドローンプロジェクトは、いくつかの実証実験を経て、2016年、DHL Parcelcopter3.0を発表した。高山地域で使用するための研究プロジェクトの過程でアップグレードされ、ペイロードは、2kgまで増え、形状がクアッ...
スイス生まれの新ドローンWingtra登場!

スイス生まれの新ドローンWingtra登場!

Wingtraは飛行機のように舞い、ヘリコプターのように離着陸するドローンだ。Wingtraを通して得たデータはより的確な判断を促し、小さな荷物が必要な状況なら簡単に運ぶことができる。今後様々なテストを実施した後、Wingtraは2017年に出荷される予定だ。0.5kgのペイロードを搭載し、60km以上飛行することがで...
世界最大級のコンピュータエキスポCeBIT 2016にハイブリッドドローン登場

世界最大級のコンピュータエキスポCeBIT 2016にハイブリッドドローン登場

スイスのスタートアップWingtraが半分航空機、半分ヘリコプターというハイブリッド型のドローンを開発中だ。このドローンは今夏には購入可能となる予定。Wingtraは、ドイツのハノーバーで3月に開催される世界最大級のコンピュータエキスポ「CeBIT 2016」に向けてこのハイブリッドドローンのプロトタイプを公開した。 ...
ソニーモバイルとZMPの合弁会社「エアロセンス」が始動。ドローンとクラウドを組み合わせた産業用ソリューションを提供

ソニーモバイルとZMPの合弁会社「エアロセンス」が始動。ドローンとクラウドを組み合わせた産業用ソリューションを提供

AS-DT01-Eのモックモデルとエアロセンス株式会社谷口恒代表取締役社長(左)と佐部浩太郎取締役CTO ソニーモバイルコミュニケーションズとZMPは8月24日、ドローンとクラウドサービスを組み合わせたソリューションを法人向けに提供する合弁会社「エアロセンス株式会社」を8月3日付けで設立したと正式に発表した。資本金は1...
Return Top