[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.16 2016年の振り返りと2017年の展望

2017-01-18 掲載

2016年のドローン活用

新年最初のコラムということもあり、2016年の振り返りと2017年の展望を記したい。2016年の年初に「2016年はドローン活用飛躍の年!」というコラムを書いたが、同コラムに載せた「i-Construction」のように、各省庁によってルールが形成されて活用が進んでいった1年であった。2015年12月の航空法改正法施行から2016年12月9日までの1年間の申請は、事前相談も含め1万2300件、許可されたのは1万120件に及んだ。2016年でドローン活用が目立ったのは以下の分野だ。

1.「3次元測量」

公共道路工事での3次元データプロセスを示す「i-Construction」といった取り組みにより、各現場においてドローンを活用した「写真測量」のテクノロジーを使った「3次元測量」の準備が進んだ。

2.「太陽光パネル・インフラ点検」

太陽光パネル点検に関しては、エナジー・ソリューションズ株式会社のドローンアイのように検査報告までのシステム化も進み、使いやすくなった。またインフラ点検に関しても、まだ非GPS環境下の安定性などに懸念は残っているが、部分的な活用が進んできている。

3.「観光空撮」

海外旅行者のインバウンド振興という観点から、観光地でのWeb上のマーケティング目的での利用が増えてきている。

4.「農薬散布」

農林水産省は、2016年4月に「マルチローター式小型無人機による農薬散布の暫定運行基準」を取りまとめ運用を始めたことにより、マルチコプターでの農薬散布が拡がった。

5.「災害調査」

2016年も各地域で地震や台風や大雨による水害などで被害が起きたが、その際の状況把握にドローンが使用される機会が増えた。改正航空法施行以降、一般の空撮を中心としたホビーユーザーは、飛ばしにくい状況があったが、年の後半において、航空法の範囲外である200g未満のセルフィードローンが出始めており、新たな市場が形成しつつある。

2017年の展望

2017年も、2016年に活用が拡がった分野においては定着化していくとともに、その範囲を拡げていくことだろう。特に「3次元測量」に関しては「i-Construction」がより本格化し、トレーニングなどの活用に関しての予算が計上されていることもあり、公共道路工事の現場での活用が加速されるだろう。2017年は以下の分野に注目だ。

1.「インフラ点検」

橋梁やトンネルの検査でのドローン活用が切望されている。橋梁やトンネルといった環境下においては、GPSが使えない状況が多く、そういった非GPS状況での安定や測位が重要になってくるが、その非GPS状況下での技術が進んできており、点検運用のルールが確定していく中で、活用が拡がってくるだろう。

2.「物流」

山間部や離島におけるドローンでの物流も、実証実験が進んできている分野だ。一つの懸念であった電波に関しても状況が改善しつつあり、緊急性が必要な部分で、法律やルールの準備が整い次第に動き出していくだろう。

3.「リモートセンシング」

地図作成、農林水産業といった分野で、今まで人工衛星によって活用されてきたリモートセンシングであるが、ドローンの登場により、海外ではその利用がドローンにシフトしてきている。日本においても農業分野での情報化といった課題において、ドローン利用のための実証実験が進んできており、情報化にむけたリモートセンシングのガイドラインが策定される中で、動き出していくだろう。

この拡がりの中心は各地方になっていくが、各地方自治体においては、地域創生と絡めてドローン活用や運用のためのガイドラインの策定が、地域の中でドローン活用を推進していくためにも効果的であろう。また、今回のCESにおいても、多くのセルフィードローンが発表となっており、こういった手軽に利用可能なセルフィードローンの拡がりは今年も注目だ。ドローンの技術に関しては、非GPS環境下での安定や測位に注目が集まっており、2017年は実証実験が進み、新たな活用が見えてくるだろう。

WRITER PROFILE

春原久徳
現在、ドローン関連コンサルティング、ドローンソフトウェアエンジニア育成事業、ドローンによる農業サービス開発を行っている。 三井物産のIT系子会社で12年、米や台湾企業とITコンポーネンツの代理店権の獲得および日本での展開を担当。その後、日本マイクロソフトで12年、PCやサーバーの市場拡大に向けて、日本および外資メーカーと共同で戦略的連携を担当。 2015年12月ドローン・ジャパン株式会社設立。『ドローンビジネス調査報告書2018』『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』(株式会社インプレス)を調査執筆、Drone.jpでコラム[春原久徳のドローントレンドウォッチング]連載中。他にも各産業業界誌で多数執筆。農林水産省、NEDOや各業界団体でのドローン関連の講師を年間60~80回程度行っている。

関連する記事

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.41 政府方針に揺れるドローンのセキュリティ

9月に内閣官房より「ドローンに関するセキュリティリスクへの対応について」という資料が提出された。 この発表をうけて、毎日新聞が「政府機関、中国製ドローン新規購入を排除... 続きを読む

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.40 ドローンの技術Update

ドローンの技術分類 ドローンの技術は日々進んできているが、その現状を整理したい。ドローンの技術は大きく分けて、3つに分類される。 一つめが、機体制御であり、自律... 続きを読む

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.39 携帯電話等の上空利用を考える

7月上旬に官民協議会で議論されている「空の産業革命に向けたロードマップ2020~我が国の社会的課題の解決に貢献するドローンの実現~」が公開された。 2019年から大きく改定さ... 続きを読む

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.38 DJIの戦略の変遷

DJIの戦略を辿る DJIがMatrice 300 RTKを発表した。このDrone.jpのサイト上でもレビュー記事が掲載され、その内容も上々だ。 ɛ... 続きを読む

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.37 災害対応のドローン

先月、防災科学技術研究所(防災研)の内山庄一郎先生が執筆した「必携 ドローン活用ガイド-災害対応実践編-」が出版された。この冊子には、災害対応実践について基礎から応用まで網羅されて... 続きを読む