DRONE

FAAが航空産業の未来予想を発表

FAAが航空産業の未来予想を発表

FAAは2036年までの航空産業の財政に関するレポートを発表した。エアトラベルやUASの使用など全体的に上がり調子を維持するという見方だ。

今回の未来予想の中で重要な部分はやはりドローンの使用が増えるという見解だ。FAAは小さなマニア向けのUASの市場が2016年の190万台から2020年には430万台まで伸びる見込みだという。商業用のドローンは2016年代の60万台から2020年の270万台まで成長する見込み。トータルで見れば250万台から700万台まで大きく成長すると予測しているのだ。

市場がダイナミックかつ急激に成長しているため商業用の小さなUASの予測を立てるのは難しい。というのも次の5年間で小さなUASに課せられる制限には幅広い考え方があるからだ。この制限によって商業利用のUASの広がりの予測は上ぶれも下ぶれもする。商業エアトラベルを見てみると、Revenue Passenger Miles (RPMs)が成長指標のベンチマークになっている。FAAは国際的なRPMsが2016年から2036年で2.6%の平均で増えると予想している。さらに、アメリカ国内のRPMsは同期間で50%以上増加すると予想されている。

またFAAのNextGenプログラムは継続的な航空業界の成長に寄与している。NextGenは衛星の航空ナビゲーションとテクノロジーに力を入れており、現在の地上に置かれたレーダー・ナビゲーション・システムの規制を段階的に排除している。

GDPのような証明された経済データもFAAのアニュアルレポートに使われている。そしてこうして作られたアメリカの航空業界の活動の指標となっているのだ。このレポートは商業的な航空会社、航空貨物、一般民間航空、艦隊サイズを含む飛行機旅行のすべてのデータを予測している。

djimini3pro
Return Top