DRONE

サイバートラスト、ドローン・ジャパンがドローン向けセキュリティコンサルティングサービスを提供開始

サイバートラスト、ドローン・ジャパンがドローン向けセキュリティコンサルティングサービスを提供開始

サイバートラスト株式会社とドローン・ジャパン株式会社は、産業用途での実用化が進むドローン(無人航空機)における、ドローン本体ならびに周辺デバイス、周辺ソリューションに関するセキュリティコンサルティングサービスの提供を開始する。

セキュアドローン協議会が策定した「ドローンセキュリティガイド」※1には、産業用途でのドローン活用について、情報セキュリティ対策や最新のIoT関連のセキュリティ技術との連携の重要性が提示され、ドローンにおけるセキュリティリスク、操縦者・管理者および機体の認証、データセキュリティや業務利用における注意点などの指標が示されている。

セキュリティ対策が急務の課題となっている産業用途でのドローン活用に向けて、サイバートラストとドローン・ジャパンは、サイバートラストが提供する「脆弱性診断サービス」とドローン専業のコンサルティング事業者であるドローン・ジャパンの知見を合わせ、「ドローンセキュリティコンサルティングサービス」を提供する。本サービスの利用により、ドローンを活用したソリューションを提供する事業者などは、フライトプランや撮影データといった機密情報を保護することで、情報漏えいやハッキングといった予期せぬ事態を回避することが可能になる。

「ドローンセキュリティコンサルティングサービス」では、ドローン本体および周辺デバイスや周辺ソリューションの提供ベンダー、ドローン関連サービス事業者、また、ドローン活用ユーザー事業者を対象に、セキュリティコンサルティング、ファジングによる検査とシステム全体の脆弱性診断を提供。

その他のドローン周辺ソリューションにおいては、攻撃者の視点からさまざまな手法によりシステムに内在する脆弱性を調査し、検出された問題に対する最適な対策を提案していくという。ドローン・ジャパンがこれまで培ってきたドローンコンサルティングの知見により、現在の状況をヒアリングした結果に基づいてセキュリティの状況を細分化し、状況把握を行っていく。

※1出典:一般社団法人セキュアドローン協議会

djimini3pro
Return Top