DRONE

FullDepth、機動力、耐久性、利便性を追求した本格派産業用水中ドローン「DiveUnit300」販売開始

FullDepth、機動力、耐久性、利便性を追求した本格派産業用水中ドローン「DiveUnit300」販売開始

株式会社FullDepthは、産業用水中ドローン「DiveUnit300」の販売を開始した。FullDepthは、水中ドローンの自社開発など軸に展開する筑波大学発のスタートアップ起業である。

■DiveUnit300(ダイブユニット300)

最大潜行可能深度300m

本体・セントラルユニット(ノートPC・通信機器など)・テザーユニット(ケーブル)の3点セット。水中を自由に移動できる7基のスラスターで、構造物などの調査・点検に必要な横への平行移動も可能。また、ワンタッチで取り外しできるバッテリーを搭載しており、船上でスペアのバッテリーに差し替えることで長時間の潜航が可能となる。国産メーカーならではの安定性・堅牢性を重視し他仕上がりになっている。

最少2名で運用可能

主な性能

  • 最大潜行可能深度 300m
  • 極細光ファイバーケーブル 3.7mm
  • 操縦は2〜3時間の練習で習得可能
  • 本体重量は約28kgで最少2名で運用可能
  • 独自クラウドサービスを提供
  • オフィスなどの離れた場所でリアルタイムに映像を確認できる
  • 水深や水温など、本体が記録した各種データを様々な検証・解析に活かせる
  • ※オプション:マルチナロービームソナー(濁りなど水中視界が悪状況でも、対象物との距離や状況が把握可能
  • ※オプション:USBL音響測位装置(自己位置の推定ができるため、悪天候時の使用も可能
  • ■販売開始イベント開催

    2019年12月19日、FullDepth社にてイベント「DiveUnit300誕生から現在のUseCase」を開催する。参加方法はここから。

    ▶︎FullDepth
    Return Top