DRONE

JALとMatternet、ドローン医療物流に関する業務提携締結

JALとMatternet、ドローン医療物流に関する業務提携締結

日本航空株式会社(以下:JAL)とMatternet社は、Matternet社が開発するドローン「M2」を用いた医療物資輸送分野における新規事業創出などを目的として、日本での市場調査や事業参画に向けた業務提携を締結した。

The New Matternet Station

物流業界では、小口配送の増加やドライバー不足、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた「新しい生活様式」への対応といったさまざま課題解決に加えて、過疎化のすすむ離島や中山間地域、慢性的に交通渋滞が発生する都心部における医薬品などの緊急物資の輸送手段確保に、ドローンを用いた配送サービスの活用が期待されている。

医薬品他緊急物資の輸送に関する実証実験や、医療分野を中心にさまざまな企業、医療機関とドローンを使用した物流サービスの展開に取り組んでいるJALと、自社開発の自律飛行が可能な運航システムとドローンM2を用いて、検体や医薬品などの輸送事業をスイスとアメリカで展開し、豊富な実績とノウハウを持つMatternet社は、日本の医療分野の物流市場調査や事業参画に向け同提携を締結した。

両社は同提携を通して、日本の医薬品や検体、血液製剤といった迅速な配送が求められる医療分野の物流に関する各種調査や将来の事業参画に向けた取り組みを協力して実施するという。また、先月採択された「東京都におけるドローン物流プラットフォーム社会実装プロジェクト」でも、M2の使用を検討しており、実証実験を通して物流課題の解決と持続可能な事業構築を目指すとしている。

■同提携の概要

  • 日本の医療分野の物流に関する共同調査
  • ドローン物流サービス事業化の推進に向けた賛同企業の参加・協力の依頼
  • 「東京都におけるドローン物流プラットフォーム社会実装プロジェクト」など実証実験に向けた検討
JAL
Return Top