DRONE

ACSL、5kgペイロード中型物流ドローン原理試作機による現場実証成功

ACSL、5kgペイロード中型物流ドローン原理試作機による現場実証成功
実証において実際に荷物を運ぶ様子

株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)は、2020年12月2日~12月5日に実施されたANAホールディングスらによるドローンでの日用品・処方箋医薬品の即時配送サービス実証において、5kgペイロードの中型物流ドローン原理試作機の実環境における現場実証を行い、合計65回、総延長160km以上の飛行を実施した。

中型物流ドローン試作機

ACSLは、国産の産業用ドローンを開発しており、物流、インフラ点検、災害等、様々な分野で採用されている。ドローンの制御を担うフライトコントローラを自社で開発しており、セキュアで安心なドローンの社会実装を推進してきたという。

特に物流領域においては、労働力不足という社会問題を解決するためのロボティクス技術として、ドローンの社会実装へのニーズが高まっており、ACSLでは多くの企業と物流領域における補助者なし目視外飛行(Level3)の実証を重ねてきた。

こうした各社との実証実験を通して、物流領域においてLevel4が実現した際にドローン物流の社会実装を推進するためには、現状の機体よりもペイロードを大きくし、5kg程度の輸送を可能にすることかつ飛行距離が20km程度あることが重要だとわかってきたため、2020年8月発表の中期経営方針「ACSL Accelerate FY20」において、中型物流ドローンの開発や量産化を戦略の1つとして掲げ、推進している。

ACSL
Return Top