DRONE

ACSL

Tagged
ACSL、蒼天とFi4を展示。Fi4に熱い視線が注がれる[Commercial UAV EXPO 2022]

ACSL、蒼天とFi4を展示。Fi4に熱い視線が注がれる[Commercial UAV EXPO 2022]

日本からの唯一の出展であるACSLも比較的大きなスペースを確保していた蒼天とFi4の実機を展示し注目を浴びていた。フロリダで開催されたAUVSI XPONENTIALでは展示されず今回が初お目見えとなった閉鎖環境点検ドローン「Fi4」は、下水管など閉所の検査飛行が可能になっている特殊機体で多くの人が気になったようだ。 ...
ACSL、展示会内最大規模でソリューションを紹介[第8回国際ドローン展]

ACSL、展示会内最大規模でソリューションを紹介[第8回国際ドローン展]

「SOTEN(蒼天)」他多くのソリューションを展示 官民で共同開発した国産ドローン「SOTEN(蒼天)」のファームウェアアップデート運用制限が無事解除されたACSL。初日、鷲谷聡之代表取締役が登壇した特別公演「国産発の量産型ドローンSOTENについて」は、多くの人が耳を傾けていた。それだけ「蒼天」への期待が大きいと言え...
ACSL、煙突内部点検ドローンとボタン1つで自動飛行させるアプリを受注開始。最短半日に作業短縮

ACSL、煙突内部点検ドローンをボタン1つで完了する自動飛行アプリ受注開始。最短半日に作業短縮

株式会社ACSLは、同社製用途特化型機体である煙突点検ドローンに対応した、専用基地局アプリケーション「Smokestack TAKEOFF」を、関西電力から受託され開発。 実務適用できたため、煙突点検ドローンと同アプリケーションのセット受注を開始したと発表した。 発電所や化学プラントの煙突内部の定期点検は、ゴンドラに搭...
ACSL、小型空撮ドローン「SOTEN(蒼天)」を発表・受注開始

ACSL、SOTENのファームウェアアップデートを公開。運用制限を解除

株式会社ACSLは、同社製ドローン「SOTEN(蒼天)」の運用制限解除を発表した。 先日発表された同機の運用制限に対し、7月13日付で公開されたファームウェアアップデートで対応できるようになったという。 ファームウェア名:TAKEOFF_20220711.apk 同社は「必ず最新のファームウェアにアップデートしてほしい...
ACSL、官民で共同開発した国産ドローン「SOTEN(蒼天)」の運用制限をアナウンス

ACSL、官民で共同開発した国産ドローン「SOTEN(蒼天)」の運用制限をアナウンス

官民で共同開発された国産ドローン「SOTEN(蒼天)」の運用制限に関するお知らせが、ACSLから発表された。 昨年2021年末より販売が始まり、警察庁や消防庁など官公庁のほか、民間企業含め、約500台以上が出荷されている。今回4月に墜落事故が報告されて以降、ACSLから蒼天の運用制限に関するお知らせが6月末にアナウンス...
ACSL、アイ・イートと資本業務提携。地上走行ロボット技術と自律制御システムを他分野展開へ

ACSL、アイ・イートと資本業務提携。地上走行ロボット技術と自律制御システムを他分野展開へ

株式会社ACSL(以下、ACSL)は、2022年5月13日開催の取締役会において、アイ・イート株式会社(以下、アイ・イート)との間で、資本業務提携を行うことを決議し、資本業務提携契約の締結及びアイ・イート株式の取得を決定した。アイ・イートが開発する地上走行ロボットにACSLの強みである自律制御システムを適応させることに...
20220427_expobooth01_top

ACSL、国産セキュアドローン「蒼天」お披露目[AUVSI XPONENTIAL 2022]

日本が誇る国産UAVの蒼天がXPONENTIALでお披露目されていた。重量1720gの機体はDJI Mavicより少し大きく感じられ、がっちりしたマッチョな印象だ。 コントローラーは2種類展示されており、スマートフォンを利用するタイプのコントローラーにはYAMAHA MOTOR DESIGNと印字が入っていた。筐体製造...
20220328_acsl_top

ACSL社製小型空撮ドローンSOTEN(蒼天)に専用保険、サウスコアが提供開始

株式会社サウスコアは、ACSL社製小型空撮ドローン「SOTEN(蒼天)」専用の保険の受付及び提供を開始した。 様々な分野での活用が期待されているドローンだが、同時にその活用にあたっては、墜落や他物との接触等、多くのリスクが潜在している。サウスコアは今回、当該ドローン購入者が安心して事業活動を行えるよう、SOTEN専用の...
20220318_aeronext_top

量産型物流専用ドローン「AirTruck」受注開始。新スマート物流シンポジウムで新機体公開

新物流専用ドローンAirTruck 株式会社ACSLと株式会社エアロネクストは、ペイロード5kgのスペックを持ち、Level 3(無人地帯における目視外飛行)による物流実証実験を重ねて改良してきた、新物流専用ドローン「AirTruck」の受注を開始する。物流専用ドローンの量産は日本初。 2022年3月22日に開催される...
20220316_aeronext_top

新潟県阿賀町で新スマート物流"SkyHub"の社会実装に向けたドローン配送実証実験実施。地域物流を効率化目指す

鹿瀬診療所に処方薬(模擬)を届けて飛び去るACSLとエアロネクストの物流専用ドローン(阿賀町鹿瀬地区) 新潟県阿賀町、株式会社エアロネクスト、セイノーホールディングス株式会社、KDDI株式会社、株式会社ACSLおよび株式会社NEXT DELIVERYは、2022年3月14日から2022年3月18日の間、新潟県阿賀町にて...
200220222_acsl_top

ACSL、日本どこでもリモート操縦可能となるLTE対応国産ドローンの提供開始

物流用のキャッチャーを装着することが可能 株式会社ACSLは、LTEを介してテレメトリおよびFPV(First Person View:ドローン視点)映像を伝送することで、現地に行かなくてもリモートでドローンを操縦することができ、補助者なし目視外飛行(Level3)が可能なLTE対応国産ドローン「PF2-LTE」を20...
ACSL、小型空撮ドローン「SOTEN(蒼天)」を発表・受注開始

ACSL、小型空撮ドローン「SOTEN(蒼天)」受注開始。カメラはワンタッチで付け替え

株式会社ACSLは、小型空撮ドローン「SOTEN(蒼天)」およびオプション品を、12月7日から受注開始する。 同機は、セキュリティ対策を施した重量1.7kgの小型ドローン。 動画の撮影品質は4Kに対応しており、静止画は2,000万画素で撮影できる。 最大飛行時間は29分(標準カメラ非搭載・大容量バッテリー使用時)。 標...
ASCL、中山間地でのドローンと配送ロボットによる郵便物配送実験に機体提供

ASCL、日本郵便へドローンおよび配送ロボット連携による配送試行に機体提供

ACSL-PF2 株式会社ASCLは、日本郵便株式会社が実施するドローンおよび配送ロボットの連携による配送試行に、国産ドローンACSL-PF2を提供することを発表した。 同社は、郵便・物流領域においては、日本郵便をはじめとした多くの企業と補助者なし目視外飛行(Level3)の実証を重ねてきた。 同実験では新たな取り組み...
ACSL、マレーシアでACSL国産ドローンの1,000時間の連続飛行試験を実施

ACSL、マレーシアで国産ドローンの1,000時間連続飛行試験を実施

株式会社ACSLは、ACSL国産ドローンACSL-PF2について、マレーシアで1,000時間の連続飛行試験を実施。 本飛行試験と試験結果の評価を完了し、有人地帯上空での目視外飛行(Level 4)を見据えたドローン開発に向けて有益な結果を得られたと発表した。 Level 4環境下での飛行を実現するためには、十分な飛行時...
ACSL、「未来を支えるセキュアな国産ドローン」ティザーサイト公開。12月販売開始予定

ACSL、「未来を支えるセキュアな国産ドローン」ティザーサイト公開。12月販売開始予定

ACSLは、「未来を支えるセキュアな国産ドローン」ティザーサイトを公開した。 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募の「安心安全なドローン基盤技術開発」事業に採択され、高セキュリティ対応のドローン技術開発を進めてきたという。ACSLでは、国産ドローンで日本の社会インフラを支えるすべての人へ...
VFR

VFR、産業用ドローン「ACSL-PF2」購入可能な「VFR SHOP」開設

VFR株式会社は、2021年8月に産業用ドローン「ACSL-PF2」やドローンに関する基礎知識を学び、「ACSL-PF2」の操縦を体験できるプログラムを購入できる「VFR SHOP」を開設した。ACSL-PF2は株式会社ACSLの製品で、一部の機体はVFRが委託を受けて製造している。VFR SHOPにて購入することで、...
ACSL

メトロウェザーとACSL、「風」情報のドローン運航システムへの組み込み実現

風況表示のイメージ メトロウェザー株式会社と株式会社ACSLは、2021年6月、メトロウェザーの風況観測データをACSLのドローン運航制御プログラムへ組み込むことに成功した。 ドローンを安全かつ安定的に運航するためには、運航時に運航ルート上の「風」の情報が把握可能であることが必須と考えられている。メトロウェザーは、超高...
ACSL、日本郵便、資本・業務提携。郵便・物流領域で連携強化

ACSL、日本郵便、資本・業務提携。郵便・物流領域で連携強化

写真はACSLの中型ドローン「ACSL-PF2」 株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)と日本郵便株式会社、日本郵政キャピタル株式会社は、郵便・物流領域での連携を強化することを目的に業務提携契約を締結した。また、日本郵政キャピタルとACSLは、ACSLと日本郵便間の関係を強化するため、日本郵政キャピタルによる...
エアロネクスト

エアロネクスト、セイノーHD・ACSLと資本・業務提携

物流専用ドローンの最新試作機 株式会社エアロネクストは、セイノーホールディングス株式会社(以下:セイノーHD)、株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)と、セイノーHDをアンカーLPとするSector-Focused FundであるLogistics Innovation Fund投資事業有限責任組合とACSL...
自律制御システム研究所、株式会社ACSLへ

自律制御システム研究所、株式会社ACSLへ

株式会社自律制御システム研究所は、「株式会社ACSL」に商号を変更した。自律制御システム研究所の英文表記である「Autonomous Control Systems Laboratory」の頭文字「ACSL」を機体名やロゴに使用され通名でACSLは、よく知られていた。 自律制御システム研究所は、中期経営方針「ACSL ...
ACSL、インドAeroarcと合弁会社ACSL India Private Limited設立

ACSL、インドAeroarcと合弁会社ACSL India Private Limited設立

ACSLの中型ドローン「ACSL-PF2」 株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)は、2020年8月14日公表の中期経営方針「ACSL Accelerate FY20」に基づき、ASEANに本格的に進出すべく、インドにおいてAeroarc Private Limited(以下:Aeroarc)と共同出資の合弁...
Aerodyne、第三者割当増資を実施。日本企業と戦略的パートナーシップ構築

Aerodyne、第三者割当増資を実施。日本企業と戦略的パートナーシップ構築

Aerodyne Group(以下:エアロダイン)は、リアルテックホールディングス株式会社が運営するリアルテックグローバルファンドおよびKOBASHI HOLDINGS株式会社、株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)を引受先とした第三者割当増資を実施したことを発表した。 マレーシアでの連続飛行試験の様子 エア...
ACSL-PF2

ACSL、Level3飛行による鳥獣害調査に国産ドローン提供

調査に使用したドローン(ACSL-PF2) 株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)は、兵庫県たつの市において2021年3月10日~11日に実施された、補助者無し目視外飛行(Level3)による鳥獣害調査に国産ドローン(ACSL-PF2)を提供した。なお、同取り組みは、兵庫県「令和2年度ドローン先行的利活用事業...
ACSL

ACSL、北海道電力、水力発電所の調圧水槽点検用非GPS対応自律飛行ドローン開発

ドローン機体外観 北海道電力株式会社および株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)は、非GPS環境である水力発電所の調圧水槽内で自律飛行が可能なドローンを開発した。 調圧水槽内壁の点検は、調圧水槽の上部から定期的に目視点検を実施し、経年劣化の有無などを確認している。また、より詳細な点検をする必要がある場合は、命...
Return Top