DRONE

ACSL

Tagged
ACSL

ACSL、北海道電力、水力発電所の調圧水槽点検用非GPS対応自律飛行ドローン開発

ドローン機体外観 北海道電力株式会社および株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)は、非GPS環境である水力発電所の調圧水槽内で自律飛行が可能なドローンを開発した。 調圧水槽内壁の点検は、調圧水槽の上部から定期的に目視点検を実施し、経年劣化の有無などを確認している。また、より詳細な点検をする必要がある場合は、命...
ACSL-PF2

ACSL、アルビト、風力発電機点検でAI×国産ドローン×専門家トータルソリューション提供

国産の産業用ドローンACSL-PF2 風力発電点検仕様 株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)とアルビト株式会社は、風力発電機点検におけるAI×国産ドローン×専門家のトータルソリューションの提供を開始する。 同ソリューションでは、国産ドローンの自律飛行による画像撮影から、AIによる画像解析まで自動化し、専門家...
ACSL、5kgペイロード中型物流ドローン原理試作機による現場実証成功

ACSL、5kgペイロード中型物流ドローン原理試作機による現場実証成功

実証において実際に荷物を運ぶ様子 株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)は、2020年12月2日~12月5日に実施されたANAホールディングスらによるドローンでの日用品・処方箋医薬品の即時配送サービス実証において、5kgペイロードの中型物流ドローン原理試作機の実環境における現場実証を行い、合計65回、総延長1...
理経、ACSL、VFR、VRを活用したドローン開発用エミュレータ共同開発

理経、ACSL、VFR、VRを活用したドローン開発用エミュレータ共同開発

株式会社理経、株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)およびVFR株式会社は、自動車の自動運転の検証用VR画像生成技術を応用し、ドローン活用現場をリアルに構築したエミュレータを共同で開発する。 ACSLは、2020年8月発表の中期経営方針「ACSL Accelerate FY20」において、非GPS環境下である...
SkyLink JapanとACSL、太陽光パネル点検のドローン・ワンストップソリューション提供開始

SkyLink JapanとACSL、太陽光パネル点検のドローン・ワンストップソリューション提供開始

太陽光パネル点検に使用する小型ドローンMini SkyLink Japanは、株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)と協業し、ドローンによる太陽光パネル点検の撮影から、AIによる画像診断までワンストップで実施できるソリューションの提供を開始する。 太陽光パネルは屋外にあるため、経年劣化やホコリや落ち葉等の様々...
VFR、ドローンの研究・開発拠点「VFR インキュベーションHUB」開設

VFR、ドローンの研究・開発拠点「VFR インキュベーションHUB」開設

委託先のVAIO株式会社でドローン開発をする様子 VFR株式会社は、2020年11月25日にドローンの国内における社会実装を加速していくための研究・開発拠点として、長野県安曇野市(VAIO株式会社敷地内)に「VFR インキュベーションHUB」を開設した。 同施設には、ドローンの開発試作、量産試作ラインを設置予定。量産以...
ACSLとA.L.I.、安全なドローン運搬システム構築に向けた連携開始

ACSLとA.L.I.、安全なドローン運搬システム構築に向けた連携開始

ACSL-PF2物流用ドローン 株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)と株式会社A.L.I. Technologies(以下:A.L.I.)は、安全なドローン運搬システムの構築に向けた連携を開始する。 両社はドローンの物流産業という配送以外にも、ドローン利活用の多様化によって「モノを運搬する」ニーズ拡大を実感...
ACSLとエアロダインジャパン、Level 4見据えた産業用ドローン連続飛行試験に向け連携

ACSLとエアロダインジャパン、Level 4見据えた産業用ドローン連続飛行試験に向け連携

中型ドローン ACSL-PF2 株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)とエアロダインジャパン株式会社は、法整備が進む有人地帯上空での目視外飛行(Level 4)を見据え、連続飛行試験が実施できる体制をASEANにて構築する連携を開始した。 小型ドローン Mini Level 4環境下での飛行を実現するためには...
[ドローン実証実験レポート]Vol.02 ANA、五島市の離島間で「ドローンによる処方薬配送」

[ドローン実証実験レポート]Vol.02 ANA、五島市の離島間で「ドローンによる処方薬配送」

ANAホールディングス株式会社(以下:ANAHD)は、2020年11月5日、五島市にある福江島と嵯峨島の間でドローンを飛行させ、遠隔診療・遠隔服薬指導によって処方された薬を届けるという実証実験を実施した。使用した機体はACSL社製「PF-2」。福江島を飛び立ったドローンは高度約30mの低高度を約10分間自動航行して、嵯...
ACSL、風と流れのプラットフォーム「特定利用課題」採択される

ACSL、風と流れのプラットフォーム「特定利用課題」採択される

ACSL-PF2物流用ドローン 株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)は、文部科学省 先端研究基盤共用促進事業(共用プラットフォーム形成支援プログラム)の支援を受けて、国内4機関が実施する受託事業である「風と流れのプラットフォーム」における「特定利用課題」に採択されたことを発表した。同採択により、物流用ドロー...
ACSL、エアーズ、JUAVAC、物資輸送におけるドローンの安全性と運用者安全運航の専門カリキュラム提供開始

ACSL、エアーズ、JUAVAC、物資輸送におけるドローンの安全性と運用者安全運航の専門カリキュラム提供開始

ACSL-PF2物流用ドローン。往復飛行(荷物配送後、そのまま再離陸)が可能なキャッチャー(荷物搭載機構)を搭載 株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)、株式会社エアーズおよび一般社団法人日本UAV利用推進協議会(以下:JUAVAC)は、物資輸送における、ドローンの安全性と運用者の安全運航に関する専門カリキュ...
ブルーイノベーション、多彩なソリューションを展示 [Japan Drone 2020]

ブルーイノベーション、多彩なソリューションを展示 [Japan Drone 2020]

棚卸しソリューション用のACSL Mini。機体下部にRFIDを搭載している 毎回さまざまな分野のソリューションを展示している株式会社ブルーイノベーションのブース。今回も点検・警備・物流など多岐にわたるソリューション&機体を展示していた。ブルーイノベーションがさまざまな分野のソリューションを開発・提供するのは、ミッショ...
ACSL×エアロネクスト「ライセンス契約」からはじまる未来を語る

ACSL×エアロネクスト「ライセンス契約」からはじまる未来を語る

株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)と株式会社エアロネクストは、2020年8月31日に機体構造設計技術4D GRAVITYを搭載した産業用ドローンの共同開発契約と、量産した機体の製造・販売に関するライセンス契約を締結したことを発表した。物流領域に特化した専用機の開発を進め、ともにドローン物流市場の立ち上げお...
エアロネクストとACSL、「4D GRAVITY」搭載ドローン共同開発と量産に向けライセンス契約締結

エアロネクストとACSL、「4D GRAVITY」搭載ドローン共同開発と量産に向けライセンス契約締結

株式会社エアロネクストと株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)は、ドローンの基本性能を向上させるエアロネクストの機体構造設計技術「4D GRAVITY」を搭載した産業用ドローンの共同開発契約と、開発機体の製造・販売に関する4D GRAVITY特許群のライセンス契約を締結した。 両社は、ACSLが開発中の用途特...
DRONE FUND、ドローンとAIによる海ごみ検知システム開発進捗とデモ飛行公開

DRONE FUND、ドローンとAIによる海ごみ検知システム開発進捗とデモ飛行公開

DRONE FUND(以下:ドローンファンド)は、2019年より参画している海ごみ削減共同研究プロジェクト「Debris Watchers」の構成メンバーとして、ドローンとAIを活用した海岸漂着ごみの検知システムの開発進捗とデモ飛行の模様を公開した。 同取り組みは、海洋ごみ削減とビジネス創出を目指す「プロジェクト・イッ...
VFRとACSL、用途別産業用ドローン共同開発に向けて協業開始

VFRとACSL、用途別産業用ドローン共同開発に向けて協業開始

VFR株式会社は、株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)と日本国内市場向けの用途別産業用ドローンの機体開発において2020年5月より協業を開始した。同協業を皮切りに、VFRはドローン産業発展のためのエコシステム構築に向けて、その他にも様々なパートナーシップの構築を随時検討し、実施するという。 共同開発に取り組...
センシンロボティクスとACSL、BtoB向けドローンソリューション構築と社会実装に向け連携開始

センシンロボティクスとACSL、BtoB向けドローンソリューション構築と社会実装に向け連携開始

株式会社センシンロボティクスと株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)は、BtoB向けドローンソリューション構築とその社会実装に向け連携を開始した。同業務提携により、エンドユーザーの業務課題に対して、用途別に特化されたドローン機体やソフトウェアシステムを含むソリューションの構築、効果検証の実証実験、そして実オペ...
日本郵便、ドローンを用いた郵便物などの配送試行実施

日本郵便、ドローンを用いた郵便物などの配送試行実施

日本郵便株式会社は、ドローンで郵便物などの配送試行を実施する。試行は3日間で19日本日終了となる。同試行では新たな取り組みとして、中山間地における配達先にドローンが実際の郵便物や荷物を届けるという。 ■概要 運航期間:2020年3月17日(火)~3月19日(木) 飛行区間:奥多摩郵便局配達区内 主 催:日本郵便 実施協...
エアロネクスト、ACSLと「4D GRAVITY」搭載産業用ドローンの新機体開発着手

エアロネクスト、ACSLと「4D GRAVITY」搭載産業用ドローンの新機体開発着手

株式会社エアロネクスト(以下:エアロネクスト)は、株式会社⾃律制御システム研究所(以下:ACSL)と連携の下、重心制御技術「4D GRAVITY」を搭載した新機体の開発に着手した。 エアロネクストが展開する重心制御技術「4D GRAVITY」は、ドローンに荷物等が搭載された際に変化する重心に対応することで、飛行時の安定...
A.L.I.、ACSLと産業用途のドローンパイロット育成プログラムで連携

A.L.I.、ACSLと産業用途のドローンパイロット育成プログラムで連携

株式会社A.L.I.Technologies(以下:A.L.I.)は、各種産業用ソリューション向けドローンの自社開発を手掛ける株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)とドローン操縦領域における育成プログラムについて連携を開始した。 現在日本では、インフラ老朽化と少子高齢化による人手不足などの社会課題を背景に、産...
大事なお金の話:ドローン最新投資トレンド2019

大事なお金の話:ドローン最新投資トレンド2019

昨年末赤外線カメラの製造を専門とするFLIRが2億ドルでUAV開発企業Aeryon Labsを買収し、以前公表された最高出資額1億3400万ドルの記録を塗り替えた。2018年はドローン産業にとって大変な時期ではあったが、今回の一件は今後、安定の期間やより大規模な投資、さらに研究開発の大幅な進展が見込まれることの兆しの一...
自律制御システム研究所、2018年12月21日上場。国内ドローン業界では初。

自律制御システム研究所、2018年12月21日上場。国内ドローン業界では初。

自律型ドローンベンチャーの自律制御システム研究所(以下:ACSL)が2018年12月21日、東証マザーズに上場した。ACSLは、国産ドローン・ベンチャーによる国内ドローン銘柄では初上場となる。公開価格は3400円。初値は、16.8%下回る2830円で ストップ安となった。 ACSLの設立は2013年11月。千葉大学の野...
自律制御システム研究所、二重反転12ローターの流量観測用やビジュアルSLAM搭載の小型ドローンなど新製品を展示 [第4回国際ドローン展]

自律制御システム研究所、二重反転12ローターの流量観測用やビジュアルSLAM搭載の小型ドローンなど新製品を展示 [第...

日本を代表するドローンメーカーの1つがACSL(自律制御システム研究所)。同社では産業用プラットフォーム(ドローン)「PF1」をベースに、建物・インフラ点検用「PF1-Vision」、物流・宅配用「PF1-Delivery」、軽量・測量用「PF1-Survey」など、さまざまな業種・用途向けの機体とソリューションをリリ...
Return Top