DRONE

テラ・ラボ、ロボテスEXPO 2021で車両型地上支援システムと連動したドローン飛行試験初披露

テラ・ラボ、ロボテスEXPO 2021で車両型地上支援システムと連動したドローン飛行試験初披露
飛行試験の様子

公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構が主催するドローンやロボットの実演展示イベント「ロボテスEXPO 2021」が、2021年3月18日と19日の2日間、福島ロボットテストフィールドで開催された。

同イベントは、RTF各施設の実験環境の紹介と参加ロボット関連事業者のPR、ビジネスマッチング創出を目的としたもので、各エリアで様々なドローン・ロボットの最新技術が紹介された。

飛行試験前の様子
飛行試験前の様子
プレゼンテーション準備の様子

株式会社テラ・ラボは、無人航空機エリアにおいて、車両型地上支援システム(中継車)を利用したドローンの飛行試験を初披露した。プレゼンテーションで、松浦代表からドローンの基本スペックや飛行性能、災害時における利活用について説明があった後、車両型地上支援システムの仕組みも紹介した。

車両型地上支援システム

車両は、大容量の発電システムを持ち、衛星通信3回線、携帯電話通信10回線が確保できるほか、ドローンから得た情報を3次元データ化する解析システムを備えている。

また、ドローンから取得した解析データをクラウド上にアップロードさせることで、場所を問わずシステムへのアクセスが可能となる。災害において1秒でも早い情報提供・判断が求められる中、松浦代表は「救助・支援のスピードアップにもつながる」と抱負を語った。

固定翼ドローン(4m)離陸の様子

その後、報道陣と見学者が見守る中、約5分間のフライトを実演。車両型地上支援システムのドローン自動制御機能とも連動し、ドローンから送られる飛行高度、緯度経度の情報がリアルタイムで確認できることも説明した。

今秋に南相馬市復興工業団地内に、整備工場およびデータ解析試験研究施設を新設するテラ・ラボは、自動制御による長時間の飛行試験を進めるとともに、2023年の社会実装に向けて災害情報の解析データの収集・共有の研究を強化していくとしている。

Return Top