DRONE

DJI、農薬散布ドローン「AGRAS T30およびT10」の国内販売開始

DJI、農薬散布ドローン「AGRAS T30およびT10」の国内販売開始

DJI JAPAN株式会社は、10月1日(金)日本国内で農薬散布ドローン「AGRAS T30およびT10」の販売を開始した。 同2機種は、日本の農業従事者からのフィードバックを反映し、安心・安全に、機能性や操作性を高めたという。

それぞれの希望小売価格は、T30本体が約1,700,000円、T10本体が約1,200,000円。 全国のDJI農業ドローン正規販売代理店にて受注・販売中だ。

T30

T30は、同社農業ドローンの新しいデジタル・フラッグシップモデル。 30リットルの液剤タンク、最大40kgの粒剤散布装置容量、16個のノズル、最大9メートルの散布幅※1を備える。 カーボンファイバーによるアーム構造は、折りたたんだ状態で体積を80%まで削減できる。

T30粒剤散布装置3.0

粒剤散布装置の容量は、最大40kg、1分あたり20kg以上、散布幅は最大7.5メートルの吐出を実現。 重量検知センサーにより、リアルタイムの残量確認が可能となっている。 同社デジタル農業ソリューションと併用すると、可変散布が可能になる※5

T30新型果樹散布モード

ノズル変形モードによる気流二相流構造は、果樹や様々な作物に対し、葉裏への付着を可能にした散布モード。 浸透性、耐風性を向上し、ドリフトを抑えた散布もできる。 交換装着に要する時間は約1分と、交換が容易にできる構造となっている。

T10

T10は、8リットルタンクと最大6メートルの散布幅※2を実現。 頑丈で信頼性の高い折りたたみ式トラス構造で、よりコンパクトになり展開も容易だという。

2機種共通

球型全方向レーダーシステム

あらゆる環境と気象条件で周辺地域をとらえる球型レーダーシステムを実装。 障害物回避システムと適応飛行機能も有しており、飛行の安全性に焦点を当てて構築されている。 前後に配したデュアルFPVカメラで、クリアな正面/背面の画像の取得が可能だ。 サーチライトは従来に比べ2倍の明るさを備えている※3

操作性の向上

刷新された送信機は、最大4km離れた場所から安定した画像伝送をサポート。 5.5インチの高輝度スクリーンは、炎天下でも鮮明な視界を保持する。 RTK高精度測位モジュールにより、センチメートルレベルの精密な飛行計画が可能になる。 信号、干渉防止、操作の安定性も、強化されている。

防水性能の追求と継続する保護等級IP67

重要なコンポーネントを3層保護。バッテリーを除いて、T30とT10はIP67規格となる※4

※1:ノズル仕様によって散布幅は異なります。
※2:ノズル仕様によって散布幅は異なります。
※3:夜間飛行の際は、必ず現地の法律および規則に従ってください。
※4:適用される水圧は0.7Mpaを超えないようにしてください。
※5:収集データは、動作環境やパラメーターによって異なります。

Return Top