DRONE

上士幌町で、日本初のドローン宅配・牛の検体配送の実証実験を実施

上士幌町で、日本初のドローン宅配・牛の検体配送の実証実験を実施

イノベーションチャレンジ実行委員会と、 株式会社karch、セイノーホールディングス株式会社、 株式会社エアロネクスト、経済産業省北海道経済産業局は、 10月6日~10日に、北海道・上士幌町の各地で、ドローン配送を取り入れた実証実験を実施した。 その内、ドローン観光商品開発・ドローン宅配の2つの実験が、報道関係者に公開された。 ドローン宅配の実証実験は日本初。

同実証は、本年8月に上士幌町、セイノーHD、株式会社電通、エアロネクストの4者が締結した、「ドローンを含む次世代高度技術の活用による『持続的な未来のまちづくり』に関する包括連携協定」に基づく具体的な活動として行われた。

公開されたのは、以下の2つの実証実験。

1.)ナイタイ高原牧場におけるドローンを活用した観光商品開発デモ飛行(主催:karch)

上士幌町で、日本初のドローン宅配・牛の検体配送の実証実験を実施
グランピングサイトにエアロネクストの最新物流専用ドローンでドリンクや十勝ナイタイ和牛をデリバリー

広さ約1,700haの日本一広い公設牧場・ナイタイ高原牧場内のグランピング特設サイトに、 利用者がオーダーしたドリンクと十勝ナイタイ和牛ステーキを、ふもとからドローンで配送した。

自然とテクノロジーを融合させた体験型観光商品として、将来的に実施を検討している。

2.)個宅への買物代行ドローン配送実証(主催:イノベーションチャレンジ実行委員会)

ドローン宅配された荷物をスタッフから受取る大道さん

町市街地から離れた農村地域居住者への買物支援を想定し、食料品をドローンで個宅へ配送する実証実験を実施した。

配送実験に参加した上音更地区に住む大道さんは、 これまでにも、町がICT活用による地域住民の生活サポートとして実施している「予約制福祉バス」の実証に参加。 町が貸与しているタブレットでバスを予約し、市街地までの足として利用してきた。

今回の実験では、大道さん自身が、地元スーパーの食料品の詰め合わせを注文できるアプリから、「ごはんセット」を注文。 約2分後には自宅前にドローンが着陸し、大道さんの元に届いた。

同実験は、廃校となった小学校に地元スーパーの荷物を一時在庫。 注文された商品を購入者宅の敷地内にドローンで直接配送した。

この実験は、セイノーHDとエアロネクストが開発推進する新スマート物流「SkyHub®※1」の社会実装に向けた実証実験。 ド個宅へのドローン配送は、日本初の試みとなった。

※1:SkyHub®…エアロネクストとセイノーHDが共同で開発し展開する、既存物流とドローン物流を繋ぎこみ、地上と空のインフラが接続されることで、いつでもどこでもモノが届く新スマート物流のしくみ。 ドローン配送が組み込まれた、オープンプラットフォームかつ標準化したしくみで、ドローンデポ®︎を拠点に、SkyHub®アプリをベースにした配達代行、オンデマンド配送、医薬品配送、異なる物流会社の荷物を一括して配送する共同配送などのサービスを提供する。

10月7日~10日には、以下の実証実験も実施予定となっている。

日本初の牛の検体のドローン配送

牛の乳房炎の検体(乳汁)の配送について、温度管理・振動・ドローン配送と陸上輸送との連携・配送後の検査品質評価等の一連を実証する。ドローンを活用した牛の検体の一連配送の実証も、日本初の試みとなる。

実際に11月頃から、荷物を集積し一時保管するドローンデポを市街地に設置し、 地上配送と将来のドローン配送を想定した買物代行サービスから開始予定。 今後実際に上士幌町において実用化を目指す。

Return Top