DRONE

世界の自律型配送車両の市場規模予測、2027年までに247.3億米ドル相当

世界の自律型配送車両の市場規模予測、2027年までに247.3億米ドル相当

MARKETYSERS GLOBAL CONSULTING LLPのグループ会社であるEmergen Researchの分析によると、世界の自律型配送車両市場は2027年までに247.3億米ドルの価値があると予測されている。

技術の進歩とともに高まるより迅速な配達に対する需要は、市場にプラスの影響を与える。電子商取引セクターの台頭と急速に変化する消費者のライフスタイルは、市場の需要を促進するとしている。

自律配送車両は、レストラン&フードチェーンおよび小売部門において重要な新興技術である。都市人口の増加は、大規模な交通渋滞につながる。さらに、環境問題への関心の高まりにより、これらのタイプの車両の必要性が生まれる。

長期間にわたる検疫と封鎖の強制により、自動運転車の商業化は推進されている。そして、消費者はCOVID-19に感染するリスクを下げるために、自律型配送車両を購入する。この状況は、市場におけるテクノロジーの出現を後押しすることになる。

自律型配送車両は、プロセス全体で人間の介入なしに、顧客の玄関先までサービスを提供する。これにより、会社の市場イメージを損なうことなく、規定の時間内にパッケージが配信されることが保証される。インターネットの利用が急増すると、オンラインショッピングの採用が促進され、顧客に提供するためのより効率的で優れた手段が必要になるとしている。

20220303_emergenresearch_01

レポートの主なハイライト

(以下、プレスリリースより引用)

  • 2020年10月、TargetArmとBIBTechは提携して、ドローンを介したドローンフードデリバリープランを開始しました。合意に基づき、Target ArmのTularハードウェアは、BIB Techがさまざまな外食産業にサービスを提供するために、ドローンの回収と移動および静的電気トラックからの打ち上げを提供します。
  • 農業を含むさまざまな業界での商用空中配達ドローンの需要の高まりは、市場成長の主な推進力です。メーカーは、地理情報システム(GIS)、全地球測位システム(GPS)、および自動操縦システムの機能が組み込まれた高度な空中配達ドローンの開発に注力しています。
  • 一部のレストランはドローン配達サービスをテストしましたが、技術はまだ開発段階にあります。宅配のメリットは、レストランのサービスが利用可能なテーブルの数に限定されず、レストランのターゲット顧客が大幅に増加したことを意味します。
  • 北米は最大の市場シェアを占めており、米国でのCOVID-19感染の増加と病気の蔓延を抑える必要性の高まりにより、現在の状況では配達用バンの高い需要が見込まれています。この地域は2019年に47.7%のシェアを持っていました。
  • 主な参加者は、Starship、Amazon、FedEx、Postmates Serve、Nuro、Alphabet Wing、UPS Flight Forward、Aurora、Matternet、Zipline など。
djimini3pro
Return Top