DRONE

DJI、 Matrice 30 発表、大きく変わるDJI Enterprise製品ラインナップ

DJI、 Matrice 30 発表、大きく変わるDJI Enterprise製品ラインナップ

予想を超える新製品とDJI Enterpriseエコシステムの構築

DJI Enterpriseから、3月21日22時に産業機の新製品発表会がアメリカよりグローバルで開催された。大方の予想では、機体新製品の発表のみかと思われたが、DJI Matrice 30の他にもいくつかの大きな発表があった。今回の主な発表内容は以下のとおりだ。

  • 最新技術を盛り込み小型化されたMatrice 30発表
  • 物理ボタンを実装した新設計の送信機DJI RC PLUS発表
  • 運行計画、飛行、データ管理を遠隔で行えるDJI FlightHub2発表
  • 機体の収納、離着陸、充電を自動実行するDJI Dock発表
  • DJI Matrice 300 RTK向けZenmuse H2ON発表
  • 持ち運べる携帯性と進化を遂げた業務用ドローンMatrice 30シリーズ発表

    登壇したのは、USでプロダクトマーケティングを担当しているToby Knisely氏。早速彼は、DJIの歴史を振り返りつつ、産業機のロードマップを紹介し、新製品Matrice 30(以下:M30)の登場を示唆した。

    Matrice 300 RTKをフラッグシップに構成されているDJI産業機にMatrice 30が加わったことになる。470×585×215 mm (プロペラを除く)と小型化された(Inspire2ほどの大きさか?)。

    M30は、M30TとM30の2種類ラインナップされており、カメラ部分に関しては、5〜16倍光学ズームと200倍デジタルズーム対応の48MP 1/2インチCMOSセンサーのズームカメラ、4K/30fps動画撮影に対応した12MP広角カメラが用意されている。

    またM30Tモデルでは、M30モデルのカメラとレーザー距離計に加え、640×512ピクセルの放射分析サーマルカメラが搭載されている。さらなる機体の諸元性能などは明日以降に詳細を紹介したい。今回発表会で気になった部分を取り上げていきたい。

    物理ボタンを実装した新設計の送信機DJI RC PLUS

    高解像度7インチワイド画面を搭載したDJI RC PLUSは大きめの仕上がりになっているが、これまでタッチパネル上での操作に不安があった部分を物理ボタンで解消でき操作性は向上するだろう。また内蔵バッテリー駆動時間は6時間だが、外部バッテリーにも対応しているため不安も少ないだろう。

    機体の収納、離着陸、充電を自動で実行するDJI Dock

    DJI Dockは、M30の自動離着陸や充電ステーション、ドローンのプログラム飛行ミッションを完全に自動で実行することができきる。遠隔からモニタリング・管理できるソリューションとなっている。

    DJI Enterpriseのエコシステム

    これまでの製品ライナップに加え、管理用クラウドベース ソフトウェア「FlightHub 2」と「DJI Dock」、そしてM30の発表によってDJI産業機のエコシステムはさらに強化されたといえるだろう。

    Matrice 300専用のZenmuseH2ON

    プレゼンの最後にOne more thingとして、発表されたのが、Zenmuse H20Nだ。DJI M300 RTKドローン用に設計されたZenmuse H20Nは、スターライトセンサーを搭載したナイトビジョンカメラ、ハイブリッドズーム対応サーマルカメラ、レーザー距離計を併せ持ち、夜間業務に革新的な安定的な作業体験をもたらすといえる。

    DJI Enterprise新製品発表会

    djimini3pro
    Return Top