DRONE

ネクストウェア、ZenmuTech、アイ・ロボティクス、紛失・盗難時にデータを無意味化する「インテグリティ・ドローン」開発

ネクストウェア、ZenmuTech、アイ・ロボティクス、紛失・盗難時にデータを無意味化する「インテグリティ・ドローン」開発

ネクストウェア株式会社、株式会社ZenmuTech、株式会社アイ・ロボティクスは、秘密分散技術を無人航空機(ドローン)や移動型ロボットに搭載する技術「インテグリティ・ドローン」の展開で連携する。3社による技術検証はすでに完了しており、2022年中に国内外の航空機、ドローン、自動運転、防衛装備業界などへの提案を開始する。

インテグリティ・ドローンは、国産の秘密分散技術をマイクロ化し、ドローンや移動型ロボットに搭載する技術。通信が途絶したドローンのデータは瞬時に無効化されるため、仮に悪意ある第三者の手にわたっても機密データの復元を行ったり自律航行プログラムの逆アセンブルを行うことが不可能となる。

今回開発する秘密分散プログラム自体は非常に小さく軽快であるため、ドローンの運用効率が損われることはないという。また、理論上はドローンや自動巡回型ロボット、自動運転車などあらゆる遠隔操作・自律制御型のロボットに搭載が可能だとしている。

近年、産業領域や物流領域において有翼型・マルチコプター型の無人航空機(ドローン)が使用される機会が非常に多くなってきている。特に安全保障の点でもドローンの重要性は増しつつあり、重要施設や機密施設、警察・消防等でもドローンや自律移動型ロボットの利用が進んでいる。

一方で、ドローン・ロボットの機体には自律移動用のプログラムや、飛行経路の情報、撮影したデータ等の機密情報が盛り込まれている。自律移動用のプログラムは各社の技術が詰め込まれたものであり、第三者に逆アセンブルされてしまうことは避けなければならない。飛行経路や撮影データも国家機密やプライバシー情報といった機密情報を多数含んでいる。

自律型のロボットの中でも特にドローンは、空を飛ぶ飛翔体である以上、通信途絶により予期せぬ場所に飛んで行ったり、落下してしまったりする可能性が多いと言える。また、テクノロジーの逆アセンブルを目的とした第三者に意図的に補足される可能性もある。そのような場合には、重大な機密が漏洩してしまう危険性があるばかりではなく、安全保障までもが脅かされる事態にもなりかねない。

20220613_irobotics_01
基本構成とシステム処理概念図

ネクストウェア、ZenmuTech、アイ・ロボティクスは共同して、ドローン・移動型ロボットに秘密分散技術を搭載する技術を検証してきたという。すでに技術検証の第一段階は終了しており、各社が展開するドローン事業への展開を進めつつ、2022年中に国内外の航空機メーカー、ドローン運用事業者、自動運転車業界、防衛装備業界などへの提案を開始する。

秘密分散技術とは

情報セキュリティにおいて、暗号化は、原本に鍵をかけるイメージである。鍵を盗まれたり解かれたりすると原本が漏洩してしまう。秘密分散技術は、データを「それ自体は意味を持たない、いくつかの分散片」に分け、それぞれの分散片を別の環境で管理することで、外部へのデータ流出を防ぐ技術だ。

ZenmuTechの秘密分散「ZENMU-AONT」は、全ての分散片を集めなければ情報が復元できないという特徴がある。そのため、ほんの一部の分散片を物理的に切り離したり破壊することにより、残りの大半の分散片は無意味なデータのままであり、復元することは不可能となる。

今回発表する「インテグリティ・ドローン」技術は、ZENMU-AONTを利用し、ドローンに独自の技術でマイクロ化されたアルゴリズムを搭載し、システム上でリアルタイムにデータを分散化。その分散片を通信でベースステーションに送ったり、想定外の事象が起きた場合には自動消去されたりする仕組みを組み合わせて実現していくのだという。

この技術により、ドローン内に蓄積されたデータやプログラムは「想定された運用状況下にのみ意味を持つ」という設定が可能で、仮に通信途絶や落下といった想定外の状況下となっても「ドローン自身による無意味化」を提供していくとしている。

ドローンに秘密分散技術を搭載するメリット(一例)

  • 工場の点検のために飛行していたドローンが突風に煽られて紛失した。撮影データには知的財産を含むデータが映っている可能性がある。
    →インテグリティ・ドローンなら、通信が切れた瞬間にデータ無意味化
  • キャンプ中に個人で撮影していたドローンがバッテリー切れで戻ってこなくなった。個人のプライバシーが映っている可能性がある。
    →インテグリティ・ドローンなら、通信が切れた瞬間にデータ無意味化
  • 安全保障目的で飛ばしている無人航空機が海洋上に墜落した。第三者に回収された場合には自律飛行プログラミングが逆アセンブルされてしまい安全保障上の懸念に繋がる可能性がある。
    →インテグリティ・ドローンなら、分散片がないと逆アセンブルすることができない
  • 警備を行っているロボットが盗難にあった。中には警備ルートなどの機密情報が含まれている。
    →インテグリティ・ドローンなら、通信が切れた瞬間にデータ無意味化
djimini3pro
Return Top