DRONE

UScellularとEricsson、ドローン接続で提携。高度での5Gネットワーク性能テスト実施

UScellularとEricsson、ドローン接続で提携。高度での5Gネットワーク性能テスト実施

UScellularとEricssonは、ドローン技術を使用した高度での5Gテストを開始した。これらのテストは、USCellularの5Gネットワークを使用した初の試み。さまざまな業界におけるセルラー接続ドローンの将来のユースケースに向けた基礎となるものだとしている。

アメリカ・ウィスコンシン州ベロイトでは、UScellularの商用5Gタワー2基の間を飛行するドローンを使用し、初となる目視試験を実施した。ドローンには5GスマートフォンとRF測定器が搭載され、さまざまな高度で飛行しながら、信号強度や品質、アップロードとダウンロードの速度、遅延などの性能指標を取得できるように設計されているという。

データはローバンド5Gとハイバンド5G、両方の周波数帯を使用して収集された。この初試験は、空中でネットワーク接続と速度データを収集、分析し、地上で体感する速度と比較して、最終的に5G接続ドローンの将来の使用と成功に必要なものについて理解することを目的としていた。

UScellularの技術戦略およびアーキテクチャ担当の副社長、Narothum Saxena氏は次のようにコメントしている。

高度でのワイヤレス接続のテストは、将来の空中のドローンの接続のための舞台となり、リアルタイムでの画像やデータ共有をより簡単、迅速、安全にするとともに、コマンドとコントロール機能を提供できます。私たちのネットワークは、接続性があればドローンが最適な方法で飛行するのに役立つと信じています。Ericssonのサポートにより、私たちはお客様のワイヤレス体験の向上に役立つイノベーションを推進し続けるでしょう。

UScellularや他のワイヤレスプロバイダーのドローン使用例のひとつに、鉄塔に登ることなく点検できることが挙げられる。このような使い方は、他の産業にも応用できるという。農家が納屋やサイロの上部を点検したり、市の職員が給水塔を点検することが可能になる。

このような作業は、現在の5G接続されていないドローンでも可能だが、5G接続により、ドローンはパイロットの目視外のエリアにも到達でき、映像をUScellularのネットワークでライブストリーミングすることが可能になる。つまり、現場での保守・点検作業はより効率的で費用対効果が高くなり、リアルタイムのデータ収集と配信、特に人が行きにくい場所でも正しい映像を確実に撮影できるなどの利点があるという。

Ericsson北米法人のUScellulaアカウント担当で、副社長兼キーアカウントマネージャーのJossie Prochilo氏は次のようにコメントしている。

ドローン技術は、今日の市場に幅広い新しい機会を提供しています。UScellularとのテストは、社会や企業に利益をもたらす先進的なコネクテッドドローンのユースケースに向けた大きな一歩となります。

EricssonコネクテッドドローンテストとEricssonデバイスアナリティクスにより、サービスプロバイダーは実績あるソリューションで前進し、UScellularは5Gネットワーク上でのドローンの商業運用をサポートするコネクテッドドローンテストの業界最先端の機能を提供できるようになります。

Arthur D. Little社が実施した最近の調査によると、無人航空機(特にドローン)の販売台数は世界中で着実に増加しており、今後10年間で全体の市場規模は最大300億米ドル、サービスの金額は今後5年間で500億米ドルに達するとされている。長距離飛行や目視外飛行が可能な商業用ドローンは、複数の産業や消費者に大きなチャンスをもたらすという。5G接続により、必要な医薬品を迅速に届け、厳しい天候の影響を受ける地域への必要な物資の提供が可能になるとしている。

djimini3pro
Return Top