DRONE

JOHNAN、水中ドローン「MOGOOL」、東京久栄製点検用水上スライダー「Hy-CaT」海洋産業技術展に共同出展

JOHNAN、水中ドローン「MOGOOL」、東京久栄製点検用水上スライダー「Hy-CaT」海洋産業技術展に共同出展

JOHNAN株式会社、株式会社東京久栄、ミカサ商事株式会社は、9月14日から16日まで東京ビッグサイトで開催するSUBSEA TECH JAPAN 2022(第4回海洋産業技術展)に出展する。

SUBSEA TECH JAPAN 2022(第4回海洋産業技術展)

  • 日時:9月14日〜16日10:00~17:00
  • 会場:東京ビッグサイト 西ホール ブースST-12
  • 入場料:無料(事前登録および招待状持参)

産業用水中ドローン「MOGOOL(MOGOOL-PRO)」

  • 前後・上下だけでなく横移動も可能。海流や波に強いため、精度の高い観測・測量・作業ができる
  • 給電方式のため、バッテリーが真水・海水に触れることによる焼損・腐食リスクを回避
  • 最大深度1,000m、産業用に適した鮮明なフルハイビジョン映像撮影
  • 豊富なオプション(アーム、グリッパー、ソナー、センサーなど)を用意

点検用水上スライダー「Hy-CaT」

  • 船体は、エアチューブ製のフロートと折りたたみ式のラック部で構成され、宅急便での運搬が可能。本体重量も20㎏を下回るため、1人でも運べる
  • 接水面積を増やし、先端を円錐とすることで揺れに強いカタマラン構造を採用。フレームは、エアチューブフロートに直結して扁平とし、低重心にすることで風の影響を軽減。
  • 桟橋、橋脚下部、カルバート(暗渠)等の構造物内や定置網の近くで安定して使用することを想定し、操縦性を重視。双胴部の左右に配置したスクリューにより、前進・後退、その場での旋回も可能。
JOHNAN、水中ドローン「MOGOOL」、東京久栄製点検用水上スライダー「Hy-CaT」を共同出展
Return Top