DRONE

ElevationSpace、東北大学と5件目の共同研究契約締結。ポストISS時代見据え大気圏再突入技術の獲得へ

ElevationSpace、東北大学と5件目の共同研究契約締結。ポストISS時代見据え大気圏再突入技術の獲得へ

宇宙環境利用プラットフォーム ELS-R

株式会社ElevationSpaceは、宇宙から物資を持ち帰るために必要な大気圏再突入技術獲得・実証のため、東北大学工学研究科槙原研究室(以下:槙原研究室)と小型再突入技術実証衛星の構造設計・解析に関する共同研究契約を締結した。

共同研究の背景と概要

これまで基礎科学的な実験から産業利用まで幅広く利用されてきた国際宇宙ステーション(ISS)は、構造寿命などの関係から2030年末に運用を終了する可能性が高く、宇宙利用を行う場所がなくなると考えられている。ElevationSpaceは、「ポストISS時代」を見据えた日本初の宇宙環境利用プラットフォーム「ELS-R」の提供を目指しているという。

ELS-Rは、無重力環境を生かした実験や材料製造などを、無人の小型衛星で行うことができるサービスだが、実現のためには、打ち上げた物資を地球に持ち帰ってくる「大気圏再突入技術」が欠かせない。

大気圏再突入技術は、人工衛星が軌道を離脱し、大気圏に突入、そして燃え尽きずに大気圏を突破し、その後回収するという通常の人工衛星よりも複雑で難易度の高い技術だ。そのため、国内における大気圏再突入衛星の成功事例はJAXAが行った数件しかなく、世界でもこの技術を持っている企業はわずかだという。

将来的には、衛星を地上で回収した後に繰り返し使うことも視野に入れており、衛星の再利用により劇的なコストダウンを目指すものとしている。

ElevationSpaceでは、槙原研究室と小型再突入技術実証衛星の構造設計と構造解析を共同で実施し、将来の再利用型再突入カプセルの構造設計について研究開発を行う。それにより、大気圏再突入技術獲得に向けた技術実証機の開発を加速させていくとしている。なお、東北大学との共同研究は累計で5件となる。

東北大学工学研究科の槙原幹十朗教授と、ElevationSpaceの小林稜平代表取締役/CEOは、それぞれ次のようにコメントしている。

槙原氏:槙原研究室は、宇宙構造物や航空構造の構造設計について、主に実験に基づく応用力学的アプローチからの研究を行っています。共同研究では槙原研究室の知見を活かして、軌道上での無重力・高真空・高放射線環境での無人実験技術と試料回収技術を実証するために、小型再突入技術実証衛星の構造設計技術の構築を目指します。

また、小型回収カプセル・推進装置・衛星バスシステムで構成される超小型衛星の構造設計解析を実施し、将来の再利用型再突入カプセルの構造設計を構築することを目指します。

小林氏:私たちは、あらゆる産業において宇宙利用の機会を創出することができる宇宙環境利用プラットフォーム「ELS-R」提供を目指し、技術実証機の打ち上げに向けて研究開発を行っています。そのために欠かせない技術である大気圏再突入技術及び衛星の再利用技術について、東北大学の槙原先生と共同研究という形で取り組めることをとても心強く感じています。東北大学発ベンチャーとして、これからも「東北から宇宙へ」挑戦を続けていきます。

Return Top