DRONE

IMAGICA GROUP、8K360度映像で宇宙旅行を疑似体験できるVRコンテンツ制作

IMAGICA GROUP、8K360度映像で宇宙旅行を疑似体験できるVRコンテンツ制作

株式会社IMAGICA GROUPは、グループ会社の株式会社コスモ・スペース、ならびに株式会社IMAGICAエンタテインメントメディアサービスの技術協力により、宇宙エンタメの新たな可能性を実証する試みとして、高精細8K360度の映像で宇宙旅行を疑似体験できるVRコンテンツ「SPACE JOURNEY TO THE EARTH」を制作した。

「SPACE JOURNEY TO THE EARTH」パイロット版とは

近年、宇宙旅行ビジネスは世界的に広がりつつあるとはいえ、高額な費用や搭乗のための厳しいトレーニングなど、宇宙旅行が一般的なものになるまでにはまだまだ多くの時間を要する。同社は、より多くの人々が宇宙旅行の感動に触れられる機会を提供していきたいと考え、VRコンテンツ「SPACE JOURNEY TO THE EARTH」パイロット版の制作に至ったという。

本コンテンツでは、千葉工業大学 惑星探査研究センター(PERC)の協力を得て、同社グループがこれまで培ってきた高精細映像の撮影や編集技術を活かして制作され、スペースバルーンに乗って宇宙空間へ到達するまでをバーチャル体験できる。

地上から飛び立ち、雲を突き抜け、宇宙の入口である成層圏まで到達し、約6分半ワンカットの高精細8K360°映像で「国境線なき、青く、丸い地球」を体感。VRゴーグルを装着することで、子供から高齢者まで誰もが簡単に「バーチャル宇宙空間」へ旅立つことが可能だとしている。

高度約30,000mの成層圏まで8K360°映像撮影に成功

本コンテンツの制作に向け、8K360度撮影が可能なカメラを搭載したスペースバルーンを地上から高度約30,000mの成層圏まで飛ばし、パラシュートで地上まで落下したカメラを回収するまでの約2時間の連続撮影を敢行した。

この撮影は、高解像度の長時間記録という難題だけでなく、気圧や温度変化(約-50℃)対策、風の影響によりカメラが回転することへの対策など、さまざまな実験の積み重ねやカメラ治具の開発を経て成功を収めることができたという。

同社グループは、今後プラネタリウムをはじめさまざまなエンタテインメント施設などへの展開も視野に入れ、さらなる実験および開発を継続するとしている。

Return Top