DRONE

CES2018

Tagged
さよならだけが人生だ。GOPRO ドローン撤退 [CES2018]

さよならだけが人生だ。GOPRO ドローン撤退 [CES2018]

抽選会以外は人がまばらなGoProブース 製品に罪はない…。1月も終わりに近づいてきたが、GoPro社株価の続落に歯止めがかからない。GoProは投資家たちに、ドローン事業に終止符を打ち(アナウンスは、CES2018初日だ!)、20%の雇用(250人)をカットする方針を伝えた。まさにこれがカルマとしか言えない状況だ。2...
CES2018総括:ドローン市場は地上へ水中へ用途拡大。どこで何にどう使うか細分化も進む[CES2018]

CES2018総括:ドローン市場は地上へ水中へ用途拡大。どこで何にどう使うか細分化も進む[CES2018]

ドローンの今を知るにはCESに行くのが最適だ 一時期の熱狂ぶりではないものの、ドローン市場はまだまだ活況でCESでの展示は、150社を超える。技術的にもデザイン的にも新しいものが登場していた。既存のローター式ドローンは飛行システムのレベルがアップし、高性能で機動性が高く誰でも簡単に飛ばせるドローンが当たり前になり、トイ...
ワークホース社、有人オクトコプターSureFlyをCES2018で披露 [CES2018]

ワークホース社、有人オクトコプターSureFlyをCES2018で披露 [CES2018]

ワークホース・グループは、SureFly™ オクトコプター(世界初の個人用電動オクトコプター)を展示した。 CESは私達の三つの新しい最高級品を披露するのに完璧な場だ。テクノロジーに詳しい方々が世界中からCESを見に来くることを知っているので、Sureflyをはじめ、新型のN-Gen低車高電動配送バンやW-15 型電動...
AEE、AEESELFLYを初披露!なぜか合わせてAirSelfie2も。セルフィードローン2機種を展示 [CES2018]

AEE、AEESELFLYを初披露!なぜか合わせてAirSelfie2も。セルフィードローン2機種を展示 [CES2...

昨年、CESでドローン界隈で話題をさらったのが、iPhoneケースに収るAirSelfieが実際に飛行していることだった。 ▶︎あのドローン付iPhoneケースAirSelfieが現実化!日本でも販売か?[CES2017] 今となっては珍しくもないが、まだ一年しか経っていない。鳴り物入りで披露されたAirSelfieも...
DJI、Ronin-S発表!初のDSLR片手用スタビライザ [CES2018]

DJI、Ronin-S発表!初のDSLR片手用スタビライザ [CES2018]

DJIは、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計されたDJI初となる片手持ちスタビライザー「Ronin-S」を2018年第2四半期(7月~9月)に発売する。価格は未定。 DJIの3軸ジンバルテクノロジーにより、滑らかで手ブレのない動画や明瞭な写真の撮影ができるとしている。ジンバルモーターは、キヤノンの5Dシリーズ、パナソニ...
HighGreat、SnapDragon搭載4Kカメラドローンを2機種出展 [CES2018]

HighGreat、SnapDragon搭載4Kカメラドローンを2機種出展 [CES2018]

左がHESPER、右がMARK ドローンで安定した自律飛行を実現するには高性能チップセットは欠かせない。深センのドローンメーカーHighGreatは展示会に先駆けてプレス向けに開催されるプレイベント「Unveiled」で、QualcomのSnapdrafonを搭載した4Kカメラドローン、「HESPER」と「MARK」の...
台湾発、太陽光発電でSolarDroneが空を飛ぶ日。[CES2018]

台湾発、太陽光発電でSolarDroneが空を飛ぶ日。[CES2018]

国立台湾大学(NTU)の研究所SolarDroneは、太陽光発電やドローン技術の専門家を集い、ドローンの飛行継続時間における課題に取り組んだ。その集大成は、CES2018のスタートアップエリア「Eureka Park」で確認することができた。 SolarDroneは、要である太陽電部分の再設計や再プログラム化を繰り返し...
RYZE Robotics、そのベールを脱ぐTello!会場でも大人気 [CES2018]

RYZE Robotics、そのベールを脱ぐTello!会場でも大人気 [CES2018]

CES2018開催前にドローン界隈で話題を集めたのが小型トイドローンTello。しかしながらドローンマーケットゾーンに君臨するDJIブースにはTelloの姿は無し。まさかの誤報か?とはやる気持ちを抑えつつ初日ブースを駆け巡りようやく見つけたTello。DJIとIntelの技術提供を受け、DJIの販路を利用しているために...
まさにDIY!Make A Droneキットはいかが?[CES2018]

まさにDIY!Make A Droneキットはいかが?[CES2018]

ドローンを飛ばす基本技術はオープンソース化されているが、一から自分で自作するのはまだまだ難しい。それならMake A Droneが開発しているDIYキットからはじめてみるのはいいかもしれない。 そのMake A DroneのDIYキットをベースにカスタマイズされたDIYキットがCESで展示されていた。MakeADron...
Leti、世界初3D衝突防止ソリューション搭載ドローンを公開 [CES2018]

Leti、世界初3D衝突防止ソリューション搭載ドローンを公開 [CES2018]

”ぶつからない”というキーワードは、ドローンにとってこれから必須になるだろう。世界トップの国立研究機関にも選ばれているフランスのCEA-Tech(フランス原子力・代替エネルギー庁)の付属機関であるLeti(電子情報技術研究所)は、同研究所が開発した3D衝突防止ソリューションを搭載した世界初のドローン「360Fusion...
空気清浄機能を持つFlying Magic Cleanerのプロトタイプを日本企業が出展 [CES2018]

空気清浄機能を持つFlying Magic Cleanerのプロトタイプを日本企業が出展 [CES2018]

ドローンを飛ばして空気を清浄するというコンセプトアイデアは、かなり以前からいろいろなところから出ていたが、世界で初めて実現させるのは日本企業かもしれない。atarainaという空気にまつわる技術の民生化を進めるプロジェクトで製品化が進められているFlying Magic Cleanerは、毎日数分間室内を飛び回り、PM...
スポーツ用ドローン「Robomart」がスタートアップイベントに登場  [CES2018]

スポーツ用ドローン「Robomart」がスタートアップイベントに登場 [CES2018]

アメリカのスポーツ業界は常に最新のデジタル技術を積極的に取り込もうとすることで知られている。CESの中でもスポーツ分野は重要な位置を占めていて、ユニークで革新的な製品がいろいろ登場している。これも一種のドローンとして見ていただきたい。 テニスでは欠かせない、単調な球拾いをしてくれるTENNIBOTは、自分で周囲に落ちて...
トイ・ドローンならなんでもござれのZEGOが開発力をアピール  [CES2018]

トイ・ドローンならなんでもござれのZEGOが開発力をアピール [CES2018]

CESではオーダーにあわせてドローンの製造を請け負う会社、というのも出展している。香港にオフィスを構えるZEGOはトイ・ドローンは深センに開発拠点を持ち、あらゆるデザインのドローンを開発できるといいきる。 とにかくありとあらゆるタイプのドローンがある。会場では新製品という、XWINGタイプのZ-WINF100(写真右)...
アクションカメラとドローンがトランスフォームするPITTA登場 [CES2018]

アクションカメラとドローンがトランスフォームするPITTA登場 [CES2018]

キックスターターで目標額の5万ドルを大きく上回る70倍以上のファンディングに成功しているEYEDEA,INCのPITTAが実機を展示。丸いハウジングの中にカメラが入っており、三脚やセルフィースティックが取り付けられるようにネジ穴が下部にあるのだが、このハウジングがパカッと2分割されてセルフィードローンにトランスフォーム...
GENEINNO、水中ドローンTITANを発表 [CES 2018]

GENEINNO、水中ドローンTITANを発表 [CES 2018]

2013年からGENEINNO社は水中に関する分野について特化して世積極的に開発を行って来た。AIロボットから水中ドローンまで、GENEINNOはそのファンを常に惹きつけていた。現行ラインナップである水中ドローンカメラ「POSEIDON1」は、多くのスノーケリング愛好家が海中探索をする手助けをしてきた製品である。さらに...
人を乗せて運ぶ人命救助ドローン「THE CROSSBOW」初期プロトタイプを展示 [CES2018]

人を乗せて運ぶ人命救助ドローン「THE CROSSBOW」初期プロトタイプを展示 [CES2018]

MAROON VAULT社 REALUBIT CEO これまでにも”レスキュー・ドローン”を自称するものはたくさんあったが、ほとんどが溺れている人に浮輪を届けたり、救急車両では時間がかかる場所へ医薬品などを届けるというものだった。CESで展示されていたTHE CROSSBOWは、人を乗せて救助することを目的に開発された...
KUDRONE、パワーアップした「KUDRONE V」を発表 [CES2018]

KUDRONE、パワーアップした「KUDRONE V」を発表 [CES2018]

昨年クラウドファンディングの米Indiegogoでの目標金額の5万ドルを瞬時に突破し、最終的には2457%を突破し製品化したKUDRONEがパワーアップした新製品をCES2018で発表した。筐体が少し大きくなり重さも150gと増えたが、機能面でも細かくアップグレードされているとのこと。 左横は、現行のKUDRONE、担...
TT Robotix、サーチ&レスキュー用ドローン「Reveal One」を発表 [CES2018]

TT Robotix、サーチ&レスキュー用ドローン「Reveal One」を発表 [CES2018]

台湾に開発製造拠点を持つRCメーカー、Thunder TigerのドローンブランドTT Robotixが高性能なサーマルカメラとハートビート検出、呼吸数検出機能付きドローンReveal Oneを発表した。 一見ヘリコプターのような外見のReveal Oneだが、テイルローターがなくシングルローターの二重反転プロペラを搭...
Intel、スクワッドドローン飛行完成形、ラスベガス夜の街を華麗に舞う [CES2018]

Intel、スクワッドドローン飛行完成形、ラスベガス夜の街を華麗に舞う [CES2018]

キーノート会場でも披露されたIntelのドローンショーがラスベガスベラージオホテルにある噴水ショーに華を添える。米国時間の1月8日から11日まで開催される(9日は雨で中止)。Intel Shooting Starが250機、噴水と共演して飛行する。その様子は、動画で紹介されているのでご覧いただきたい。まさにエンターテイ...
ドローン業界のUnveiled 「DRONERODEO」開催!〜砂漠の中で開催される事前イベント [CES2018]

ドローン業界のUnveiled 「DRONERODEO」開催!〜砂漠の中で開催される事前イベント [CES2018]

砂漠で開催ドローンレースをもっと楽しんでもらいたい 1月9日よりラスベガスで開催される世界最大のエレクトリックショーCES2018を前にドローン分野でも事前イベントDRONE RODEOが開催された。今年で2回目になるDRONE RODEOは、ラスベガス中心部より車でひた走ること1時間、ドローン専用空港であるAEROD...
AUTEL Robotics、4Kカメラ搭載のEVOを発表!対MAVIC包囲網発動中![CES2018]

AUTEL Robotics、4Kカメラ搭載のEVOを発表!対MAVIC包囲網発動中![CES2018]

昨年のCESでは垂直離着陸(VTOL)のKestrelを発表したAutel Roboticsが今年のCESでは対MAVICとして4K60FPSカメラ、3軸ジンバル搭載のEVOを発表した。2018年中の発売を目指し現在最終的な仕様調整を行なっているということだが、主な機能は以下の通り。 4K60Pカメラ、3軸ジンバル搭載...
PowerVision、4K撮影が可能なインテリジェント水上ドローン「PowerDolphin」を発表 [CES2018]

PowerVision、4K撮影が可能なインテリジェント水上ドローン「PowerDolphin」を発表 [CES20...

水中の次は水上の利活用を考えるPowerVision中国の商業用ドローンの開発・販売を手掛けるパワービジョンは、米国ネバダ州ラスベガスにて開催中の「CES 2018」で新製品「PowerDolphin」を発表した。PowerDolphinは水上ロボットで、水上4K撮影、今までにない釣りの楽しみ、水難救助などで機能を発揮...
DJI、85gのトイドローンTello発表!価格は$99 [CES2018]

DJI、85gのトイドローンTello発表!価格は$99 [CES2018]

DJIが、200g以下の小型ドローンの登場が噂されていたがいよいよトイドローンDJITelloが登場する。厳密にはDJIではなく、Ryze Robotic社が提供する。Zerotech社のDobbyに対抗する商品をいずれローンチすると聞いていたが、これに当たるのかもしれない。重量は85gとParrot社Mamboに近い...
Return Top