DRONE

Vol.22 ドローンパイロットで飯が食えるか?その1 [シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]

Vol.22 ドローンパイロットで飯が食えるか?その1 [シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]

コバヤシの現状

2021年の4月で、独立して個人事業主のドローンパイロットとして1年が経ちました。初めての確定申告も終わり、1年間の売上げが見えてきました。2020年度はコロナの影響もあり、はっきり言って順調ではありませんでした。オリンピック関係の仕事はすべて白紙になり、コマーシャル系の撮影も計画変更や縮小が続きました。

私は現状何で飯を食っているかというと、茶碗と箸という昭和なギャグは置いておいて、ドローン関連の仕事だけで食べております。そもそも生活していける稼ぎのことを「食べていける」と食に置き換えるのは日本独特なのですかね。海外でそういった表現はするのですかね。日本人の食へのこだわりを表している気がします。

話戻しまして、2020年独立したばかりの4月5月は何も仕事がなく、自転車での食べ物の配達か、ジムニーを商用登録して、宅配を受け持とうか、Youtubeで収入を得られないか、オンラインサロンができないかなど、色々模索しました。

6月から色々動き出し、結果として1月から3月は会社員だったとしても、トータルで40代中盤の平均年収ぐらいは稼げたので、何ヶ月か収入がほぼゼロという月があった割には、なんとかなったなという印象です。ちなみに、会社員時代の給料は平均よりチョット下ぐらいです。最後のボーナスも出ませんでしたね。

ドローンで稼ぐ

「ドローンで稼ぐ」ためには、どのような方法があるのかといいますと…

  • ドローン空撮
  • ドローンスクール
  • ドローン点検
  • ドローン測量
  • 農薬散布、調査
  • ドローン製作
  • ドローンレーサー
  • このようなところでしょうか。他にも警備、防災、害獣駆除、動物の生態調査などなどあるとは思いますが、個人で起業して対価を得るには向かないので省きました。色々方法があると思います。ひとつひとつ内容と現状を見ていきましょう。

    ドローン空撮

    ドローンで行う事業の中で一番わかりやすく、一番多い分野だと思います。動画や静止画の委託を受けて撮影して、素材を納品するというものです。私の収入の半分ぐらいは空撮による収入です。機材もMavic2があれば簡単な仕事であれば可能だと思います。

    参入が簡単ということは、メリットでもあり、デメリットでもあります。ドローンという名が一般的ではなかった時代であれば、カメラを付けて飛ばせるだけでお金になりましたが、誰でも飛ばせて撮影できる現状ですと、空撮できる業者はどんどん増えていると思います。ただ飛ばせれば良いかというと、そうでもありません。最低限、カメラの露出、フォーマット、コーデックなどの設定を知らないといけません。また、ある程度の絵心、つまりカメラアングルをどうすればいいかなどのセンスも多少必要です。

    一番難しいのは仕事を得る方法かもしれません。WEBサイトを立ち上げただけではまず問い合わせすら来ないでしょう。私は元々広告制作をしている会社にいたので、そのツテで仕事をいただけますが、これは希少な例だと思います。

    では、全くおすすめできないかといいますと、そうでもなく、既に写真家であったり、動画のカメラマン、機材などを扱っている人ならば、現在のドローンを使いこなすことなど簡単だと思います。

    なので、通常の撮影に加えてドローンという選択肢を増やす方向であれば、とても有効だと思います。今後はドローン空撮専門の事業者は無くなっていくのではないかなと思います。と、いうのもドローンの映像や画像はメインになることが少なく、全体のスパイスみたいな扱いだからです。であれば、お願いする側もドローンだけではなく、通常の撮影もできる方が頼みやすいですよね。

    もうひとつ可能性があるとすれば、フォトストックでしょうか。これは請け負うのではなく、事前に素材を撮っておき、それを売る方法です。有名所でいえばアマナイメージズやゲッティなどです。ただ、売れる素材を制作する必要もあり、これはこれでハードルが高いですね。

    ドローンスクール

    ドローンスクールは講師になるというのと、スクールを立ち上げてしまうという手があると思います。ただ、これも国土交通省の発表している「航空局ホームページに掲載されている講習団体(無人航空機の講習団体及び管理団体一覧)」を見ていただければわかりますが、2021年5月現在1040団体が掲載されています。

    この中で実際に事業として成り立っている団体がどれほどあるのでしょうか。まずは講師を募集している団体を探す必要があります。上記のリストに連絡先が載っているので片っ端から連絡してみても良いですが、基本的に流行っている団体以外は募集していないでしょう。もしくは、これから立ち上げようとしている団体があれば、講師を必要としている可能性があると思います。

    そして、講師になるにはある程度の実務経験がないと難しいでしょう。なんでもそうですが、教えてもらおうと思う相手がよっぽどの天才でもなければ、始めたばかりの人に習おうとは思わないですよね。以前の記事にドローンスクールについて書きましたが、教科書に載っていない実務経験から得たノウハウというのも重要です。

    また、実務経験もあり、操縦技能もあっても、人に教えるというのはまた別の能力です。私も家庭教師やPCスクールの講師など、教えるということを経験してきましたが、ドローンの操縦を教えるというのはなかなか難しく、未だに試行錯誤を繰り返しながら、生徒さんと接しています。また、新たな発見もあります。 今後、ドローン操縦は国家資格化されます。それに伴い、講師資格も国家資格化されるはずです。スクールの運営も明確化されますし、講師資格を持っていれば職を得ることも楽になるのではないかと思います。 ただ、まだ正確な情報がないので、今後の情報収集が重要になります。

    食べていくのは難しい!?

    今回は、私がメインにしている収入源の空撮とドローンスクールの講師を取り上げました。 この2つとも、元々会社員時代からのつながりがあったため可能だったに過ぎません。これらがなく、ゼロからのスタートはなかなか厳しいものがあります。次回はその他について取り上げていきたいと思います。

    Return Top