DRONE

DJI、初めての旗艦ショップが、12月20日深センにオープン

DJI、初めての旗艦ショップが、12月20日深センにオープン

All Photo courtesy of DJI

先日お伝えした通り、DJIの初めての旗艦ショップが、12月20日深センにオープンした。 800平方メートルの店舗はDJIのプロダクトの販売だけではなく、実際に触れて、体験できるタイプのショールームとなっている。

DJISOP01

DJI旗艦ショップでの体験は、DJIの最先端の技術を感じ、未来を垣間見れる重要なタッチポイントとなるでしょう。最新のプロ向け航空写真画像技術を学ぶことに興味がある場合や、 空撮のアイデアのヒントを探しているなら、この旗艦ショップが、DJIブランドを体験することを通して提供することができます。さらに重要なのは、お客様と実際に対面することによって、DJIがお客様に直接サービスできることです。

DJI創設者兼最高経営責任者(CEO)Frank Wangはコメントした。

DJISOP03

今回のこの旗艦ショップのコンセプトは、中国語で「圓(円、循環を意味)」動きのある円形状をモチーフにしている。それはDJIのドローンプロペラも然り、商品の展示にも生かされている。お店の中央に円柱状のインタラクティブのマップを操作することで世界中で空撮された写真やビデオコンテンツを楽しむことができる「SkyPixelで世界一周」など。このコンセプトで店内も統一されている。

店内は、DJIのPhantom 3シリーズ、Inspire1をはじめとして、MATRICE 100やRONIN、そして4K手持ちスタビライザーカメラOSMOなどDJI社製品の全てがラインナップされている。もちろんフラッフシップ店にはDJIの製品を試したり購入する他にも、以下のようなコーナーが設けられている。

  • シアター:DJIのUAVで空撮されたコンテンツを視聴可能な専用シアター。没入感のあるビジュアル体験
  • SkyPixel:SkyPixelの撮影された写真やビデオコンテンツをインタラクティブに楽しむことが可能
  • フライトエリア:DJIパイロットがデモを実演
  • ラウンジエリア:休憩しつつ、DJIスタッフと会話も可能で、最新製品について学ぶことができる
  • 修理カウンター:持ち込み修理を行うこともできる。そのためにサポート専門チームも待機
  • ショップの営業時間は、年中無休10:00〜22:00 、金土のみ22:30まで。深圳に訪問する機会のある人はぜひ立ち寄ってみてはどうだろうか?

    ▶︎DJI
    djimini3pro
    Return Top