DRONE

BoeingとSparkCognitionが提携。AI(人口知能)とブロックチェーンをUTM(無人航空交通管理)に応用

BoeingとSparkCognitionが提携。AI(人口知能)とブロックチェーンをUTM(無人航空交通管理)に応用

ボーイングは、AI(人工知能)テクノロジー分野のリーダー企業であるSparkCognitionと提携し、無人航空交通管理ソリューションの提供を目指していることを発表した。

ボーイングとSparkCognitionは、AIテクノロジーとブロックチェーンテクノロジーを使って飛行中のドローンを追跡、交通ルートをそれぞれに割り当てることで安心・安全な運送を実現するとしている。さらに荷物配送や産業検査、その他の商用アプリケーションをサポートする標準化したプログラミングインターフェースの提供などを掲げている。Boeing HorizonX Venturesは以前、SparkCognitionに投資しており、データテクノロジーの安全性や信頼性を確保するためのデータ解析プラットフォーム開発を支援している。

SparkCognitionの創設者であり、CEO(最高経営責任者)でもある、Amir Husain氏は次のようにコメントした。

Husain氏:都市部での航空モビリティというこの大きなチャンスは、いまだかつてないような巨大市場の創出に繋がるでしょう。3兆ドルもの経済効果が見込めると主張するアナリストもいます。

航空産業一のリーダー企業と、世界で最もイノベイティブな産業AI企業が力を合わせたことによって、この史上稀にみる大きな機会を活かすことができ、安全性やイノベーション、スケール、信頼性といった面で並ぶもののない体験がもたらされます。

ボーイングはUTMと次世代の航空旅行を推進し交通エコシステムの発展を実現するため、新機関Boeing NeXtの立ち上げを行うとしている。この機関は、ボーイングの無人航空や先進的推進といった分野におけるリサーチ、開発活動、投資を活用する予定だ。また、将来の交通事情の変化を見越した上で、スマートな都市モデリングや新たな市場機会の開拓にも焦点を当てている。

ボーイングのGreg Hyslop CTO(最高技術責任者)は次のように語る。

Hyslop氏:我々の生きるこの時代では、テクノロジーの進歩、社会のトレンドなどによって大胆な問題解決や今までとは違った交通手段などが必要とされています。

弊社は、新たなスタイルの旅行や交通が可能となる世界を、安全で効率的なものにするための十分な経験と専門性を有しています。Boeing NeXtは、今まで未知を開拓してきたボーイングの経験を活かしつつ、実績のあるテクノロジーを駆使して人や物の運送に関わっていきます

人や製品が世界中をどう移動するかを再認識するため、ボーイングはAIやハイブリッド推進、全電気推進といった現在ホットな分野のテクノロジー開発に携わっている。これらの技術は安全で効率性の高い飛行を可能にする。そして新たに公開された映像では、上で述べたようなテクノロジーとデジタルシステムが調和することで、無人機と有人機の共存をどう実現していくかが説明されている。

Boeing HorizonXの副社長であり、将来Boeing NeXtの代表を務める予定のSteve Nordlund氏はこのように語る。

Nordlund氏:ボーイングの強みはテクノロジーイノベーションです。これを新たなビジネスモデルやこれまでにないようなパートナーシップと組み合わせ、総合的なアプローチを図ることで、我々は将来の交通モビリティエコシステム創設の基盤を形作っているのです。

世界中の空で航空機が安全に稼働できるようにするため、物理インフラ及びにコネクティビティインフラの創造に努めています。

Boeing NeXtが提供するラインナップには、つい最近公開された極超音速輸送機の他に、電動垂直離着陸(eVTOL)可能な機体が含まれている。これらはオンデマンド式の荷物輸送、そして未来のモビリティエコシステム内での都市空中飛行を現実のものにする。

受賞歴のある機械学習テクノロジー、複数の海外拠点、そして防衛やモノの産業インターネット、財務に関わる専門チームの助力を得て、SparkCognitionは社会で最も注目度の高い分野の進歩を促すAIシステム開発を行っている。そしてその顧客も複雑なデータの分析、決断力の向上、人間と産業の生産性の変革といった面で貢献している。

Return Top