DRONE

AI

Tagged
ソフトバンクと双葉電子、LTEとセンチメートル級高精度測位対応の産業向けドローン共同開発

ソフトバンクと双葉電子、LTEとセンチメートル級高精度測位対応の産業向けドローン共同開発

ソフトバンク株式会社と双葉電子工業株式会社(以下:双葉電子)は、橋梁や鉄塔、建設現場などでの点検をはじめ、測量や災害支援などに活用できる産業向けドローンの共同開発を2020年9月から開始し、機体のプロトタイプを製作したことを発表した。 同ドローンは、双葉電子の産業用ドローンをベースに、LTE対応の通信モジュールを搭載し...
SkyLink JapanとACSL、太陽光パネル点検のドローン・ワンストップソリューション提供開始

SkyLink JapanとACSL、太陽光パネル点検のドローン・ワンストップソリューション提供開始

太陽光パネル点検に使用する小型ドローンMini SkyLink Japanは、株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)と協業し、ドローンによる太陽光パネル点検の撮影から、AIによる画像診断までワンストップで実施できるソリューションの提供を開始する。 太陽光パネルは屋外にあるため、経年劣化やホコリや落ち葉等の様々...
クボタ、NVIDIAのエンドツーエンドAIプラットフォームを活用し農業スマート化を加速

クボタ、NVIDIAのエンドツーエンドAIプラットフォームを活用し農業スマート化を加速

クボタコンセプトトラクタ(画像提供:株式会社クボタ) NVIDIAは、株式会社クボタがNVIDIAのエンドツーエンドAIプラットフォームを採用し、農業機械のスマート化を加速させるために協業することを発表した。 クボタは、国内農機メーカーに先駆けてスマート農業の本格的な研究を開始しており、「農機の自動化・無人化による超省...
INDETAILと宇野牧場、酪農における乳牛放牧をドローンとAIで行う「スマート酪農」実証実験を実施

INDETAILと宇野牧場、酪農における乳牛放牧をドローンとAIで行う「スマート酪農」実証実験を実施

株式会社INDETAILと株式会社宇野牧場は、酪農における乳牛の放牧をドローンとAIで行う「スマート酪農」の実証実験を実施する。なお、同実証実験を行うにあたり、両社は2020年5月20日付けで共同研究契約を締結した。 北海道天塩町で酪農を営む宇野牧場は、創業以来20年以上にわたり放牧での生乳づくりにこだわっている。しか...
ブルーイノベーションとレスター、現場業務リモート化ソリューション共同プロジェクト「SccS」スタート

ブルーイノベーションとレスター、現場業務リモート化ソリューション共同プロジェクト「SccS」スタート

図(1)自動運転ロボット(ドローン、AGV、ロボット等)を活用したIoTソリューション提供体制 ブルーイノベーション株式会社と株式会社レスターホールディングスの子会社である株式会社レスターエレクトロニクス(以下:レスター)は、物流業務省力化・在庫管理、プラント・工場内点検、AI・画像認識検査等のトータルソリューションを...
DRONE FUND、ドローンとAIによる海ごみ検知システム開発進捗とデモ飛行公開

DRONE FUND、ドローンとAIによる海ごみ検知システム開発進捗とデモ飛行公開

DRONE FUND(以下:ドローンファンド)は、2019年より参画している海ごみ削減共同研究プロジェクト「Debris Watchers」の構成メンバーとして、ドローンとAIを活用した海岸漂着ごみの検知システムの開発進捗とデモ飛行の模様を公開した。 同取り組みは、海洋ごみ削減とビジネス創出を目指す「プロジェクト・イッ...
NTTドコモ・ベンチャーズ、自律飛行型ドローンを開発・販売するSkydioに出資

NTTドコモ・ベンチャーズ、自律飛行型ドローンを開発・販売するSkydioに出資

Skydioのドローン「Skydio 2」 株式会社NTTドコモ・ベンチャーズは、同社が運用するファンドを通じて、自律飛行型ドローンを開発・販売するSkydio,Inc(以下:Skydio)に出資を行った。 ドローンは、コンシューマ向けの普及に加え、近年では法人向けにおいても点検・農業・空撮および物流などの分野で利用さ...
ALSOK、日本初AI完全自律飛行ドローン警備システム屋内実証実施

ALSOK、日本初AI完全自律飛行ドローン警備システム屋内実証実施

採用されたドローンは、Skydioのもの ALSOKと東武タワースカイツリー株式会社、東武タウンソラマチ株式会社は、東京スカイツリータウン内にて日本初のAI搭載の完全自律飛行ドローンを活用した警備システムの実証実験を実施した。 ■実証概要 実証実験エリア(左)東京スカイツリー 天望デッキ(右)東京ソラマチ ソラマチ商店...
東芝研究開発センター、世界最高精度で自動車やドローンなどの動きを予測するAIを開発

東芝研究開発センター、世界最高精度で自動車やドローンなどの動きを予測するAIを開発

株式会社東芝 研究開発センターは、自動車やドローンなどの安全性向上や自動走行・自律移動の実現に向けて、車載カメラと動きを検知する慣性センサ(加速度センサ、角速度センサ)を用いて、自車両の動きを高精度に推定する「自車両の動き推定AI」と、様々な交通シーンで周辺車両の将来の動きを予測する「他車両の動き予測AI」を開発した。...
Draganfly社、地雷探知用のドローンベースAIソリューション開発発表

Draganfly社、地雷探知用のドローンベースAIソリューション開発発表

Draganfly社は、Windfall Geotek社と基本合意書を取り交わしたことを発表した。この基本合意書は、防衛、人道支援、および専門企業が地雷探知用のAI駆動型無人航空システムを開発することを支援するという内容だ。 Windfall Geotek社は2005年に設立され、AIおよび高度な知識抽出技術利用におけ...
ドローンとAI 2.0:ドローンデータ分析から見る産業への実用展開

ドローンとAI 2.0:ドローンデータ分析から見る産業への実用展開

前回の記事では、ドローンと人工知能(AI)の関連性を紹介するため、ドローンのインテリジェントデータ処理の原理を説明した。 ドローン業界におけるAIの最重要目標の1つは、ドローンが収集した広範なデータセットを効率的に利用することだ。これは、データセットに人の手を介さず自動でアクセスできることを意味する。ドローン技術の開発...
ドローンとAIについての考察[DRONEII]

ドローンとAIについての考察[DRONEII]

提携先のDroneiiがドローンとAIについての考察を発表した。「実用性の高いデータ」、これはおそらくドローン産業においてパワフルで有用なドローンの次に大きな原動力だ。ドローンは大量のデータを収集するものであり、それは我々の手に負えない量であることが多い。ドローンは、データを素早く解析でき、なおかつそのプロセスに余分な...
BoeingとSparkCognitionが提携。AI(人口知能)とブロックチェーンをUTM(無人航空交通管理)に応用

BoeingとSparkCognitionが提携。AI(人口知能)とブロックチェーンをUTM(無人航空交通管理)に応...

ボーイングは、AI(人工知能)テクノロジー分野のリーダー企業であるSparkCognitionと提携し、無人航空交通管理ソリューションの提供を目指していることを発表した。 ボーイングとSparkCognitionは、AIテクノロジーとブロックチェーンテクノロジーを使って飛行中のドローンを追跡、交通ルートをそれぞれに割り...
Return Top