DRONE

水中ドローン専門サイト「ROVファン」がWebショップ開設。水中ドローンの専門スクールも展開

水中ドローン専門サイト「ROVファン」がWebショップ開設。水中ドローンの専門スクールも展開

水中ドローン専門サイト「ROVファン」がWebショップを2019年7月に開設した。企業の水中ドローン導入や運用のサポートを行うほか、9月には水中ドローンの専門スクールも展開するという。

同社は、2016年からアメリカのBlue Robotics社のBlueROV2という機体をメインに水中調査をしてきた。2018年からは販売代理店として機体の販売から修理、定期メンテナンスを行っている。

2019年7月にBlueROV2を専門に扱うwebショップのベータ版を立ち上げ、8月に正式版をリリース予定。同Webショップでは、すでにBlueROV2を運用しているユーザーに部品の提供ができるようになり、修理などもWebから受け付け可能になる。

同社は水中調査として以下の例を挙げている。

  • へい死魚確認など「養殖場」の確認
  • 定置網損傷具合の点検と確認
  • 漁礁ブロックの設置
  • 台風被害後の水質調査
  • 海、川、湖の生物生息状況を確認
  • 各種測定器による定期的な水質確認

    ■建築・土木

  • ダムや橋などの水中部分にある構造物の様子を確認
  • 昔の配管の図面はあるが、今どのような状況にあるか調べたい
  • 未確認の水中遺跡調査

    ■その他

  • 水辺付近で行方不明者を捜索
  • プールの水を抜かないまま点検

今後同社は、水中分野を事業に取り入れる企業や水中ドローンの導入を検討しているユーザーに向けて、専用機のカスタマイズから運用の講習までトータルでサポートするという。今後の予定は以下の通り。

7月 水中ドローンwebショップベータ版公開
8月 正式オープン
9月 水中ドローン(BlueROV2)の運用、メンテナンスを含んだ専門のスクールを開校
9月 水中ドローン(BlueROV2)のレンタル開始
djimini3pro
Return Top