DRONE

世界初、相対速度100km/hでの無人航空機の衝突回避試験を実施

世界初、相対速度100km/hでの無人航空機の衝突回避試験を実施

NEDO、株式会社SUBARU、日本無線株式会社、日本アビオニクス株式会社、三菱電機株式会社、株式会社自律制御システム研究所は、福島県、南相馬市、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構の協力のもと、2019年7月24日から25日に、広域飛行空域(福島県南相馬市)で、相対速度100km/hでの中型の無人航空機の自律的な衝突回避試験を世界で初めての実施となった。

2017年11月22日にNEDOと福島県が締結したロボット・ドローンの実証等に関する協力協定に基づく取り組みの一環として、同試験は行われた。

■目的

有人ヘリコプターが接近する状況において、無人航空機に搭載した衝突回避システムが設計通りに機能し、自律的に衝突回避することを確認する。

■方法

  • 中型の無人航空機と有人ヘリコプターを、相対速度100km/h(無人航空機:40km/h程度、有人ヘリコプター:60km/h程度)で接近させる。
  • 中型の無人航空機に搭載した各種センサーからの探知・識別データに基づき、衝突を回避する経路が生成され、この回避経路に沿って無人航空機が飛行することを確認する。
  • 有人ヘリコプターを回避した後、元の飛行経路に復帰することを確認する。

■結果

  • 衝突回避用センサーにより有人ヘリコプターを適切に探知・識別することを確認した。
  • 探知・識別したデータを元に、自動的に衝突判定を行い、衝突回避経路が生成されることを確認した。
  • 生成した衝突回避経路を飛行し、自律的に衝突回避できることを確認した。
  • 衝突回避後、事前に設定した飛行経路に復帰することを確認した。

同試験の結果を踏まえ、2019年度下期には、離島を模擬した実環境において自律的に衝突を回避する無人航空機の飛行試験を行う予定。

Return Top