DRONE

NEDO

Tagged
NEDO

NEDO、レベル4に向けた"ベースとなる技術"を総合的に展示 [Japan Drone 2021...

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下:NEDO)は、衝突回避システム、衝突回避に用いる準天頂システムに対応した受信機やアンテナの研究開発、運航管理システム、運航管理に必要な気象情報提供機能に関する研究開発など、ドローンを活用してサービスを行うために必要な"ベースとなる技術"の開...
空飛ぶ車予算

経産省、2021年度「空飛ぶクルマ」研究予算総額40億円へ

経済産業省の令和3年度(2021年度)予算案で、「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に約40億円が充てられている。2020年度に続いての同じ名目での予算計上だが、2021年度から新たにある内容が追加されている。 それが「空飛ぶクルマ」に関するものだ。経済産業省は空飛ぶクルマに関して、離着陸...
KDDIとパーソルP&T、ドローン目視外飛行(レベル4)実現を目指す運航管理機能開発などの先行実証実施

KDDIとパーソルP&T、ドローン目視外飛行(レベル4)実現を目指す運航管理機能開発などの先行実証実施

同事業の全体イメージ KDDI株式会社とパーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下:NEDO)が推進するプロジェクト「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」における「無人航空機の運航管理システムおよび衝突回避技術の開発/地域特性・拡張性を...
NEDO、「革新的ロボット研究開発基盤構築事業」開始

NEDO、「革新的ロボット研究開発基盤構築事業」開始

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下:NEDO)は、多品種少量生産現場をはじめとする、ロボット導入があまり進んでいない領域にも対応可能な産業用ロボット実現に向け、「革新的ロボット研究開発基盤構築事業」を開始した。 産業用ロボットは、日本経済をけん引する自動車産業やエレクトロニクス産業で数多く導入され...
NEDOと経済産業省、第三者上空飛行「無人航空機性能評価手順書」公表〜 レベル4解禁に向けて

NEDOと経済産業省、第三者上空飛行「無人航空機性能評価手順書」公表〜 レベル4解禁に向けて

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下:NEDO)と経済産業省は、ドローンなどの無人航空機による第三者上空での目視外飛行の実現に向け、「無人航空機性能評価手順書」を公表した。2022年のレベル4解禁に向けたドローンの性能基準が設定されたことになる。 同手順書は、無人航空機が目視外・第三者上空飛行を行う...
Xacti、「安全安心なドローン基盤技術開発」事業に参画

Xacti、「安全安心なドローン基盤技術開発」事業に参画

日本アジアグループ株式会社傘下の株式会社ザクティ(以下:Xacti)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が公募する「安全安心なドローン基盤技術開発」事業に2020年4月27日付で、「実施予定先企業」として採択された。 同事業は、委託事業として、日本国政府からの調達を想定した高い飛行性能・操縦性、セキュ...
エンルート、公的資金の不適切な受給が判明

エンルート、公的資金の不適切な受給が判明

スカパーの子会社である株式会社エンルートは、国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)からの助成事業案件・委託事業案件のうちの一部の案件について、助成金・委託費の一部を不適切に受給していた事実等が判明。 業務遂行におけるコンプライアンスの順守を徹底し、疑念を抱かれることのないよう適正な業務の遂行に努め...
NEDO、自動走行用HDマップ整備のための効率化・低コスト化支援ツール開発着手

NEDO、自動走行用HDマップ整備のための効率化・低コスト化支援ツール開発着手

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下:NEDO)の「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」で、ダイナミックマップ基盤株式会社は、自動走行用高精度3次元地図(HDマップ)整備の効率化・低コスト化の支援ツールの開発に着手する。 同事業では、安全...
NEDO、東京臨海部における自動運転の実証実験開始

NEDO、東京臨海部における自動運転の実証実験開始

NEDOが管理法人を務め内閣府が実施する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「自動運転(システムとサービスの拡張)」は、安全で快適な自動運転社会の実現を目指し、東京臨海部において一般道の交通インフラからの信号情報や高速道路の合流支援情報などを活用したインフラ協調型の自動運転の実証実験を、国内外の自動車メー...
NEDO、同一空域・複数事業者のドローン運航管理システムとの相互接続試験の環境構築

NEDO、同一空域・複数事業者のドローン運航管理システムとの相互接続試験の環境構築

福島ロボットテストフィールドの総合管制室と運航管理統合機能サーバー 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下:NEDO)は、ドローンの運航管理システムの開発プロジェクトを推進しており、NEDO、日本電気(株)、(株)NTTデータ、(株)日立製作所は、福島県、南相馬市、(公財)福島イノベーション・コースト...
世界初、相対速度100km/hでの無人航空機の衝突回避試験を実施

世界初、相対速度100km/hでの無人航空機の衝突回避試験を実施

NEDO、株式会社SUBARU、日本無線株式会社、日本アビオニクス株式会社、三菱電機株式会社、株式会社自律制御システム研究所は、福島県、南相馬市、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構の協力のもと、2019年7月24日から25日に、広域飛行空域(福島県南相馬市)で、相対速度100km/hでの中型の無人航空...
福島ロボットテストフィールドに相互接続試験の環境を整備、同一空域・複数ドローン事業者のための運航管理システムのAPI仕様書を公開

福島ロボットテストフィールドに相互接続試験の環境を整備、同一空域・複数ドローン事業者のための運航管理システムのAPI...

南相馬市復興工業団地内の「福島ロボットテストフィールド」における、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システム相互接続試験の環境整備に向けて、運航管理システムのAPIの仕様書が2019年6月28日に公開された。 同仕様書は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下:NEDO)、日...
KDDI、他4社、世界初、4G LTEで自律飛行する複数ドローンを活用した広域警備に成功

KDDI、他4社、世界初、4G LTEで自律飛行する複数ドローンを活用した広域警備に成功

プロドローン社製のドローン4機で実証実験 NEDO、KDDI、テラドローン、セコムは、世界で初めて、第4世代の高速通信規格(4G LTE)のモバイル通信ネットワークを活用した自律飛行する複数のドローンの警備実証実験を実施し、広域施設における遠隔巡回警備に成功した。本実証実験では、KDDIが構築したドローン専用基盤「スマ...
3周年を迎えたJUIDAが経産省・国交省のゲストを迎えてセミナーを開催

3周年を迎えたJUIDAが経産省・国交省のゲストを迎えてセミナーを開催

3年間でJUIDA認定スクールは100校に迫る発展 JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)は、2017年7月で発足3周年を迎えた。これを記念して7月10日(月)に、東京都中央区にあるコングレスクエア日本橋で「JUIDA創立3周年記念セミナー」を開催。ゲストスピーカーとしてドローンを所管する経済産業省と国土交...
エアロセンス、GPSマーカーとドローンを連携させた測量パッケージシステム「エアロボ測量2.0」を発表

エアロセンス、GPSマーカーとドローンを連携させた測量パッケージシステム「エアロボ測量2.0」を発表

エアロセンス株式会社は、NEDO事業の成果を活用して、建設現場での測量工数とデータ後処理工数の削減を目指し、GPS付き対空標識「エアロボマーカー(AEROBOマーカー)」を開発した。さらにエアロボマーカーとドローンによる測量、クラウドデータ処理を統合したパッケージシステム「エアロボ測量2.0」を開発し、2017年7月よ...
Return Top