DRONE

A.L.I.、170gのレーシングドローン2020年1月に予約販売開始

A.L.I.、170gのレーシングドローン2020年1月に予約販売開始

A.L.I. Technologiesは、「JAA-TWIG Ver 1.0 Lightning」の販売開始する。このドローンは、機体総重量が200g未満と航空法の規制対象外でありながら、本格的なレースやスポーツ空撮対応可能なスペックのドローンとなる。

東京モーターショーで行われた国際航空連盟(FAI)が日本での実施を初公認ドローンレース「Drone Tokyo 2019 Racing & Conference」で決勝進出4名中3名を独占、世界選手権日本代表チーム総括など、国内外のレースにて功績を残しつづけるレーシングチーム「JAPRADAR(ジャップレーダー)」とA.L.I.が産業社会へのドローンテクノロジー実装を目指し、ドローンに関する競技普及を目的に開発。

身体の垣根を超えた新たなX-Sportsを通じて、テクノロジーのさらなる向上を促進させることによって、高齢化社会、労働人口不足課題に対し、心身の育成と身体の枠を越える新たな職種普及を目指すという。現状で公開されている情報は以下の通り、2020年1月の情報公開を待とう。

仕様

合計重量170g / 乾燥重量117.23g / オリジナルLEDボード / FPV / HDD or 4Kカメラ搭載可能 / プロペラガード搭載可能 / 技適

納品は2020年3月下旬を予定

参考上代価格(本体):29,800円(税抜)

販売サイト:2020年1月公開予定

Return Top