DRONE

F1レースの未来は、空飛ぶF1レースなのか?Airspeederが描く未来のレース

F1レースの未来は、空飛ぶF1レースなのか?Airspeederが描く未来のレース

次世代F1レースに変わり、電気自動車レースのフォーミュラEシリーズが構想されたのは2011年。それから10年近くが経ち、自動車は、EV車の量産化への道を歩もうとしている。eVTOL初のモータースポーツプログラムであるAirspeederは、3月に7桁の資金調達したことを発表した。創設者たちは、この潮流を加速させることができると考えている。

同社は、オーストラリアを代表するテクノロジーベンチャーキャピタルのSaltwater CapitalとJelix Venturesの2社から資金を調達したと発表した。このシリーズの背後にあるテクノロジー企業であるアラウダは、南オーストラリア州アデレードに本社を置く。他の投資家には、金融会社のEQUALSやドイツの物流会社DHLなどが名を連ねている。

エアスピード社は2020年にカリフォルニア州のモハーベ砂漠で有人テストを実施する予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が邪魔をした。テストは現在、アラウダの本拠地に近い南オーストラリアにシフトすることになっている。Airspeederの自律型プロトタイプは昨年、イギリスのグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでデビューした。無人テストは現在進行中だ。

Airspeederの車重は約250kgで、レース中に交換可能なバッテリーパックを使用し、約15分間の飛行が可能だ。4つの32馬力の電気モーターは、時速約200kmの最高速度になる。 機体は、地面から約5〜40mの間で飛行する。

2020モデルMK4

AlaudaとAirspeederシリーズの創始者であるマット・ピアソン氏は、次のように述べている。

経済的には、eVTOL(電動垂直離着陸機)マーケットのセクターは、2040年までに1兆3700億ユーロ(1.5兆ドル)の価値を持つ可能性を秘めています。この分野は、航空、テクノロジー、自動車業界の大物企業によって支えられています。

これらの企業は、成長期と不況期の経済サイクルの両方にまたがる技術を開発しています。私たちは、これらの技術の開発を加速させる役割に引き続き注力しています。 Airspeederのようなレースシリーズは、見ていてスリルがあるでしょう。実は、空飛ぶ車のロードマップを一般の人々に伝えるための大きな機会にもあるでしょうね。

空飛ぶF1レースは、いつ実現するのだろうか?

都市型エアモビリティには、バーティポートに関する規制、空域の管理、信頼性の高いサプライチェーンの開発など、克服すべき大きな障害がある。

配送車両とエアタクシーの両方のための業界全体が台頭してきています。しかしビジネスチャンス間に合わせるには、空飛ぶ車の存在や、安全性や騒音に関する疑問に、一般の人々が納得するソリューションが必要となるだろう。一般の人々が理解できるロードマップが必要なことはいうまでもない。それが、本当にエキサイティングなプロジェクトから、規模の大きい実用的な運用に至るまでの道筋といえるだろう。Airspeederがその一歩を踏み出していることは間違いない。

Return Top