DRONE

UAM

Tagged
Dream On

Dream On、三菱電機と空飛ぶクルマ仮想体験コンテンツ共同制作

有志団体Dream Onは、未来生活体験テーマパーク「FLEX Park Tokyo」(2021年7月オープン予定)にて提供する空飛ぶクルマの仮想飛行体験コンテンツを、三菱電機株式会社と共同で制作することを発表した。また、株式会社ウェザーニューズが気象データの提供を支援するという。 Dream Onは、「未来へのタイム...
フォルクスワーゲン、中国で「空飛ぶ車」の実現を検討中

フォルクスワーゲン、中国で「空飛ぶ車」の実現を検討中

フォルクスワーゲン安徽R&D UAM(都市型エアモビリティ)市場は、多くの自動車メーカも興味を持っている。ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲン社は、中国での旅客用ドローン開発の実現可能性を検討している。フォルクスワーゲンは、これまで電気自動車の生産に多額の投資を行ってきた中国で、都市部のエアモビリティ分野への...
CES2021

CES2021総括:オンライン開催でも存在感を発揮したドローンたち [CES2021]

今年は完全なオンライン開催となった「CESデジタル」では、出展数が昨年の4400から半分以下の2000程度と大幅に減った。ドローン関連はDJI、AEE、PowerVisonといった常連が出展せず、中国企業が軒並み出展をとりやめた(といっても国別の出展数では201と3番目に多い)こともあり、開期前にドローンに関しては、ほ...
空飛ぶ車予算

経産省、2021年度「空飛ぶクルマ」研究予算総額40億円へ

経済産業省の令和3年度(2021年度)予算案で、「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に約40億円が充てられている。2020年度に続いての同じ名目での予算計上だが、2021年度から新たにある内容が追加されている。 それが「空飛ぶクルマ」に関するものだ。経済産業省は空飛ぶクルマに関して、離着陸...
Volocopter、シンガポールでエアタクシーサービス開始のコミットメント発表

Volocopter、シンガポールでエアタクシーサービス開始のコミットメント発表

Volocopterは、シンガポールとの2年間の協力後、シンガポールでエアタクシーサービスを開始するというコミットメントを発表した。 Volocopterは、シンガポール経済開発庁(EDB)およびシンガポール民間航空庁(CAAS)と協力して、今後3年以内にシンガポールでエアタクシーサービスを実現するという。これにより、...
DRONE FUND、3号ファンド設立。目標調達額100億円、ドローン・エアモビリティ社会実装を牽引

DRONE FUND、3号ファンド設立。目標調達額100億円、ドローン・エアモビリティ社会実装を牽引

投資先企業(一部)のプロダクトイメージ DRONE FUND(以下:ドローンファンド)は、2020年5月に目標調達額を100億円とする「DRONE FUND 3号投資事業有限責任組合」(以下:3号ファンド)を設立し、2020年9月にファーストクローズを迎えたことを発表した。 同発表時点での「3号ファンド」の投資家(一部...
スカイリンクテクノロジーズ、空飛ぶクルマのコンセプトは「どこでもドアの一歩手前」 [Japan Drone 2020]

スカイリンクテクノロジーズ、空飛ぶクルマのコンセプトは「どこでもドアの一歩手前」 [Japan Drone 2020...

スカイリンクテクノロジーズ株式会社は、パーソナル・プレーン・開発・プロジェクト「P.P.K.P」の模型を展示し、2025年には有人機完成を目指すという構想を披露した。コンセプトは「どこでもドアの一歩手前」。本州と四国は2時間圏内、北海道最北端の宗谷岬にも3時間で移動できるイメージだ。 ユーザーがアプリで機体を手配し、地...
SkyDrive、「有人機SD-03」で公開飛行試験成功

SkyDrive、「有人機SD-03」で公開飛行試験成功

株式会社SkyDriveは、2020年8月25日に同社の開発拠点である、1万m2の屋内飛行試験場を備えた豊田テストフィールドにて公開有人飛行試験を実施し、成功のうちに完了したことを発表した。同飛行試験では、世界初公開した有人試験機SD-03モデルを使用している。 同飛行試験は夕刻に行われ、飛行時間は約4分間。機体は1人...
Honeywell、UAM向け冷却システムHoneywell Micro Vapor Cycle System発表

Honeywell、UAM向け冷却システムHoneywell Micro Vapor Cycle System発表

都市部のエアモビリティへの関心が高まる中、Honeywellは、新しいMicro Vapor Cycle System(マイクロ蒸気サイクルシステム以下:MicroVCS)を発表した。軽量でメンテナンスが少なく、エネルギー効率に優れた熱管理システムで、先進技術を使用して冷気や液体を生成し、キャビン、電子部品、バッテリー...
DRONE FUND、設立3周年を迎える。1号ファンド15.9億円、2号ファンド52億円資金調達完了

DRONE FUND、設立3周年を迎える。1号ファンド15.9億円、2号ファンド52億円資金調達完了

DRONE FUND(以下:ドローンファンド)は、2020年6月1日をもって設立から3周年を迎え、4年目の活動を開始した。あわせて、ドローンファンド創業者/代表パートナーの千葉功太郎氏が自家用操縦士のパイロット免許を取得したという。 ドローンファンドはドローン・エアモビリティ前提社会の実現を目指すため、国内外のスタート...
Ehang、次の狙いは商業物流。150kg超Ehang216、CAACより商業物流業務承認

Ehang、次の狙いは商業物流。150kg超Ehang216、CAACより商業物流業務承認

Ehangは、Ehang 216が、中国民間航空局(CAAC)の認可を得て、商業顧客向けに貨物輸送の試験運用を行うことを発表した。今回の承認は、2019年2月にCAACが公布した「特定無人航空機のパイロット運航規則(中間)」に基づいて行われた。150kgを超えるAAV(自律型航空機)に対するこのような承認は世界初となる...
Ehang、LNホールディングスと都市型エアモビリティテーマホテルで提携。商業的なパッセンジャードローンいよいよ誕生

Ehang、LNホールディングスと都市型エアモビリティテーマホテルで提携。商業的なパッセンジャードローンいよいよ誕生

2020年5月9日の調印式で確認された戦略的パートナーシップ契約に基づき、Ehang 216の自律型空輸車(AAV)が広州にあるLNガーデンホテルのパイロットプログラムに使用され、同ホテルは世界初の都市型エアモビリティ(UAM)テーマホテルになると発表した。ドローンが利用できるホテルの誕生となる。 このプログラムは 航...
F1レースの未来は、空飛ぶF1レースなのか?Airspeederが描く未来のレース

F1レースの未来は、空飛ぶF1レースなのか?Airspeederが描く未来のレース

次世代F1レースに変わり、電気自動車レースのフォーミュラEシリーズが構想されたのは2011年。それから10年近くが経ち、自動車は、EV車の量産化への道を歩もうとしている。eVTOL初のモータースポーツプログラムであるAirspeederは、3月に7桁の資金調達したことを発表した。創設者たちは、この潮流を加速させることが...
JSSJ、ミズノ、CARTIVATOR、SkyDriveの4社で「空飛ぶクルマ」乗員用座席を共同開発

JSSJ、ミズノ、CARTIVATOR、SkyDriveの4社で「空飛ぶクルマ」乗員用座席を共同開発

性能確認試験現場にて ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン株式会社(以下:JSSJ)、ミズノ株式会社と有志団体CARTIVATOR 、株式会社SkyDriveは、2023年の実用化を目指してCARTIVATORとSkyDriveが開発を進める「空飛ぶクルマ」の乗員用座席の共同開発を進め、性能確認試験を開始した。...
Ehang、スペインのセビリアで初のUAMプログラムでヨーロッパに進出

Ehang、スペインのセビリアで初のUAMプログラムでヨーロッパに進出

2020年3月10日の調印式に出席したセビージャ市長フアン・エスパダス・セハス氏とEHang創業者で会長兼CEOの胡華智氏 パッセンジャードローンでおなじみのEhangは、スペインのセビリア市政府と、スペイン初の都市型エアモビリティ(UAM:Urban air mobility)パイロットプログラムの実施に向けた協力協...
Lift Aircraft、パッセンジャードローンで「楽しい」飛行体験を提案

Lift Aircraft、パッセンジャードローンで「楽しい」飛行体験を提案

(C)Lift Aircraft UberやAirbus、Porscheといった企業が自社のパッセンジャー・輸送ドローンをマイナーアップデートし続ける中、まだあまり名の知られていないあるベンチャー企業が全く別のアプローチを図ろうとしている。Lift Aircriftは、既存の都市部ドローン・モビリティのロジスティクスや...
Return Top