DRONE

ヤマハ発動機、自動飛行ドローン「YMR-08AP」実証散布スタート

ヤマハ発動機、自動飛行ドローン「YMR-08AP」実証散布スタート

「YMR-08AP」による、ばれいしょ畑の防除の様子

ヤマハ発動機株式会社は、静岡県浜松市のばれいしょ畑にて、生産者、薬剤メーカー、JA、県農林事務所と協同で自動飛行ドローン「YMR-08AP」の実証散布を2020年4月よりスタートした。

YMR-08APは、産業用マルチローターのラインナップに今春から加わった、自動飛行で農作業の省力化・効率化に貢献する新製品。オートパイロット機能による自動散布、専用ソフトによる簡単なルート作成等の特長を持ち、省力化や効率化に貢献しながら同社産業用無人ヘリコプターに匹敵する高い散布品質を実現している。

疫病や害虫に弱く、防除のための散布も小まめに行う必要があるばれいしょの防除の効率化は多くの生産者にとって非常に大きな関心ごとだという。ドローンによる散布には、散布時間の短縮や面積当たり必要な水を地上散布に対して大幅に削減できるなどさまざまなメリットがある。

農薬取締法では散布方法ごとに希釈薬液(水道水)の量が定められており、高濃度少量散布が可能な空中散布であれば、面積当たり必要な水を地上散布に対して大幅に削減できる。これまで1トントラックに大きな水タンクを積んでいた畑までの移動も、軽トラック1台で可能になる。

ヤマハ発動機は、UMS技術を活かした製品群のさらなる進化に加え、作物の生育状況に応じて最適な防除や追肥を管理するプラットフォーム「YSAP」を展開するなど、スマート農業の発展に向けたさまざまな取り組みを進めていくとしている。

ヤマハ発動機 UMS統括部の武内真一氏は次のようにコメントしている。

今回の実証散布の目的は、ドローンを使った防除体系の確立です。疫病や害虫に弱いばれいしょは、他の野菜類と比較しても非常にたくさんの作業労力を要する作物です。

ですから防除のための散布も小まめに行う必要があるのですが、一旦、手堀りによる収穫期に突入すると防除まで手が回らないといった生産者の皆さんの実情があります。防除の効率化という多くの生産者にとって非常に大きな関心ごとを、ドローンの自動飛行によってどれだけ貢献できるのか、今回の実証散布ではそれを数値化することまで目指しています。

農業従事者の高齢化が進み、今後も生産量を維持していくには新しい力が必要です。ドローンの散布は、生産者の皆さんの期待も非常に大きい。重いホースを引きずって高齢者が防除している姿を目にすると、一刻も早く実用化しなければという思いを強くします。

DJI AIR 2S
Return Top