DRONE

HAPSMobile、Sungliderの成層圏飛行成功~機体開発の開始約3年で成層圏到達

HAPSMobile、Sungliderの成層圏飛行成功~機体開発の開始約3年で成層圏到達

成層圏を飛行する「Sunglider」

ソフトバンク株式会社の子会社であるHAPSMobileは、2020年9月21日(米国山岳部時間)に、米国ニューメキシコ州のSpaceport America(以下:SpA)で、ソーラーパネルを搭載した成層圏通信プラットフォーム向け無人航空機「Sunglider」の5回目のテストフライトを実施し、飛行高度6万2,500フィート(約19キロメートル)を記録したことを発表した。機体開発の開始から約3年という短い期間で、成層圏での飛行に成功したという。

テストフライトの様子

同テストフライトでは、20時間16分の飛行時間のうち、成層圏には5時間38分滞空した。世界最大級の無人航空機で成層圏に到達しただけでなく、飛行前に充電したバッテリーとソーラーエネルギーだけでフライトを完結することにも成功した。最大風速58ノット(秒速約30メートル)、最低気温マイナス73度という厳しい環境の中、機体はテストフライトを無事に完遂した。

成層圏での飛行に成功した他、ペイロードと呼ばれる成層圏対応無線機によるインターネット通信試験や、成層圏対応無線機を通してインターネットに接続されたスマートフォンを持つ、SpAにいる米Loon社や米AeroVironment社のメンバーと、日本にいるHAPSMobileのメンバーが、ビデオ通話をすることにも成功したという。

ソフトバンク株式会社の代表取締役 副社長執行役員兼CTOであり、HAPSMobileの代表取締役社長兼CEOである宮川潤一氏は、次のようにコメントしている。

30年ほど前に、宮崎駿監督の「天空の城ラピュタ」を見て、空島に憧れを抱いたことを思い出しました。太陽光エネルギーだけで上空に浮かび続ける基地局を造るという夢の実現に、また一歩近づきました。成層圏での気温はマイナス73度にもなりましたが、繰り返し行ってきた機材の耐久試験が実を結び、無事にテストフライトを完遂しました。

当日は、風速が秒速約30メートルにもなる気流が吹き続けていましたが、無事に全ての試験項目を終えて滑走路にSungliderが着陸した時には、ほっとしました。今回のテストフライトでは、地上のスマートフォンへの通信も問題なく成功しました。完全自動運転化するためのデータも、これでほぼそろいました。改良の余地はまだありますが、これからも夢の実現に向けてまい進していきます。

Return Top