DRONE

Volocopter、シンガポールでエアタクシーサービス開始のコミットメント発表

Volocopter、シンガポールでエアタクシーサービス開始のコミットメント発表

Volocopterは、シンガポールとの2年間の協力後、シンガポールでエアタクシーサービスを開始するというコミットメントを発表した。

Volocopterは、シンガポール経済開発庁(EDB)およびシンガポール民間航空庁(CAAS)と協力して、今後3年以内にシンガポールでエアタクシーサービスを実現するという。これにより、シンガポールはアジア初のアーバンエアモビリティー(UAM)を開始することになる。

Volocopterは2019年10月、シンガポールの中心部でマリーナ・ベイ地区を巡るエアタクシーのデモフライトを完了した。Volocopterはシンガポールでのサービス開始に先立ち、CAASや欧州航空安全機関からの承認など必要な規制当局の承認を取得する。これを達成するために、商用エアタクシー運行開始の承認取得の前に、包括的なテスト、飛行試験、評価、認証を実施する。VolocopterのFlorian Reuter最高経営責任者(CEO)は次のようにコメントしている。

シンガポールは、新しいテクノロジーの適応と生活における主導的な役割で有名である。前回のフライトでEDB、MOT、CAASとの協力が成功したことは、アジアで電動エアタクシーサービスを開始するのにシンガポールが最適であることを示している。

研究開発を行っているシンガポールの研究機関は、これに不可欠な役割を果たしている。自動運用のためのルート検証、材料科学、バッテリー技術に関する研究などのトピックスは、当社の長期的なビジネスの成功にとり極めて重要である。

最初のルートは、マリーナ・ベイのスカイラインの景色を提供する、南部の海を巡る観光ルートになる見込みで、その後のコネクションには、国境を越えたフライトが含まれる可能性もあるという。これにより、地域的コネクティビティーが強化され、シンガポールの最も近い経済センターへの旅行体験が大幅に向上する。EDBのTan Kong Hwee執行副長官は次のようにコメントしている。

アーバンエアモビリティーは、われわれがシンガポールの成長産業として特定した、より広範なモビリティーセクター内の新興分野である。シンガポールは、自動運転車、電気自動車、アーバンエアモビリティーの重要な地域的テストベッドであり、これには2019年のVolocopterによるテスト飛行の成功も含まれる。

Volocopterが商業・研究開発活動のアンカーとしてシンガポールを選んだことをうれしく思う。これは、モビリティーエコシステムのための新たな能力を構築し、シンガポールにとって多くの刺激的な機会創出をサポートするものになる。

Volocopterのエアタクシーは、垂直に離着陸し、排出物を出さない航空機である。都市モビリティーへの追加として設計されており、最大2人の乗客を直接かつ静かに目的地まで運び、都市の生活の質に新しい次元を提供するとしている。

DJI AIR 2S
Return Top