DRONE

ACSL、北海道電力、水力発電所の調圧水槽点検用非GPS対応自律飛行ドローン開発

ACSL、北海道電力、水力発電所の調圧水槽点検用非GPS対応自律飛行ドローン開発
ドローン機体外観

北海道電力株式会社および株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)は、非GPS環境である水力発電所の調圧水槽内で自律飛行が可能なドローンを開発した。

調圧水槽内壁の点検は、調圧水槽の上部から定期的に目視点検を実施し、経年劣化の有無などを確認している。また、より詳細な点検をする必要がある場合は、命綱を装着した作業員が上部から吊り下がり、直接ひび割れなどの状況を確認することから、安全面や作業効率面に課題があったという。

北海道電力は、こうした課題を解決するため、設備点検などで実用化が進んでいるドローンに着目し、研究開発分野で連携関係にある北陸電力株式会社、中国電力株式会社、株式会社四国総合研究所および沖縄電力株式会社の協力を得て、ACSLとともに調圧水槽内点検に活用できるドローンの開発を進めてきた。

ACSL
調圧水槽内を降下しながら壁面を撮影するドローン
ACSL
ドローンで撮影した実際の画像

GPSが届かずかつ暗所という調圧水槽内において、安定的にドローンを飛行させるために、ドローン自らが調圧水槽内にあるライザー管などの構造物を目印に、自機との位置関係を計算しながら飛行することができる技術を開発した(特許出願中:特願2021-000814)。また、今回開発したドローンは、国内で開発・製造しているため、情報セキュリティやサポート体制が万全であることも特長だという。

両社は今後、ドローンの積極的な活用に向けて、GPSが利用できない屋内設備点検などにおいても、自律飛行が可能なドローンの開発について検討を進めていくとしている。

Return Top