DRONE

エアロネクスト、山梨県小菅村でドローン配送100回達成記念吉野家できたて「牛丼」提供

エアロネクスト、山梨県小菅村でドローン配送100回達成記念吉野家できたて「牛丼」提供

株式会社エアロネクストと株式会社吉野家は、ドローン配送の社会実装を進める山梨県小菅村でドローン配送100回の達成を記念し、2021年7月21日に村民の方々へ吉野家のキッチンカー「オレンジドリーム号」で盛り付けたできたての「空飛ぶ牛丼」を提供した。

牛丼を運ぶエアロネクストの物流専用ドローンの最新試作機
エアロネクスト
吉野家オレンジドリーム号と物流専用ドローン

同取組みは、2020年11月にエアロネクストがドローン配送サービス導入による地域活性化と新スマート物流の社会実装に向けて連携協定を締結した小菅村で新スマート物流SkyHubの実装を進める中で、2021年4月末に村民に向けて試験配送からスタートしたドローン配送の実施回数が7月1日に合計100回を達成したことを記念し、支援や協力をいただいている村民の方々に感謝の気持ちを込めて実施したもの。

エアロネクスト
小菅村で現在開通している4地区5ルート

小菅村におけるドローン配送サービスについては、村民の方々から告知方法や配送品目などサービス全体に対するフィードバックをもらいながら、現在までに当初の1地区1飛行ルートから宿泊施設の屋上を含む4地区5飛行ルートまで拡大。

さらに目視内飛行のみならず、目視外飛行も実現し、一日の配送頻度を増やすと共に、オペレーション品質の向上など、細やかな改善を日々重ねてきたという。

エアロネクスト
熱々の牛丼を村民にふるまうらエアロネクストのスタッフ

今後も小菅村の方々と二人三脚で、エアロネクストの物流専用機体を標準モジュールとするドローン配送を組み込んだ新スマート物流"SkyHub"の開発と村の物流の課題解決に貢献するサービスモデルの実証と実装を進めていくとしている。

■実施概要

  • 期間:2021年7月21日(水)
  • 飛行区間:小菅村内の現在開通している5飛行ルートのうちの2地区4ルートを飛行
  • 運搬物:吉野家の牛丼弁当
  • 使用機体:エアロネクスト独自の機体構造設計技術4D GRAVITYを搭載し、飛行部と荷物搭載部が分離した構造の、物流用途に特化した物流専用ドローン。2021年3月19日に発表した株式会社⾃律制御システム研究所(ACSL)とエアロネクストの共同開発の最新機体。

橋立地区のドローンデポに駐車された吉野家のキッチンカー(オレンジドリーム号)で調理された牛丼弁当を専用ボックスに格納し、ドローンにセット。約15-20分間隔で離陸し、4ルートを計6回飛行した。11時からスタートし、ドローン配送で届けた16個を含む計150個の牛丼を村民の方に提供し、15時頃に終了した。

Return Top